横浜市立大学附属市民総合医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横浜市立大学 > 横浜市立大学附属市民総合医療センター
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 横浜市立大学附属市民総合医療センター
病院外観
情報
正式名称 公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター
英語名称 Yokohama City University Medical Center
前身 仮病院
横浜共立病院
十全醫院
横浜十全医院
横浜市立医学専門学校付属十全医院
横浜医科大学付属病院
横浜市立大学付属病院
横浜市立大学医学部附属浦舟病院
横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター
許可病床数 726床
精神病床:50床
一般病床:676床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 公立大学法人横浜市立大学
管理者 平安良雄(病院長)
開設年月日 1871年明治4年)4月
所在地
232-0024
神奈川県横浜市南区浦舟町四丁目57番地
位置 北緯35度26分1秒
東経139度37分30秒
座標: 北緯35度26分1秒 東経139度37分30秒
二次医療圏 横浜南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター(こうりつだいがくほうじんよこはましりつだいがくふぞくしみんそうごういりょうセンター)は、神奈川県横浜市南区にある横浜市立大学附属の大学病院である。略称は「市大センター病院」。現在でも「十全医院」という古い略称で呼ばれることがある。

概要[編集]

1871年明治4年)に設立された[1]、西洋式病院として長崎に次いで日本で二番目に古い歴史と伝統を有する病院である。黎明期にアメリカ・オランダ改革派教会の宣教医師デュアン・シモンズ: Duane B. Simmons)が勤務し、横浜の近代医学の基礎を築いたといわれる。その功績を称えて、病院内にシモンズ博士記念碑がある。また、横浜市立医学専門学校(現:横浜市立大学医学部)の設立にも貢献し、現在も横浜市立大学附属の大学病院となっている。

週刊ダイヤモンドの「頼れる病院ランキング」において、2012年、2013年に全国1位に選出されている[2]

沿革[編集]

  • 1871年明治4年)4月 - 横浜元弁天に「仮病院」を設立。
  • 1874年(明治7年)2月 - 神奈川県立になり「十全醫院」と改称。
  • 1891年(明治24年)4月 - 神奈川県から横浜市に移管し「横浜十全医院」と改称。
  • 1944年昭和19年)4月 - 医学専門学校設立により「横浜市立医学専門学校付属十全医院」と改称。
  • 1949年(昭和24年)4月 - 「横浜医科大学付属病院」と改称。
  • 1954年(昭和29年)4月 - 「横浜市立大学付属病院」と改称。
  • 1991年平成3年)7月 - 「横浜市立大学医学部附属浦舟病院」と改称。
  • 1993年(平成5年)3月 - 「横浜市立大学医学部附属浦舟病院再整備基本構想」策定する。
  • 1996年(平成8年)3月 - 新病院棟着工。
  • 1999年(平成11年)7月 - 新病院棟完成。
  • 2000年(平成12年)1月 - 新病院、「横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター」開院。
  • 2005年(平成17年)4月 - 地方独立行政法人への移行に伴い「横浜市立大学附属市民総合医療センター」と改称。

診療科[編集]

専門診療科
疾患別センター
  • 高度救命救急センター
  • 総合周産期母子医療センター
  • リウマチ膠原病センター
  • 呼吸器病センター
  • 精神医療センター
  • 心臓血管センター
  • 消化器病センター
  • 小児総合医療センター
  • 炎症性腸疾患(IBD)センター
専門外来
  • 女性外来
  • 漢方外来
  • もの忘れ外来
  • 小児禁煙外来
診療協力部門
  • 看護部門
    • 看護部
  • 中央部門
    • 臨床検査部
    • 病理部
    • 放射線部
    • 手術部
    • 輸血部
    • 薬剤部
    • 栄養部
    • 集中治療部
    • リハビリテーション部
    • 医療情報部内視鏡部
    • 血液浄化療法部
    • 無菌室
    • 結石破砕室
    • 感染制御部
    • 化学療法室
    • 診療情報管理部
    • 地域連携相談部
診療支援部門
  • 医療安全管理室
  • 管理部

医療機関の指定等[編集]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]