横紋筋融解症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう、: rhabdomyolysis)は、横紋筋細胞が融解し筋細胞内の成分が血中に流出する症状、またはそれを指す病気のこと。

重症の場合には腎機能の低下を生じ、腎不全などの臓器機能不全を発症し、死に至る場合もある。

要因[編集]

横紋筋融解症は、事故や負傷などの外傷的要因や、脱水薬剤投与などの非外傷的要因によって発生する。

熱中症
甲状腺機能亢進症
  • 薬剤性
横紋筋融解症を引き起こす原因の重要な要素として、薬剤性がある。主なものとしてパリトキシン脂質異常症治療薬のスタチン系薬剤・フィブラート系薬剤、および抗菌薬ニューキノロン系薬剤・キサンチン系薬剤・抗精神病薬[1]漢方薬などがある。

症状[編集]

横紋筋融解症が発生した場合、骨格筋壊死を起こし筋細胞中の成分が血液中に浸出し、筋肉が障害されて筋肉痛や脱力感等の症状があらわれ、次第に疼痛麻痺・筋力減退・赤褐色尿などの症状が発現する。 重症の場合は、多量のミオグロビンによって腎臓の尿細管細胞を傷害されて急性腎不全症状(乏尿、浮腫、呼吸困難、高K血症、アシドーシス等)を伴う。

検査[編集]

血液生化学検査においては血中ミオグロビンが上昇し、クレアチンキナーゼ (CKあるいはCPK) などの筋原酵素も著しく上昇する。CKの上昇は運動後の筋肉痛時と共通しているため、診断時にはCKの他にミオグロビン値や筋組織の所見も指標としている。尿潜血陽性であり、尿沈渣で赤血球が認められない場合はミオグロビン尿である可能性が高い。典型的にはコーラの色となる。ミオグロビン尿の診断をした場合は生理食塩水の大量輸液を検討する。

治療[編集]

水分補給や点滴による脱水症状の改善や、薬剤投与による尿のアルカリ化が主に行われる。重炭酸が主に使われるが、アセタゾラミドの投与により生理的に尿のアルカリ化効果を発揮できるとする症例報告もある[2][3]。また薬剤投与による横紋筋融解症の可能性が疑われた場合には原因薬剤の投与中止が図られる。 腎機能障害が強い場合は一時的に透析が必要となる場合がある。

参考文献[編集]

総説[編集]

  • 副島昭典, 鈴木道彦, 長沢俊彦 -横紋筋融解症 日本臨牀, 1991
  • Bosch X, Poch E, Grau JM. "Rhabdomyolysis and acute kidney injury." N Engl J Med. 2009 Jul 2;361(1):62-72. PMID 1957128

出典[編集]

  1. ^ 向精神薬マニュアル第3版融道男 医学書院p131
  2. ^ Ron D, Taitelman U, Michaelson M, Bar-Joseph G, Bursztein S, Better OS. "Prevention of acute renal failure in traumatic rhabdomyolysis." Arch Intern Med. 1984 Feb;144(2):277-80.PMID 6696564
  3. ^ Davidov T, Hong JJ, Malcynski JT. "Novel use of acetazolamide in the treatment of rhabdomyolysis-induced myoglobinuric renal failure." J Trauma. 2006 Jul;61(1):213-5. PMID 16832275