榎泰邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
えのき やすくに
榎 泰邦
生誕 1946年
東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部中退
職業 外交官

榎 泰邦(えのき やすくに、1946年5月11日 - )は日本の外交官。外務省中東アフリカ局長や、駐インド特命全権大使を経て、退官後は創価大学客員教授、日本ブータン友好協会会長、日印協会顧問等を歴任。

人物[編集]

東京都世田谷区出身。1964年東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業。1968年に東京大学法学部を中退して、外務省入省。フランス語研修(1969年フランス外交官補)、フランス、エジプト国際連合日本政府代表部勤務を経て[1]

入省同期[編集]

著書[編集]

  • 『デトロイトの復活』 丸善、1999年。
  • 『文化交流の時代へ』 丸善〈丸善ブックス〉、1999年。
  • 『南アフリカ』 論創社、2004年。
  • 『インドの時代』 出帆新社、2009年。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 創価大学「Discover your potential 自分力の発見キャンパスライフVoice【vol.82】外交官40年!特殊講義「国際政治と外交」」
  3. ^ 日印協会役員等一覧”. 公益財団法人日印協会. 2014年4月4日閲覧。

関連項目[編集]


先代:
天江喜七郎
外務省中近東アフリカ局
2000年-2001年
次代:
重家俊範
先代:
大塚清一郎
外務省文化交流部長
1997年-2000年
次代:
林梓