楊延昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

楊 延昭(よう えんしょう、958年 - 1014年)は北宋の武将。父・楊業の死後、楊家軍を率いてと戦った。楊業の六男であったため、楊六郎とも呼ばれる。また、彼の活躍は『楊家将演義』などの大衆小説でも描かれている。

幼い頃から、軍事演習に親しみ、楊業の出征に従軍して経験を積んだ。雍熙3年(968年)の北伐においては楊業から先鋒を任される。自身、流れ矢で肘を貫かれながらも朔州を陥落させ、景州知事に任命される。のち、父の楊業が死ぬと、抗遼の将軍として重責を負い、巡検使、崇儀使など数々の要職に任命される。

咸平2年(999年)に遼が南侵したとき、楊延昭は遂城を守備していた。武器も食料もなく、絶体絶命と思われた。数日、遼は城を包囲したのだが、楊延昭は井戸から水をくみ、城壁にぶちまけさせた。季節は冬であったため、水は翌日には凍ってしまい、城壁を上がることができなくなった遼兵が撤退してしまう。すると、楊延昭は反撃しさんざんに遼兵を打ち破った。これにより、遂城は畏敬をこめて「鉄遂城」と呼ばれるようになったという。

咸平3年(1000年)、遂城における敗戦を覚えていた遼は再び楊延昭を亡き者にしようと三千の騎兵で延昭の本体を襲った。しかし、これを見抜いた楊延昭は、巧みに伏兵をつかい再び遼を打ち破った。

咸平5年(1002年)には、遼が保州を攻めるのだが、このときは楊延昭らが布陣する前に攻撃を受け敗北する。これによって解任され、軍法によって裁きを受けることとなるのだが、平素の功績の大きさから不問に付され、以後の功績によって敗戦の責任を償うことになることになった。

景徳元年(1004年)、楊延昭は皇帝・真宗により軍を加増され一万人を率いることになる。さらに、楊延昭の意見を聞かない王超から軍権を奪い、遼兵を打ち破り古城を陥落させた。しかし、この年には澶淵の盟が結ばれたので、一応、遼との戦いは終わりを告げた。

景徳2年(1005年)、高陽関副都部署に任命されたのであるが軍人である楊延昭は行政にうとく、仕事は周正という男に任せたのであるがこの男が不正を行ったため、周正は追放された。

大中祥符7年(1014年)に病死、享年57。