横山正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横山正治
1919年11月8日 - 1941年12月8日
横山 030.jpg
生誕 日本の旗 鹿児島県鹿児島市下荒田町
死没 アメリカ合衆国の旗 ハワイ準州真珠湾
軍歴 1936年 - 1941年
最終階級 海軍少佐従六位勲五等功三級
テンプレートを表示

横山 正治(よこやま まさはる、1919年大正8年)11月8日 - 1941年昭和16年)12月8日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少佐鹿児島県鹿児島市出身。海軍兵学校67期。真珠湾攻撃における「九軍神」の一人。岩田豊雄(獅子文六)の小説「海軍」及びこれを原作とした映画「海軍」の主人公・谷真人のモデル。

略歴・人物[編集]

鎮魂碑「海ゆかば」
「海ゆかば」歌碑
「海ゆかば」殉死者名簿
誕生

鹿児島県鹿児島市下荒田町212番地の実家で誕生[1]。実家は米穀荒物商を営み、男子7人、女子5人の兄弟姉妹がおり、横山はその11番目に6男として誕生。しかしながら父親は横山が8歳のときに他界したため、母親が生計を立てていた。

性格・風貌

温雅、勤勉、快活、熱心、謙虚な性格で、負け嫌いかつ粘り強い面もあった。端麗な顔立ちで、幼少の頃より常にニコニコしており、頬がほんのりと赤かったため、同級生からは「リンゴのような顔」と言われ、夏期休暇明けの日焼けした顔は「焼きリンゴ」と冷やかされた。

小学時代

数え年8歳で八幡小学校(現在の鹿児島市立八幡小学校)へ入学。理系科目に秀でており、常に学年で5位以内、人望も厚く、小学校卒業までの6年間、副級長を務め、また、進級のたびに『学力体力操行ニツキ審査シ優等賞ヲ與フ』と記された賞状を授与されている。1932年(昭和7年)4月、旧制鹿児島県立第二鹿児島中学校(二中)へ入学。

二中時代 - 軍人組と校長転任問題 -

4年次の1935年(昭和10)、軍国主義の世相を反映して設置された、軍関係諸学校志望者のための、二中独自のクラス「軍人組」に編入、海軍兵学校入学試験に合格。一方この年、二中では校長の転任問題が発生した。一中(県立第一鹿児島中学校。現・鶴丸高校)校長が転任のため、後任を二中校長(一中卒)で順繰りに埋めようという県当局の方針であったが、これに関して横山は後日、作文を書いている。「二中は一中より優れているものとのみ思っていた時分に、この転任問題は青天の霹靂の如く我が胸に感じた。続いて県当局はまだ我が二中を認めないのかという憤りが沸き起こった。でも冷静に考えると自分等がまだまだ不十分な点があるのだと思って諦めようとしたが、諦め切れなかった。校長にしてみれば一中は母校であって、人情の常として、人は故郷を慕うが如く、また母校を愛するものだ。自分たちはあくまで、校長の二中留任という初志を貫徹したいが、一中生も“父”を失って気の毒である。」という趣旨で、悲憤慷慨の中にも、校長を失った一中生徒に同情の意を述べていた。

当時、鹿児島には「造士会」という明治末期に軍関係者を中心に発足した組織が存在し、県内の各中学校は物心両面でこの組織に援助と圧力を受けており、その関係にも配慮する必要があった。この組織をはじめとする地域の期待に最も意欲的に応え、かつ成果をあげていたのが鹿児島二中であり、特に横山の作文にある二中校長 池田俊彦は当時あまり例のなかったコース制をしき、「軍人組」と呼ばれる特別学級を組織して著しく成果をあげたことで知られる。また県内の各中学校長がほぼ他県の出身者であったのに対し、池田は例外的に本県出身であり、「軍人組」の指導教員も同様であったため、鹿児島二中は、比較的地域と深い人脈でつながっていたという事情もあった。このようなことから軍人志望の鹿児島の生徒達が鹿児島二中を目指したのは自然なことであり、横山もまたその一人であった。[要出典]

