楽チン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「楽綝」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
楽綝
広昌亭侯・揚州刺史
出生 生年不詳
兗州陽平郡衛国
死去 甘露二年5月5日257年6月4日
揚州九江郡寿春
ピン音 Yuè Chēn
諡号 慰侯
主君 曹操曹丕曹叡曹芳曹髦

楽 綝(がく ちん/がく りん、生年不詳 - 甘露二年5月5日257年6月4日))は、中国三国時代の軍人・政治家。父は楽進。子は楽肇。楽進伝・諸葛誕伝にその名が見える。

人物[編集]

生涯[編集]

楽進の存命中に所領の一部が分け与えられ、列侯されたとの記述があるが、これが楽綝なのかどうかは不明である。武勇に秀でた剛毅果断な人物で、父に劣らぬ人物として高く評価された。

255年文欽らの反乱追討に功績があり揚州刺史まで昇進したが、257年6月4日、疑心暗鬼に陥った諸葛誕に司馬氏の与党と見做されたため、その軍勢に攻められて戦死した。諸葛誕は楽綝の非を上奏したものの、その行為は反逆と見做され討伐されることになった。楽綝には衛尉と慰侯が追贈された。子が爵位を継いだ。

物語中の楽綝[編集]

小説『三国志演義』では名将の息子同士ということからか、張虎張遼の子)と共にペアとされ、常に蜀漢との戦線で敗戦を重ねるという、やられ役の凡将として描かれている。しかし最期については、正史とほぼ同様の顛末である。

参考文献[編集]