樹村みのり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

樹村 みのり(きむら みのり、1949年11月11日 - )は、日本漫画家埼玉県出身。

1964年、14歳にて「ピクニック」(集英社りぼん』春の増刊)でデビュー。以後、夏休みや春休みごとに執筆する学生作家として1960年代から1970年代にかけて『COM』、『りぼんコミック』で作品を発表。アウシュビッツ、ベトナム、リオデジャネイロの貧民街などを舞台にしたり、普通の女の子の病気の一日を扱いながら登場人物たちの心の襞(ひだ)を緻密に描く作風により、マイナーながらもいわゆる24年組の一人に数えられる。

大学卒業後、執筆を一時中断するが、1974年に『別冊少女コミック』(小学館)掲載の「贈り物」で復帰。小学生時代のエピソードを描きながら全共闘運動を暗喩として物語る。その後、少女と4人の下宿女子大生の交流を描いた「菜の花畑のこちら側」を発表、以後講談社秋田書店等の少女誌や青年誌、レディース誌などで幅広い執筆活動を行う。

近年は寡作であるが、宙出版の雑誌での過去作の再録、ヘルスワーク協会からは作品集が出版されている。2008年現在、朝日新聞出版夢幻館にて読み切り連載を掲載している。

また、秋本治[1]江口寿史[2]夢枕獏[3]みなもと太郎[4]など、男性作家のリスペクターも多い。

代表作[編集]

  • 贈り物 (別冊少女コミック 1974年10月号掲載)
  • 見えない秋 (別冊少女コミック 1974年11月号掲載)
  • 菜の花 (別冊少女コミック 1975年1月号掲載)
  • 病気の日 (りぼんコミック 1975年8月号掲載)
  • 海へ (りぼんコミック 1970年9月号掲載)
  • カルナバル (りぼんコミック 1970年10月号掲載)
  • 冬の花火 (りぼんコミック 1971年2月号掲載)
  • 跳べないとび箱 (りぼん 1971年5月号掲載)

以上、『ポケットの中の季節1』収録

  • 菜の花畑のこちらがわ (別冊少女コミック 1975年11月号〜1976年1月号掲載)
  • おとうと (COM 1969年9月号掲載)
  • ウルグアイからの手紙 (ファニー 1973年5月号掲載)
  • おねえさんの結婚 (COM 1971年9月号掲載)

以上、『ポケットの中の季節2』収録

  • 雨 (りぼん 1966年12月号掲載)
  • 解放の最初の日 (COM 1970年5・6月合併号掲載)
  • こうふくな話 (COM 1971年12月号掲載)
  • 翼のない鳥 (別冊少女コミック 1975年4,5月号掲載)
  • わたしたちの始まり (別冊少女コミック 1975年9月号掲載)
  • 早春 (りぼんデラックス 1976年春の号掲載)
  • 星に住む人びと (別冊少女コミック 1976年11月号掲載)
  • 菜の花畑のむこうとこちら (別冊少女コミック 1977年3月号掲載)
  • わたしの宇宙人 (ビッグオリジナル 1977年5月1日増刊号掲載)
  • 菜の花畑は夜もすがら (別冊少女コミック 1977年10月号掲載)
  • カッコーの娘たち (ミミ 1978年4,6月号掲載)
  • 犬・けん・ケン物語 (プリンセス 1978年5,6,9月号掲載)
  • 菜の花畑は満員御礼 (別冊少女コミック 1978年12月号掲載)
  • Flight<飛行> (月刊セブンティーン 1979年4月号掲載)
  • マルタとリーザ (雑誌掲載時のタイトルは「パサジェルカ<女船客>」、マンガ少年1979年12月号、1980年1,2月号掲載)
  • 海辺のカイン月刊ミミ 1980年6,8,11月号、1981年1,3月号掲載)
  • 悪い子 (プチコミック 1980年8月号掲載)
  • ジョーン・Bの夏 (プチフラワー1980年夏の号掲載後、少年少女SFマンガ大全集part.11―1981年7月1日発行―に加筆掲載)
  • ピューグルムン (プチコミック 1981年1〜3月号掲載)
  • あざみの花 (コミックトム 1981年8,12月号、1982年2月号掲載)
  • 歪んだ鏡 (ボニータ 1982年初夏増刊号掲載)
  • 母親の娘たち (Bonita Eve 1984年1〜6月号掲載)
  • また明日、ネ (プチフラワー 1984年12月号)
  • 風のささやき (I(アイ) 1987年7月号掲載)
  • 土井たか子物語 (コミックバーガー 1989年10月10日号掲載)
  • シリーズ・横からの構図 (Human Sexuality 1990年10月号、1991年2,5,8月号、1992年2,5,8月号掲載)
  • 彼らの犯罪 (Rosa 1992年12月号掲載)
  • 親が・殺す (Rosa 1993年3月号掲載)
  • 夢の入り口 (Bell Rosa 1993年9月号掲載)
  • 本田沙恵子と小野香織の場合 (2000年5月30日発行「セクシュアル・ハラスメントのない世界へ」に書き下ろし)
  • 見送りの後で (夢幻館Vol.11―2006年発行―掲載)
  • 星に住む人々 (夢幻館Vol.12―ネムキ2007年2月号増刊―掲載) ※1976年発表作品のリメイクであるが全ページ新作
  • 柿の木がある風景 (夢幻館Vol.13,14―2007年発行―掲載)

脚注欄[編集]

a 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』16巻24話,24巻10話

b 『すすめ!!パイレーツ』4巻(菜の花畑のこちら側1で出てきた、森ちゃんがまあちゃんに言うセリフ「かわいくなるクスリのんだでしょ?」が出てくる)

c 『夢枕獏少女マンガ館』(収録作品冒頭でのオマージュと題されたコメントでは「こんなよい話を ホロホロと描ける作家は、そうはいませんぜ。」と語っている。さらに巻末編者解説では、当時作品が絶版であることに苦言を呈している)

d 『お楽しみはこれもなのじゃ 漫画の名セリフ』