榊原利彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さかきばら としひこ
榊原 利彦
生年月日 1969年7月27日(45歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ
活動期間 1989年 -

榊原 利彦(さかきばら としひこ、本名同じ、1969年7月27日 - )は、日本俳優。本名の姓・榊原の「榊」の字は、右上に「`」がつくのが正式。旧芸名は咲輝(さかき)。神奈川県横浜市出身。身長181cm、体重72kg。血液型はB型。

略歴[編集]

1989年に演劇集団幕末塾の一員として芸能界デビュー。当時の芸名は咲輝であったが、その後、本名の榊原利彦として太田プロにて芸能活動。1993年NHK朝の連続テレビ小説ええにょぼ』を始め、様々なドラマに多数出演するようになる。

2003年には再び「咲輝」に改める。俳優として榊原利彦の名で、竹内力と共演の「仁義シリーズ」は1994年からスタート、13年に及び2007年に50作目で一旦最終章を迎えた。他に「民事介入暴力シリーズ」、「起業士天馬シリーズ」の主演を務めている。

2006年から、劇団レッド・フェイスを主宰。朗読劇「生きている小平次」をプロデュース。朗読劇「アクジョニツイテ」からは、プロデュース、出演、演出の三役をこなす。

2007年9月から、東海テレビ「愛の迷宮」に出演。

2009年、芸名を「榊原利彦」に戻した。再スタートした「仁義シリーズ」に出演し、年内にシリーズ51作目、52作目が出される。

2010年、ファンクラブ「BLUE★LION」が結成10周年を迎えた。

その他、絵の個展を開催するなど、画家としての活動も多い。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビその他[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

舞台[編集]

THE REDFACE[編集]

特に記述のないものは、龍造寺里琴脚本。

  • カナリヤタウン
    • 初演(2007年3月、麻布ディプラッツ)第5回公演
    • アンコール公演(2007年4月、麻布ディプラッツ)第6回公演
    • 前倒し4回目大阪公演(2007年8月31日 - 9月2日、日本橋インディペンデントシアター2nd)第9回公演
    • 3回目(2007年11月1日 - 4日、麻布ディプラッツ)第7回公演
    • 新・カナリヤタウン5回目(2009年9月9日 - 13日、日暮里d-倉庫)第18回公演
  • アクジョニツイテ(有吉佐和子原作、さいそんりこ脚色、2006年10月)第4回公演
    • アクジョニツイテ完全版(2007年7月、赤坂レッドシアター)第8回公演
    • アクジョニツイテ三回目公演(2008年12月19日 - 21日、東京芝:AJITO)第14回公演
  • 爾汝の社(男組女組が同じ内容の遊女をそれぞれ演じ分ける)
    • 初演(2008年3月19日 - 25日、東京・芝「Ajito」)第10回公演
    • 爾汝の社・再来(2010年1月、日暮里d-倉庫)初演とこの再演で2200名を動員し、劇団としての動員数も1万人を突破。
    • 爾汝の社・飛来ロングラン(2011年1月19日-25日、日暮里d−倉庫 / 2011年2月5日−6日、大阪天王寺・一心寺シアター倶楽)第29回公演
    • 爾汝の社・飛来 Dinner Theater (2011年2月23日・4月6日、六本木VANITY LOUNGE)   ** 爾汝の社・万来(2012年2月15日-19日、笹塚ファクトリー)
  • サー・トーマス・ドッグマン・フェルナンデス・ダマスカスからの招待状(2008年5月29日 - 6月1日、芝「Ajito」)第11回公演
    • サー・トーマス・ドッグマン・フェルナンデス・ダマスカスからの招待状 II(2010年10月13日 - 17日、芝「Ajito」)第27回公演

サー・トーマス ドッグマン フェルナンデス・ダマスカスからの招待状3(2013年)笹塚ファクトリー サー・トーマス ドッグマン フェルナンデス・ダマスカスからの招待状4(2014年6月18日ー6月22日)第48回公演