海兵時代から真珠湾攻撃まで

1936年(昭和11年)、海軍兵学校に第67期生として入校、1939年(昭和14年)同校卒業、海軍少尉候補生として「磐手」乗組となる。

1941年(昭和16年)12月8日太平洋戦争勃発、その緒戦であるハワイの真珠湾攻撃に際し、特別攻撃隊に参加、二人乗りの特殊潜航艇をもって真珠湾へ突入し、戦死。享年23。これをもって中尉から少佐となったが、進級制度が改訂されて初の二段飛びであると同時に、従七位より従六位に叙せられ、また、講道館は横山を柔道二段より飛び越しで柔道四段を贈った。

その後

時の総理大臣東條英機は、昭和17年3月、軍事施設視察という建前で三池炭鉱などを視察、その一環で同月31日には鹿児島入りし、伊敷の第18部隊などを視察した後、横山の自宅を訪問し、母タカに対して労わりの言葉をかけ、霊前に額ずいた。この首相訪問により、「横山少佐は郷土の誇りだ」という気風が盛り上がり、地元の下荒田町内会では「横山少年団」を組織したり、小国民文化協会では「横山少佐に捧ぐ」の題で作文を募集するなどの動きがあった。

横山と同郷の特殊潜航艇指揮官・中馬兼四大尉(戦死後中佐)は、シドニー湾攻撃に出撃する際、横山の位牌に額ずき出撃していった[2]

1945年(昭和20年)6月17日、鹿児島大空襲によって横山の生家は被災し、このとき横山の母タカと三人の姉が犠牲となっている。

特殊潜航艇による攻撃の状況[編集]

艇附
上田兵曹長

岩佐直治大尉(戦死後二階級特進で中佐)以下、他の隊員と共に、愛媛県佐田岬半島瀬戸内海側の漁港・三机にて猛特訓を受けて出撃に備えた。

昭和16年11月18日朝、イ号潜水艦5隻に乗組み、呉軍港を出航、瀬戸内海の魚雷実験場にて、5隻それぞれに特殊潜航艇を搭載。 (搭乗した特殊潜航艇は、全長24メートル、直径約2メートル、魚雷2弾。)

12月6日深夜、5隻が真珠湾より10マイル近辺の位置に待機。

同日未明、同乗の上田定(かみたさだむ)二曹とともに、他の四艇の先頭を切って母潜イ16号を発進、潜望鏡と海図を基に航海し、真珠湾口に到着、岩佐艇とともに湾内侵入成功。

日本空軍の爆撃開始とともに、特殊潜航艇による攻撃を開始。岩佐艇は発見され撃沈。横山艇は湾口にて脱出中のセントルイスへ魚雷を発射した後(周辺のサンゴ礁に命中したため沈没せず)潜み、母潜へわずか二文字の「キラ(トラトラトラの「ト」を打ち間違えたと考えられる)」を電信後、再浮上することなく撃沈・戦死。アリゾナ撃沈は飛行機からの攻撃によるものだったにもかかわらず、日本国内での宣伝では横山艇の手柄とされた。

2009年、横山艇が特殊潜航艇としては最後に真珠湾沖の水深400mの海底で発見された。胴体は3つに分断された状態で発見され、米軍により引き上げ後に沈められたと考えられている(詳細は現在も不明)。横山艇発見の詳細は同年12月6日放送のNHKスペシャル「真珠湾の謎~悲劇の特殊潜航艇~」で放送された。

遺文・墨痕[編集]

遺文[編集]

「皇国非常の秋に際し 死処を得たる小官の栄誉之に過ぎたるは無し
謹しみて天皇陛下の萬歳を奉唱し奉る
弐十有余年の間 亡き父上 母上様始め家族御一同様の御恩
小学校 中学校の諸先生 並 海軍に於て 御指導を賜りたる
教官 上官 先輩の御高恩に對し喪心より御礼申し上げ候
同乗の上田兵曹の遺族に對しては氣の毒に堪へず
最後に 高恩の萬分の一にも酬いる事なく死する身を深く愧づるものに有之候」

墨痕[編集]

