検索連動型広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Googleのリスティング広告(検索連動型広告)
(画面右列が広告欄)

検索連動型広告(けんさくれんどうがたこうこく)とは、インターネット広告の一種で、検索エンジンで一般ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示する広告(テキスト形式)である(サーチエンジンマーケティング)。
「検索キーワード連動型広告」、「検索広告」、「リスティング広告」、またはクリック毎に広告主(クライアント)の費用が課金されること(クリック課金(PPC:Pay Per Click))から「P4P(Pay for Performance)」などとも呼ばれる。

Yahoo!に買収された有料リスティングサービス専業企業・米国Overtureの「スポンサードサーチ」やGoogleの「AdWords(アドワーズ)」が有名である。

仕組み[編集]

Yahoo! JAPANにおける「リスティング広告」を例に挙げると、次のような仕組みである[1]

価格の決定 
オークション形式でキーワードごとにクリック単価(価格)が決まる。
登録
広告主は、「キーワード」と「広告内容」(タイトル15文字、説明文33文字)を登録する。
検索時の表示
登録された「キーワード」に一致する(あるいは関連する)キーワードが検索されると、検索結果に「広告内容」を表示する。
報酬の支払い
表示のみでは、料金は発生しない(月額料金は別)。クリックに応じて料金が発生し、広告主に料金が課されることとなる(クリック報酬型広告の形態である)。
クリック単価と広告掲載順位
クリックに応じて発生する料金は入札によって決められ、人気のあるキーワードはクリック単価が高騰する。ただし、広告の掲載順位は、広告の品質と入札価格の両方の要因によって決定し、単純に入札金額のみには依存しない[2]

Yahoo!リスティング広告の返金問題[編集]

Yahoo!リスティング広告では事前審査に通過済で掲載されるはずの広告が掲載後すぐに掲載停止される事例が増えてきている。また、Yahoo!リスティング広告は掲載停止した理由を明確にしていない。掲載されないのなら未使用の広告費を返金してもらうことになるが、Yahoo!リスティング広告は広告主の返金申請に対し一向に応じない。つまり、Yahoo!リスティング広告は広告主に広告を掲載すると騙し、広告費をほとんど横領していることになる。

脚注[編集]

  1. ^ スポンサードサーチ - Yahoo!リスティング広告
  2. ^ 広告掲載方式 - Yahoo!リスティング広告

参考文献[編集]

  • オーバーチュア株式会社 『オーバーチュア スポンサードサーチ 公式ガイド』 インプレスR&D、2008年4月1日ISBN 978-4844325550

関連項目[編集]

外部リンク[編集]