検定統計量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

検定統計量(けんていとうけいりょう)とは、統計学的仮説検定に際して用いる単変量の統計量標本データの関数)を指す。

検定統計量の利用[編集]

統計学的仮説検定においては、標本データから計算される定められた検定統計量の値が予め決めた有意水準より小さいならば帰無仮説を棄却する検定を行う。

すなわち、母集団としてある確率分布を仮定(仮説)しておけば、それから統計量に相当する確率変数を求めることができ、これもある特定の確率分布に従うことになる。その分布と実際に算出された統計量の値とを比較し、確率変数がその値(またはより極端な値)となる確率が、予め決めた小さい値(有意水準)よりさらに小さくなるならば、仮説は「ありそうもないこと」として棄却される。

パラメトリック統計学における仮説検定は主に尤度比検定統計量によって理論的枠組みが与えられる。

具体的には、データの種類および何を検定したいかによって、用いる統計量と検定法とを選ぶ必要がある。よく用いられる検定統計量には、Zt、χ2カイ二乗)、FU などかあり、主に、それぞれの名を冠した検定法に用いられる。

関連項目[編集]