横須賀城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
横須賀城
静岡県
Yokosuka Castle Site.jpg
別名 松尾城、両頭城
城郭構造 平城
天守構造 不明、3重4階
築城主 大須賀康高
築城年 天正6年(1578年
主な城主 大須賀氏渡瀬繁詮大須賀氏西尾氏
廃城年 明治元年(1868年
遺構 石垣、曲輪、水堀、移築櫓他
指定文化財 国の史跡
位置 北緯34度41分8.46秒
東経137度58分17.64秒

横須賀城(よこすかじょう)は、遠江国城東郡横須賀(静岡県掛川市横須賀)に戦国時代から江戸時代にあった城。平城。徳川家康武田氏高天神城を締め付ける付城群の中核として、大須賀康高に命じて築いた城郭である。大須賀家2代の後、渡瀬家1代、有馬家1代、その後、再び大須賀家2代となるが除封され、能見(松平)家2代、井上家2代、本多家1代とめまぐるしく藩主が代わり、西尾忠成が2万5千石で入封し、以後7代をもって明治維新を迎える。

西尾家歴代の藩主のなかで忠尚は名君の誉れ高く、若年寄を勤め5千石加増され、都合3万5千石になり、老中も勤めている。

城郭の特徴[編集]

横須賀城の特徴は他に類を見ない天竜川より運ばれた玉石垣を用いた築城法である。天守閣は三層四階であった。宝永年間に起こった大地震のため湊が隆起してしまい、用水路を作って凌いだ。

遺構[編集]

横須賀城跡公園の航空写真(1988年)。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

石垣、堀、土塁等が残り、現在公園として整備されている。国の史跡に指定されている。また、不開門が城跡の北西にある撰要寺に、町番所が市役所大須賀支所北側に、それぞれ移築され現存している。これらの移築建造物は,掛川市文化財に指定されている。このほか、袋井市油山寺には旧御殿の一部が移築されている。

歴代城主[編集]

  1. 大須賀康高(1580年~1588年)
  2. 大須賀忠政(1588年~1590年)
  3. 渡瀬繁詮(1590年~1595年)
  4. 有馬豊氏(1595年~1600年)
  5. 大須賀忠政(1601年~1607年)
  6. 大須賀忠次(1607年~1615年)
  7. 徳川頼宣(1615年~1619年)
  8. 松平重勝(1619年~1620年)
  9. 松平重忠(1621年~1622年)
  10. 井上正就(1622年~1628年)
  11. 井上正利(1628年~1645年)
  12. 本多利長(1645年~1682年)
  13. 西尾忠成(1682年~1713年)
  14. 西尾忠尚(1713年~1760年)
  15. 西尾忠需(1760年~1782年)
  16. 西尾忠移(1782年~1801年)
  17. 西尾忠善(1801年~1829年)
  18. 西尾忠固(1829年~1843年)
  19. 西尾忠受(1843年~1861年)
  20. 西尾忠篤(1861年~1868年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]