横谷繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横谷 繁 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヨコ
カタカナ ヨコタニ シゲル
ラテン文字 YOKOTANI Shigeru
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1987年5月3日(27歳)
出身地 兵庫県西宮市
身長 179cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム 京都サンガF.C.
ポジション MF / FW
背番号 8
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

横谷 繁(よこたに しげる、1987年5月3日 - )は、兵庫県西宮市出身のプロサッカー選手Jリーグ京都サンガF.C.所属。ポジションミッドフィールダーフォワード

来歴[編集]

2003年ガンバ大阪ユースに入団。2006年にトップチームに昇格した6人組(横谷、安田理大平井将生植田龍仁朗伊藤博幹岡本英也)、通称「G6」の一人[1]

2007年7月7日Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝、浦和レッドダイヤモンズ戦で後半44分からマグノ・アウベスの代わり途中出場、公式戦初出場を果たした。2008年から2年間、愛媛FC期限付き移籍で加入し、プレーしていた。

2010年からはG大阪に復帰。しかし、復帰以降出場機会には恵まれなかった。

2013年より、京都サンガF.C.へ期限付き移籍。京都ではボランチの他にセンターフォワードでも起用され、11得点10アシストを挙げる活躍をする。同年41節水戸戦には左手を骨折。残りのリーグ戦を欠場した。しかしその後チームの昇格に貢献するため、左手の手術を決意。昇格プレーオフでは準決勝・決勝と共にギブスをつけた状態でピッチに立った。結果的にチームは徳島に破れ、昇格を果たせなかったものの、2014年、京都に完全移籍。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2006 G大阪 30 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2007 24 0 0 2 0 0 0 2 0
2008 愛媛 22 J2 36 2 - 2 0 38 2
2009 45 6 - 1 0 46 6
2010 G大阪 25 J1 0 0 0 0 1 0 1 0
2011 11 0 0 0 1 0 12 0
2012 6 7 0 0 0 1 1 8 1
2013 京都 17 J2 37 11 - 1 1 38 12
2014 8 -
通算 日本 J1 18 0 2 0 3 1 23 1
日本 J2 118 19 - 4 1 122 20
総通算 136 19 2 0 7 2 145 21

その他公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2006 G大阪 30 0 0
2010 25 1 0
2011 1 0
2012 6 0 0
通算 AFC 2 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪

代表歴[編集]

  • U-15日本代表
  • U-16日本代表
  • U-17日本代表
  • U-18日本代表
  • U-19日本代表
  • U-20日本代表

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ G大阪イケメンユニット「G6」誕生!?”. なにわWEB 大阪日刊スポーツ新聞社 (2006年1月8日). 2008年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]