横山少佐の墨痕
  • 誓神明期必勝 真珠湾頭望敵艦隊 就大快挙明日亦朗
これは、真珠湾での出撃直前に記したもの。
  • 断じて行へば 鬼神も之を避く
これは呉軍港出航に際し、水交社主催の壮行会にて寄せ書きしたもので、司馬遷史記にも記されている言葉である。 

鎮魂碑「海ゆかば」[編集]

鹿児島市天保山町にある天保山公園の奥には、1975年(昭和50年)に建立された「海ゆかば」と書かれた鎮魂碑がある。追悼歌の作詞は大迫亘

年譜[編集]

  • 1919年(大正8年)11月8日 - 鹿児島県鹿児島市下荒田町に、父・正吉、母タカの6男(11兄弟姉妹)として誕生。
  • 1925年(大正14年)4月 - 八幡小学校入学。
  • 1932年(昭和7年)4月 - 鹿児島県立第二鹿児島中学校(現在の鹿児島県立甲南高等学校)入学。
  • 1935年(昭和10年)11月17日 - 昭和天皇の鹿児島行幸に際し、親閲を拝受、海軍軍人への志を強くする。
  • 1936年(昭和11年)1月 - 海軍兵学校入校試験に合格。
  • 1936年(昭和11年)3月 - 鹿児島県立第二鹿児島中学校四年修了。
  • 1936年(昭和11年)4月 - 海軍兵学校第67期生として入校。
  • 1939年(昭和14年)7月25日 - 海軍兵学校卒業、海軍少尉候補生として「磐手」乗組。
  • 1939年(昭和14年)12月21日 - 霞ヶ浦海軍航空隊附となる。
  • 1940年(昭和15年)1月20日 - 「五十鈴」乗組。
  • 1940年(昭和15年)5月1日 - 海軍少尉に任ぜられる。
  • 1940年(昭和15年)10月15日 - 「長鯨」乗組。
  • 1941年(昭和16年)10月15日 - 海軍中尉に任ぜられる。
  • 1941年(昭和16年)12月8日 - 真珠湾攻撃に際し、特殊潜航艇に乗組み、戦死。

小説「海軍」・映画「海軍」[編集]

小説「海軍」[編集]

(詳細は海軍 (小説)を参照)

獅子文六が本名の「岩田豊雄」で、横山正治を題材にした小説「海軍」を、朝日新聞に1942年(昭和17年)7月より12月まで連載、同年度の朝日文化賞を受賞した。作中では「谷真人」として登場する。

映画「海軍」[編集]

映画「海軍」については海軍 (映画)を参照。

「谷真人」を演じた俳優[編集]

横山正治を演じた俳優[編集]

  • 金子岳憲 - 「土曜ドラマスペシャル 真珠湾からの帰還〜軍神と捕虜第一号〜」(2011年12月10日放映、NHK

出典[編集]

  1. ^ 『軍神横山少佐』 p.1 - 鹿児島県教育会 1942年
  2. ^ 『決戦 特殊潜航艇』「第四章 シドニー攻撃」

参考文献[編集]

  • 『報國團雑誌 軍神横山少佐記念號 第三十三號』 - 鹿兒島縣立第二鹿兒島中學校報國團、1942年
  • 『特別攻撃隊 九軍神正傳』 - 朝日新聞社、1942年
  • 『軍神横山少佐』 - 鹿兒島縣教育會編、1943年
  • 『創立五十周年記念誌 甲南』 - 鹿児島県立甲南高等学校編、1956年
  • 『君故山に瞑れ』 - 甲南高校創立80周年記念事業実行委員会編、1976年
  • 『積乱雲の彼方に - 愛知一中予科練総決起事件の記録 - 』 - 江藤千秋、1981年
  • 『九軍神は語らず - 真珠湾特攻の虚実 - 』 - 牛島秀彦、1999年
  • 『回天の夏』 - 広能達二、2005年
  • 『樟風遙か 甲南高校創立百周年 同窓会記念誌』 - 甲南高校創立百周年記念事業同窓会実行委員会編、2006年
  • 『決戦 特殊潜航艇』 - 佐々木半九、今和泉喜次郎(朝日ソノラマ)、1984年 ISBN 4-257-17047-6

外部リンク[編集]