横堤駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横堤駅
1号出入口
1号出入口
よこづつみ - Yokozutsumi
N24 今福鶴見 (1.1km)
(1.2km) 鶴見緑地 N26
所在地 大阪市鶴見区横堤5丁目
駅番号  N25 
所属事業者 大阪市交通局大阪市営地下鉄
所属路線 長堀鶴見緑地線
キロ程 12.5km(大正起点)
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
乗車人員
-統計年度-
8,181人/日(降車客含まず)
-2013年-
乗降人員
-統計年度-
16,045人/日
-2013年-
開業年月日 1990年3月20日

横堤駅(よこづつみえき)は、大阪市鶴見区にある大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線。駅番号はN25

駅構造[編集]

島式ホーム(延長135m、幅7m)1面2線を有する地下駅である[1]。改札口は1ヶ所のみ。鶴見区民センターと地下通路で結ばれている。

当駅のテーマは「ツバキ」である。ツバキは鶴見区の区花の一つである。

のりば[編集]

横堤駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 長堀鶴見緑地線 門真南方面
2 長堀鶴見緑地線 京橋心斎橋大正方面

利用状況[編集]

2013年11月19日の1日乗降人員16,045人(乗車人員:8,181人、降車人員:7,864人)である[2]

年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 調査日 乗車人員 降車人員 乗降人員
1998年(平成10年) 11月10日 7,017 6,225 13,242
2007年(平成19年) 11月13日 7,450 6,961 14,411
2008年(平成20年) 11月11日 7,607 7,174 14,781
2009年(平成21年) 11月10日 7,504 7,217 14,721
2010年(平成22年) 11月09日 7,413 7,075 14,488
2011年(平成23年) 11月08日 7,585 7,377 14,962
2012年(平成24年) 11月13日 7,802 7,498 15,300
2013年(平成25年) 11月19日 8,181 7,864 16,045

駅周辺[編集]

商業施設[編集]

公共施設[編集]

バス[編集]

最寄り停留所は、地下鉄横堤鶴見区役所前である。以下の路線が乗り入れ、大阪市交通局近鉄バスにより運行されている。なお、市バス45・46号系統と近鉄バス・東行は鶴見区役所前からの利用となる。かつては横堤バスターミナルがあり、3号出入口に直結していた。バスターミナル施設内には1番・2番・3番のりばがあり、施設内になかった4番のりばが地下鉄横堤の西行き停留所である。

2013年4月1日の市バス改編に際し横堤バスターミナルは廃止され、旧バスターミナル前の路上(4号出入口付近)に「地下鉄横堤」を新設。4番のりばも「地下鉄横堤」に改称されたほか、赤バスの廃止と45・46号系統の運行経路の変更が行われた。廃止に伴い、4月2日に3号出入口が閉鎖された。[3]

地下鉄横堤

鶴見区役所前

  • 鶴見警察署前交差点東側・西行のりば
    • 36号系統:大阪駅前行(市営)
    • 46号系統:天満橋行(市営)
    • 10番:梅田行(近鉄バス)
  • 鶴見警察署前交差点北側・南行のりば
  • 鶴見警察署前交差点北側・北行のりば
    • 45号系統:総合医療センター前行(市営)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

大阪市営地下鉄
長堀鶴見緑地線
今福鶴見駅 (N24) - 横堤駅 (N25) - 鶴見緑地駅 (N26)
  • ()内は駅番号を示す。

特徴[編集]

京セラドーム大阪などで試合やイベントの開催後に運転される臨時列車で、この駅止まりになるものがある。 これは、車庫は鶴見緑地駅の横にあるものの、車庫へ直接入る配線が横堤方面とつながっているからである。

2013年3月23日のダイヤ改正により、長堀鶴見緑地線の終発時刻は上下線とも延長されるが、大正方面からの最終列車は当駅止まりになる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 石本隆一『大阪の地下鉄 -創業期から現在までの全車両・全路線を詳細解説-』産調出版、1999年、ISBN4-88282-206-7、p.112
  2. ^ 路線別駅別乗降人員 2013年11月19日
  3. ^ 長堀鶴見緑地線 横堤駅3号出入口等の閉鎖について - 大阪市交通局, 2013年3月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]