横山勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横山 勇
Yokoyama Isamu.jpg
生誕 1889年3月1日
千葉県
死没 1952年4月21日(満63歳没)
東京都豊島区巣鴨プリズン
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1909 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

横山 勇(よこやま いさむ、1889年明治22年)3月1日 - 1952年昭和27年)4月21日)は、日本の陸軍軍人陸軍中将従三位勲一等

経歴[編集]

歩兵第51連隊[1]を務めた陸軍大佐横山新治[* 1][* 2]の長男として千葉県で生まれる。母の山路ヨシは山路一善の妹[1]。横山家は会津地方にゆかりがあり福島県出身とされる場合もある。

姫路中学校大阪陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1909年(明治42年)5月、陸軍士官学校(21期)を卒業。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第3連隊付となる。1915年(大正4年)12月、陸軍大学校(27期)を卒業した。

1919年(大正8年)4月、参謀本部付勤務となり、参謀本部員(鉄道班)、陸軍省軍務局課員を経て、1924年(大正13年)8月、歩兵少佐に昇進し陸軍兵器本廠付となる。1925年(大正14年)1月から1927年(昭和2年)3月までドイツに駐在。帰国後、整備局課員に就任。

1927年6月、資源局事務官に出向し、1928年(昭和3年)8月、歩兵中佐に進級。1929年(昭和4年)4月、資源局企画部第2課長に就任。同年5月に結成された一夕会の会員となる。1932年(昭和7年)4月、関東軍司令部付となり、同年8月、歩兵大佐に昇進した。

1933年(昭和8年)8月、整備局動員課長となり、歩兵第2連隊長、第6師団参謀長を経て、1937年(昭和12年)3月、陸軍少将に進級し兵器本廠付(資源局企画部長)に発令された。企画院総務部長、同院第1部長を歴任し、1939年(昭和14年)8月、陸軍中将に進み東部防衛司令部付となる。同年9月、第1師団長に親補され満州に赴任。1941年(昭和16年)10月、第4軍司令官となり太平洋戦争を迎えた。1942年(昭和17年)112、桂林作戦を指導。

1943年(昭和18年)11月、常徳殲滅作戦を指導。1944年(昭和19年)11月、西部軍司令官となり、第16方面軍司令官兼西部軍管区司令官として九州および下関において本土決戦決6号作戦)を指揮する予定であった[2]が、福岡で終戦を迎えた。1945年(昭和20年)10月、予備役編入となった。

1946年(昭和21年)7月、九州大学生体解剖事件及び油山事件の責任を問われ逮捕された。1948年(昭和23年)8月、絞首刑の判決が下されたが、1950年(昭和25年)7月、再審で減刑されて禁固刑となり、巣鴨プリズンで病死した。

弟に近衛歩兵第1連隊大隊長[3]などを務めた佐藤節陸軍歩兵大佐がいる。佐藤は父の母方の家を継いで佐藤姓となった。横山、佐藤はともに稚松会会員[3]であり、横山は会が創設された1912年(明治45年)から所属していた[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 横山新治は同郷の幼年学校生徒の学費の世話をしていた。生徒の祖母が横山家の出身であったが、生徒は父を失っていたのである。この生徒は後の元帥陸軍大将畑俊六である。
  2. ^ 1908年8月22日死去(『官報』第7556号、明治41年9月1日)。
出典
  1. ^ a b 『続 現代史資料 (4) 陸軍 畑俊六日誌』(みすず書房)536頁
  2. ^ 別冊歴史読本『日本本土決戦』(2002年)
  3. ^ a b 財団法人 稚松会名簿』
  4. ^ 『稚松会会員名簿』(1912年3月調べ)

参考文献[編集]

  • 梅谷芳光『忠鑑 畑元帥』国風会本部、1964年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 財団法人 稚松会名簿』、1937年12月発行。