横井金谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

横井 金谷(よこい きんこく、宝暦11年〈1761年〉 - 天保3年1月10日〈1832年2月1日〉)は江戸時代後期の僧侶文人画家近江国の生まれ。僧名は泰誉妙憧と言う。

生涯[編集]

金谷は宝暦11年(1761年)近江栗太郡下笠村(現滋賀県草津市)に、父横井小兵衛時平と母山本氏との間に生まれ、幼名を早松と称した[1][2][3]明和6年(1769年)、母の弟円応上人住職を務める大阪天満北野村の宗金寺に修行に入る[1][2][3]。明和8年(1771年)には近隣の商人伏見屋九兵衛の娘と結婚を約し[3]、また江戸への出奔を試みる[2]

安永3年(1774年)、増上寺学寮に入るため江戸に向かい、翌年には早くも五重相伝・血脈相承を修めたが、安永7年(1778年品川深川への悪所通いが露見し増上寺を追われ、高野聖に化けるなどして下笠に帰国した[2][1]。安永8年(1779年伏見光月庵主寂門上人や小松谷龍上人に教授を受けに下笠より通い、また因幡薬師で龍山法印唯識論を、六条長講堂に法相の碩徳大同坊の講義を聴聞するなど勉学に励んだ[2][1]。そのかいがあって天明元年(1781年)京北野の金谷山極楽寺の住職となり、山号をもって雅号とした[1][2][3]。この頃のことについて、金谷自らが書いた『金谷上人行状記』において、岡崎の俊鳳上人に随って円頓菩薩の大成を相伝し無極の道心者と言われる一方で、博打浄瑠璃尺八などの芸事に夢中であったと記載されている[1]

天明8年(1788年)、正月30日の洛中洛外大火で極楽寺が消失し、負傷した金谷は翌月城之崎湯治に出た。翌年3月、長崎を目指し旅立ち、姫路の真光寺や赤穂の大蓮寺などで「円光大師(法然上人)絵詞」を描き、寛政3年(1791年)長崎からの帰途にも諸寺に立ち寄り絵詞を納め、翌年赤穂において浪士原惣右衛門の孫原惣左衛門の娘ひさと婚姻した[2]。ひさを連れ江戸へ旅立つが、名古屋において長子福太郎が誕生し、名古屋で3千石取りの藩士遠山靭負の援助を受け留まる[2]。享和2年(1802年法然6百年御忌報恩のため全国48寺に「円光大師絵詞」を納める[1][2]文化元年(1804年)7月、京醍醐寺三宝院門主高演大僧正の大峰入り(大峰山に登っての修行)に斧役として従い、8月その功により「法印大先達」の称号と「紫衣」を賜り、名古屋に帰宅した[1][2]

文化2年(1805年東海道遊行の旅に出、諸寺に絵を納め、文政7年(1824年)故郷近江に戻り大津坂本草庵「常楽庵」を結び、天保3年1月10日(1832年2月1日)大津坂本にて死去した。

画業[編集]

横井金谷は紀葉亭1734年1832年)と共に、画風が似ていることから近江蕪村と言われる[1][3]。紀葉亭は蕪村に師事していたが、金谷は一般には蕪村に師事したと表されることが多いが、その事実の確認はできていない。『金谷上人行状記』においても蕪村に関する事項は一行もない[1][3]。但し、名古屋において一時期近江出身の南画張月樵に教えを受けており、張月樵の師松村月渓の最初の師は蕪村であった[3]ことから、まったく蕪村と関係がないわけではない。事実、蕪村風の画風の絵は金谷が48歳以降から晩年のものである[1]

主な作品[編集]

作品[編集]

著作[編集]

  • 『金谷上人行状記』(横井金谷)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 石丸(1980)、p.70
  2. ^ a b c d e f g h i j 草津市教育委員会(1990)
  3. ^ a b c d e f g 藤森(1965)、p.217
  4. ^ 小林忠監修 江戸東京博物館 MIHO MUSEUM 鳥取県立博物館編集 『ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡』 読売新聞社発行、2013年、pp82-83、p.188。

参考文献[編集]

  • 石丸正運 「横井金谷」『近江の画人たち』 サンブライト出版〈近江文化叢書7〉、1980年、70頁。
  • 藤森成吉 「横井金谷」『知られざる鬼才天才』 春秋社1965年、217頁。
  • 草津市教育委員会 『草津の文人画家 横井金谷』 草津市教育委員会、1990年

関連文献[編集]

  • 横井金谷 『金谷上人行状記』 藤森成吉訳、平凡社、1965年 - 『金谷上人行状記』の現代語訳