槍ヶ岳山荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

地理院地図 Googleマップ 槍ヶ岳山荘の位置

大喰岳から望む槍ヶ岳山荘。遠景は立山

槍ヶ岳山荘(やりがたけさんそう)は、長野県松本市北アルプス槍ヶ岳の南側の山頂直下の肩(標高3,080 m)にある大規模な山小屋中部山岳国立公園内にある。

概要[編集]

2011年平成23年)7月現在、槍ヶ岳山荘グループの山岳写真家としても著名な穂苅貞雄が経営している。穂苅は1986年昭和61年)に山小屋友交会会長に就任し、翌年に環境庁長官表彰を受けた。収容人数は650人で、北アルプス南部では最大規模の山小屋だが、北アルプスの北部の白馬岳の山頂直下には、収容人数1,200人のさらに大規模な白馬山荘がある。

沿革と出来事[編集]

  • 1926年大正15年)8月 - 「槍ヶ岳肩の小屋」として穂苅三寿雄により建造された[1]
  • 第二次世界大戦中とその直後 - 登山者が激減した。
  • 1953年(昭和28年) - 大改築が行われた時に、「槍岳山荘」へと改名され、その後もう一度改名され現在の名称になった。
  • 昭和30年代 - 登山最盛時に、公衆電話設備・下から水を汲み上げるためのポンプ設備・燃料のプロパンガスなどが整備された。
  • その後 - 外来食堂の新築、診療所と外部トイレの改築など、増改築が頻繁に行われている。
  • 近年 - ヘリコプターによる物資の上げ下ろしが当たり前となっているが、以前は歩荷頼りだった。
  • 2009年(平成21年)8月8日 - NHK名古屋放送局のテレビ番組『金とく』で、登山家田部井淳子アナウンサー内多勝康が宿泊し紹介された[2]
  • 2011年(平成23年)5月29日 - 長野朝日放送開局20周年特別番組で山小屋から生中継され、小屋の様子と周辺の風景が紹介された[3]

槍ヶ岳山荘の諸データ[編集]

槍ヶ岳山頂から望む槍ヶ岳山荘
遠景は笠ヶ岳

平成23年度現在の山小屋の諸データ等は以下である[4]。山小屋では雨水と雪解け水を利用しており、一般客用の入浴施設はない。山小屋の電気はすべて自家発電でまかなっている。

 営業期間 [編集]

  • 4/27 - 11/3 2011年(平成23年度)

 収容人数 [編集]

 主な施設 [編集]

  • 客室・個室・食堂・トイレ・外部トイレ・乾燥室・自炊小屋・冬期避難小屋がある。
  • キッチン槍(軽食・喫茶) - コーヒー、焼きたてパン、ラーメン、カレーなどが飲食できる。
  • 飲料水 雨水又はペットボトルのミネラルウォーターを入手することができる。
  • 夏山診療所 東京慈恵会医科大学槍ヶ岳診療所(7月20日 - 8月20日)がある。
  • NTTドコモ衛星公衆電話がある。雷の危険があるときは使用中止となる。
  • 山荘利用者に開放されたWi-Fiがある。上記衛星電話回線を利用しているため速度は低速であり、電話同様雷の危険があるときは停止となる。
  • 一般利用者向けの入浴施設はない。
  • 山荘から日本百名山の槍ヶ岳に向けたライブカメラが設置されている[5]

 主なイベント [編集]

  • 夏にフルートコンサートが、開催される。
  • 槍ヶ岳播隆祭が、毎年9月の第1土曜日に開催される[6]
  • 地元のプロのガイドによる槍ヶ岳の登山教室がある。

周辺の山[編集]

抜戸岳から望む槍ヶ岳周辺の山
Yarigatake from yarigatakesanso 05 1995 5 4.jpg Momisawadake from yumioridake 2004 08 12.jpg Oobamidake from Yarigatakesanso 1995-5-4.jpg Hotakadake from Cyogatake 1999-8-1.jpg Mount kasa from North 1996-7-28.jpg
槍ヶ岳 樅沢岳 大喰岳 穂高岳 笠ヶ岳

交通・アクセス[編集]

上高地方面から[編集]

公共交通機関
最寄りの駅は、アルピコ交通上高地線新島々駅である。この駅で、バスかタクシーに乗り換え、上高地へ入山する。
上高地からは、横尾経由の槍沢(梓川支流)のルートが最短である。途中に複数の宿泊施設や山小屋がある[7]
マイカー利用
最寄りのインターチェンジは、長野自動車道松本インターチェンジである。
釜トンネルから上高地までの区間は、マイカー規制されており、沢渡(さわんど)が最寄りの駐車場である。バスかタクシーに乗り換え、上高地へ入山する。

高山方面から[編集]

公共交通機関
最寄りの駅は、JR東海高山本線高山駅である。この駅で、バスに乗り換え、新穂高温泉か、上高地に向う。
新穂高温泉からは、蒲田川(高原川の支流)の右俣林道先の飛騨沢のルートが最短である。途中に複数の宿泊施設や山小屋がある。
マイカー利用
最寄りのインターチェンジは、高山清見道路高山インターチェンジである。
最寄りの駐車場は、新穂高温泉の駐車場である。
蒲田川右岸と鍋平らに無料の駐車場がある。登山シーズン中、蒲田川左岸の無料駐車場は、満車となることがある。
槍ヶ岳から望む北鎌独標

縦走ルートから[編集]

その他の登山ルートを縦走して、槍ヶ岳山荘へ向かうこともできる。
大天井岳方面からの東鎌尾根のルート(表銀座)がある。
双六小屋方面からの西鎌尾根のルート(裏銀座)がある。
南岳-中岳-大喰岳の南側の稜線のルートがある。
北鎌尾根(バリエーションルート)がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柳原修一 『北アルプス山小屋物語』 東京新聞出版局、1990年6月、p.86。ISBN 4808303744
  2. ^ 夏の北アルプス あぁ絶景!雲上のアドベンチャー”. NHK. 2012年2月25日閲覧。
  3. ^ 槍ヶ岳生中継”. 長野朝日放送. 2011年7月14日閲覧。
  4. ^ 槍ヶ岳山荘”. 槍ヶ岳山荘グループ. 2011年7月14日閲覧。
  5. ^ 槍ヶ岳ライブカメラ”. 槍ヶ岳山荘グループ. 2011年7月14日閲覧。槍ヶ岳山荘のホームページからは、6時から18時までの1時間毎に更新した映像が配信されている。最近の9時、13時、17時の静止画像が、別の小画面に常時保持されている。
  6. ^ 『改訂版 岐阜県の山』 山と溪谷社、2009年12月、p.67。ISBN 978-4-635-02370-2
  7. ^ 『槍ヶ岳・穂高岳 上高地』 昭文社〈山と高原地図 2011年版〉、2011年3月。ISBN 9784398757777

参考文献[編集]

  • 金子博文 『北アルプス山小屋案内』 山と溪谷社、1987年6月、133頁。ISBN 4635170225
  • 大森薫雄 『雲の上の診療所―慈恵医大槍ヶ岳診療所四十五年の記録』 いしずえ、1995年12月。ISBN 4900747084
  • 『ヤマケイアルペンガイド 上高地・槍・穂高』 山と溪谷社、2000年4月、110頁。ISBN 4-635-01319-7
  • 菊地俊朗 『槍ヶ岳とともに 穂苅家三代と山荘物語』 信濃毎日新聞社2012年4月19日ISBN 978-4784071890

関連項目[編集]

外部リンク[編集]