村田恵里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
橋本舞子から転送)
移動: 案内検索

村田 恵里(むらた えり、1968年11月27日- )は、日本の元歌手。所属事務所キャンプ研音三重県四日市市出身。堀越高等学校卒業。血液型はA型。

改名歴:村田恵里→橋本舞子→ERINA→FUNNY GENE。

人物[編集]

1984年、第3回ミスセブンティーンコンテストにて18万人の応募者から渡辺美里と共に歌唱賞を受賞。松田聖子の「セイシェルの夕陽」を歌う。入場時には階段で思いきり転んでしまい、会場は笑いの嵐になった。その後、CBS/SONYにスカウトされ、芸能界へ入った。

1985年、CBS/SONYより「オペラグラスの中でだけ」でアイドル歌手としてデビュー。同期デビューの森口博子とは堀越高校の同級生かつ親友でもあり、当時はまだお互いに仕事に恵まれていなかったため、皆勤賞を受賞した。しかし、2人で仕事があると装っては、学校を休んで遊んだりもしていた。多数のレコーディング済みの未発表曲を残して移籍した後の2005年には、ソニー・ミュージックエンタテインメントより、CBS/SONY時代に発売した全音源を収録したベスト盤のCDが発売され、未発表曲も収録された。

1988年、「橋本舞子」に改名してユーメックスへ移籍し、「TARO」で再デビュー。それに前後して『アイドル伝説えり子』などアニメ作品の主題歌を多数歌いながら、ライブ活動を定期的に行う。

1992年、「ERINA」に改名して研音フォーライフレコードと契約し、「GIRLS GO MANIAC」で再々デビュー。R&B色の強い曲のシングル4枚、アルバム2枚を発売する。

1996年、バックコーラスとして宇都宮隆のコンサートツアーなどに参加する。

1997年、「FUNNY GENE」というユニットを組み、キングレコードよりシングル4枚、アルバム1枚を発売する。フジテレビテレビドラマハッピーマニア』挿入歌およびワコール「ベビーヒップ パンツ」CMソングに起用された「Love2 Power」がスマッシュヒット。しかし、1999年6月にFUNNY GENEは解散する。

2010年、友人の麻倉あきらがライブ「麻倉あきら Birthday LIVE 2010」を開催した際、彼女へ会いに行っている[1]。また、麻倉との縁から『豊田おいでんまつり』へ「橋本舞子」名義で参加してライブを行い、テーマソング「おいでん」も歌う。

2012年、歌手としては引退済みであるが、「おいでん」がエフエムとよたより発売された。

ディスコグラフィ[編集]

「村田恵里」名義[編集]

シングル
  • CBS/SONYより発売
    • 「オペラグラスの中でだけ / ムーンカフェの自転車」(1985年6月21日) - 共に作詞:康珍化 / 作曲:亀井登志夫 / 編曲:井上鑑
    • 「TOKYO,CITY OF WONDERS. / 勇気のないDream」(1986年10月22日)
アルバム
  • ソニーミュージックエンタテインメントより発売
    • 「アイドルミラクルバイブル 高橋美枝・渡辺千秋・村田恵里」(2005年11月30日)ベスト盤
楽曲提供

「橋本舞子」名義[編集]

シングル
アルバム
  • ユーメックスより発売
    • 「レイナ剣狼伝説II」(1.まぼろしの街 / 10.WE CAN GET PEACE)
    • 「バブルガムクライシス PART7 DOUBLE VISION」(1.Say,Yes! / 11.Never The End)

「ERINA」名義[編集]

シングル
  • フォーライフレコードより発売
    • 「ガールズゴーマニアック」(1992年3月21日)
    • 「こんな雨の日に抱かれたら」(1992年10月21日)
    • 「世界でいちばんビンカンな場所」(1992年12月23日 / 1994年6月17日〈再発売〉)
アルバム
  • フォーライフレコードより発売
    • 「Girls go maniacs」(1992年3月21日)
    • 「ピーター・パニック」(1993年3月19日)

「FUNNY GENE」名義[編集]

シングル
アルバム
  • キングレコードより発売
    • 「Melting Colors」(1999年2月3日)

脚注[編集]

  1. ^ ありがとう〜〜〜
  2. ^ エンディングテーマ「WE CAN GET PEACE」も収録。なお、作品本編では登場人物「ラル」役の声優も「村田恵里」名義で担当している。
  3. ^ 作品本編では登場人物「朝霧麗」の歌唱も担当している。
  4. ^ エンディングテーマ「Never The End」も収録。なお、作品本編では登場人物「ヴィジョン / レイカ・張」役の声優も担当している。
  5. ^ 曲の発表自体は1989年に『豊田おいでんまつり』が始まった際だが、2012年までは音源が一般に市販されていなかった。