権兵衛峠道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
権兵衛トンネル木曽口(塩尻市)
国道361号標識
権兵衛トンネル開通記念碑(塩尻市)

権兵衛峠道路(ごんべえとうげどうろ)は、国道361号の一部を成す道路で、長野県伊那市から同県塩尻市に至る全長約7.6kmの地域高規格道路である。道路の大半を権兵衛トンネル(4,467m)が占めている。以前は伊那市川北町(かわきたちょう)から西箕輪与地(にしみのわよち)までの既設道路を「権兵衛街道」と通称していた。この道路によって、夏季には約1時間30分要し、冬期は通行止めとなっていた伊那谷木曽谷間が、季節を問わず30分で往来する事が可能になった。また、木曽谷地域と東京の間の移動においても、この道路の開通によって所要時間が短縮されるようになり、従来の国道19号塩尻ICを経由するルートに代わって重要性が増すようになった。開通日の翌日には予想を上回る数(11,358台)の自動車が通行した。 姥神峠道路とともに、地域高規格道路伊那木曽連絡道路の一部を構成する。

概要[編集]

終点以西、伊那市川北町までの部分も広い車線を持ち走行しやすい。
  • 全長:7.6km
  • 規格:第3種第1級
  • 道路幅員:一般部・橋梁部 10.5m、トンネル部 9.5m
  • 車線数:2車線
  • 車線幅員:3.5m
  • 設計速度:80km/h
  • 事業費:約490億円

沿革[編集]

主な接続道路[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]