樹幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キハダカンバの根元部分の樹幹

樹幹(じゅかん、Trunk)は、の主要構造部分で、を支え、に直接つながって支えられている。樹幹を覆う部分は樹皮と呼ばれ、樹皮は木の種類によって違い、種の判別にとって重要である。樹幹は、木材の生産においても最も重要な部分である。樹幹は、「真の」木の他にも、ヤシやその他の単子葉植物でも見られ、内部の生理はそれぞれの場合によって異なる。全ての植物で、樹幹は二次成長(単子葉植物の場合は擬二次成長)によって年々太くなる。樹幹は、日焼け等のダメージに弱い。

外部リンク[編集]