機巧図彙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

機巧図彙(からくりずい、きこうずい)は細川半蔵1796年(寛政8年)に著したとされる和時計からくりに纏わる書籍。この書籍を元に数多くのからくり人形が復元された[1]

概要[編集]

和時計の内部構造の解説

和時計やそれに使用されていたぜんまい仕掛けや脱進機等の機構を応用したからくりに関して書かれている。日本における古典的な機構学の原典とも言える書物で、欧米以外で著された工学関係の書物としても資料的な価値がある。特に茶運び人形に関しては自動制御の原理を組み込んでおり、今日の技術立国の源流であるとの見方も散見される。

関連項目[編集]

  • 璣訓蒙鑑草(からくりきんもうかがみぐさ) 多賀谷環中仙 1730年(享保15年)

脚注[編集]

  1. ^ kinno lab. official homepage - 機巧図彙を元にしたからくりの復元(小山工業高等専門学校金野研究室)

参考文献[編集]

  • 日本メカニズムアーツ研究会 翻案 『機巧圖彙 : 現代語訳 尺時計版 首巻』 2010年 ISBN 978-4434142130
  • 日本メカニズムアーツ研究会 翻案 『機巧圖彙 : 現代語版 掛時計版 首巻』 2010年 ISBN 978-4434142369
  • 澤田平 『和時計―江戸のハイテク技術』 淡交社、1996年ISBN 4-473-01462-2

外部リンク[編集]