榊原氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

榊原氏(さかきばらし)は、三河国にて発生した氏族。

出自[編集]

榊原氏の家紋
(榊原源氏車〈さかきばらげんじぐるま〉)

源義康の子孫が、三河国仁木(愛知県岡崎市仁木町)に移り住み、仁木氏を称する。榊原氏はその庶流を自称。

戦国時代[編集]

戦国時代には松平氏に仕えたが、元々は陪臣であったという。旗本先手役を新設した徳川家康に抜擢された式部大輔康政は、本多忠勝と並んで頭角を現すと徳川四天王徳川十六神将に数えられ、上野国館林藩主となった。子孫は譜代親藩となる。

江戸時代[編集]

式部大輔康政の玄孫・政倫に嗣子無く、式部大輔家は5代で一度、断絶しかけた。しかし、親戚の大名家による家名存続活動が実を結び、旗本の分家より養子が入り断絶を免れた。

幕藩体制下では、下記のように、さまざまな藩に転封されている。

系図[編集]

一門など[編集]