橋本和芙 (発明家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

橋本 和芙(はしもと かずお、 - 1995年8月)は世界に1,000件を越す特許を取った日本人発明家。発明品目の中にはナンバーディスプレイ方式[1]1984年昭和59年)7月に米国特許を得た留守番電話などがある[2][3][4][5]

1982年(昭和57年)には黄綬褒章が授与された[6]。1994年に電話の関する偉大な貢献があったとしてNew Jersey Institute of Technologyから名誉理学博士とされた。

脚注[編集]

  1. ^ 米国特許4242539
  2. ^ 米国特許4616110
  3. ^ 留守番電話は日本の発明
  4. ^ 発明の名称 留守番電話装置付携帯電話システム
  5. ^ 2000 年01/01~12/31、05/19故橋本和芙さんが発明、アメリカで発売された初代の「留守番電話」…
  6. ^ Kazuo Hashimoto 博士の遺産PhoneTel Patent Services Incorporated

外部リンク[編集]