植木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
植木駅
駅舎
駅舎
うえき - Ueki
田原坂 (4.4km)
(4.2km) 西里
所在地 熊本市北区植木町鐙田75
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)[1]
所属路線 鹿児島本線[1]
キロ程 184.6km(門司港起点)
電報略号 ウエ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1891年明治24年)7月1日
備考 無人駅
植木駅
うえき - Ueki
(2.1km) 植木町
所在地 熊本県鹿本郡植木町(現・熊本市北区植木町鐙田75)
所属事業者 山鹿温泉鉄道
所属路線 山鹿温泉鉄道線
キロ程 0.0km(植木起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1917年大正7年)12月22日
廃止年月日 1965年昭和40年)2月4日*
備考 1957年(昭和32年)7月26日より植木 - 植木町間運転休止。

植木駅
配線図

田原坂駅

3 2 1


STRg STRf
KRWgl+l KRWgr+r
STRrg ABZrf STR
STR+BSl STR+BSr STR+BSl
STR+BSl STR+BSr STR+BSl BUILDING
STR+BSl STR+BSr STR+BSl
STRlf ABZlg STR
KRWgl+l KRWgr+r
STRg STRf

西里駅

植木駅(うえきえき)は、熊本県熊本市北区植木町鐙田にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線である。朝は当駅止まり・始発の電車が数本設定されている。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

開業時の地名(山本郡植木町)が由来。

古くは「のある台地上の」を表す「上村森(うえきもり)」と読まれ、古代から交通の要所だったと言う。その「上村(うえき)」がいつしか「植木」に転化したものが今の地名になったと言われる。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。当駅で普通列車が特急列車などの待避をする事がある。廃止された山鹿温泉鉄道が分岐し当駅から熊本駅まで山鹿温泉鉄道の気動車が乗入れていた。

2015年(平成27年)3月14日から無人駅となり[1][2]POS端末自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

2015年3月14日現在

のりば 路線 方向 行先 備考
1 鹿児島本線 下り 熊本八代方面
2 当駅発着列車のみ
上り 大牟田鳥栖博多方面 平日1本のみ
3




駅周辺[編集]

周辺には集落が点在しているが植木町の南方外れであり、旧町役場のある中心市街地からはかなりの距離がある。

バス路線[編集]

植木駅前

  • ゆうゆうバス
    田原坂ニュータウン入口経由北区役所前、植木駐車場行き(平日のみ)

※産交バス路線は廃止。 ※タクシーも常駐では無い場合が多く、電話で呼んでも相当待たされる事が多い。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
鹿児島本線
普通
木葉駅 - 田原坂駅(※) - 植木駅 - 西里駅
(※)一部の列車は田原坂駅を通過。

かつて存在した路線[編集]

山鹿温泉鉄道
山鹿温泉鉄道線
植木駅 - 植木町駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 小原擁(2015年3月7日). “JR九州:無人化、新たに20駅発表”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ a b 駅長さんお疲れさま JR植木駅、無人化前に - 熊本日日新聞 2015年3月11日

外部リンク[編集]

  • 植木駅(駅情報) - 九州旅客鉄道