楽靖宜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
女子 競泳
1992 400mリレー
1996 100m自由形
1996 50m自由形
1996 400mメドレーリレー

楽靖宜 (らくせいぎ、Le Jingyi、1975年3月19日-)は、中国の元競泳選手である。

経歴[編集]

1992年に17歳でバルセロナオリンピックに初出場。4×100m自由形リレーでは中国チームの第1泳者として中国の銀メダル獲得に貢献する。その後、1990年代の中国を代表する競泳選手として成長。1994年のローマで行われた世界選手権では、100m自由形で54秒01、50m自由形で24秒51と2つの世界新記録を達成する。

しかし、同年広島で行われたアジア大会で、多くの中国の競泳選手がドーピングにより失格。中国の組織的なドーピングが判明した。この大会で楽靖宜は100m自由形で不可解なフライングにより失格をしている。その後も、筋肉隆々とした体型からしてドーピングが疑われたが、ついに彼女から薬物の陽性反応が出ることがなく、1996年アトランタオリンピックでは女子100m自由形で金メダルを獲得。50m自由形、400mメドレーリレーでも銀メダルを獲得した。

外部リンク[編集]

  • 楽靖宜 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(英語)
  • 楽靖宜 - Swimrankings.net