  • 東京の王様(2008年6月26日 - 29日、芝「Ajito」)第12回目公演
  • ブルー☆ライオンの森(2008年8月20日 - 24日、芝「Ajito」)第13回公演
  • 吟子(2009年2月10日 - 15日、日暮里d-倉庫)第15回公演
  • 七慟伽藍(戦国の七武将、武田信玄・徳川家康・明智光秀・朝倉義景・浅井長政・豊臣秀吉・織田信長が登場する舞台) - 織田信長役
    • 初演(2009年4月8日 - 14日、日暮里d-倉庫)第16回公演。演劇ファンのサイト「演劇ライフ」に初登場最高位15位でランクイン。
    • 七慟伽藍 其の弐(2009年7月1日 - 5日、日暮里d-倉庫)第17回公演。一部キャスト変更。
    • 七慟伽藍 其の参(2009年10月 - 11月、芝「Ajito」)第19回 - 第21回公演。不定期に4週間ほど続けての、初のロングラン公演。
    • 七慟伽藍 其の四(2010年2月11日・12日、愛知県芸術劇場)第22回公演
    • 七慟伽藍 其の五 Xバージョン(2010年4月16日 - 18日、新宿「SPACE雑遊」)第23回公演。新キャストにて上演。『七慟伽藍』での動員が2000人に達した。
    • 七慟伽藍 其の六 Xバージョン 大阪公演(2010年5月22日・23日、天王寺・一心寺シアター倶楽)第24回公演。
    • 七慟伽藍 其の六 東京アンコール公演(2010年6月18日 - 20日、新宿「SPACE雑遊」)
    • 七慟伽藍 其の七 Xバージョン 名古屋公演(2010年7月3日・4日、愛知県芸術劇場)第25回公演。この公演で『七慟伽藍』での動員3000人を超えた。
    • 七慟伽藍 其の八 (2011年2月11日-14日、芝「千一夜劇場」こけら落とし公演)第30回公演
    • 七慟伽藍 其の九 Featuring Ryoko Tanaka (2011年4月9日-10日、芝「千一夜劇場」)第31回公演
    • 七慟伽藍 其の十 (2011年6月12日、芝「千一夜劇場」)第34回公演

七慟伽藍 其の十一(阿佐ヶ谷) 七慟伽藍 其の十二

  • 探偵烏丸男爵の事件簿0号 『サイパン★タイガーの遺言』(2010年8月20日 - 22日、芝「Ajito」)第26回公演
  • 貉・MUJINA(2010年10月22日ー24日、芝「Ajito」)第28回公演

貉 MUJINA2 (2013年7月31日ー8月4日 笹塚ファクトリー 第44回公演

  • 呑象 DONSYOU(2011年4月14日-17日、芝「千一夜劇場」)第32回公演
    • 吞象 DONSYOU 長州藩士&坂本龍馬編(2011年5月21日-23日、芝「千一夜劇場」)第33回公演
    • 呑象 DONSYOU 長州藩士&坂本龍馬編(2011年11月5日-6日、大阪天王寺・一心寺シアター倶楽)第36回公演(予定)。第66回文化庁芸術祭参加公演

・呑象DONSYOU 幕末編(2012年6月23日ー7月1日、笹塚ファクトリー) 呑象DONSYOU (2014年2月5日ー2月11日 笹塚ファクトリー) 第46回公演

  • ZEN OF SNAKE 蛇の道は、蛇(2011年7月13日-17日、笹塚ファクトリー)第35回公演

キリンの夢 (2013年10月30日ー11月4日)第45回公演 スタンリーキューブリックはかく語りき (2014年4月2日ー4月6日)第47回

客演[編集]

  • ニッポン・ジャンパーズ(2008年4月23日 - 27日、両国シアターX)脚本・演出:高瀬一樹
  • 『美しの水』脚本・演出/西田大輔
  • 『ぬばたまの淵』〜われても末に遭わんとぞ想う〜

外部リンク[編集]