植尾勝浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

植尾 勝浩(うえお かつひろ、1972年5月26日 - )は、熊本県玉名市出身の全日本プロドリフト選手権D1グランプリ)に参戦するレーサー。チューニングショップ兼中古車販売会社「GARAGE SIFT(ガレージシフト)」代表。愛称は「デスカラデスネ[1]」「チーズ」など。

人物[編集]

D1グランプリには初年度(2001年)から参戦し続けており、2002年にはシリーズチャンピオンを、2003年は3位になるなど、ハチロク(AE86)使いとして知られている。エンジンのポテンシャルを使い切るために常にアクセルを全開にするのが特徴。なお、強気な性格とは裏腹に涙もろく、勝っても負けても涙を流すことが多い。

2006年第7戦よりマシンをフェアレディZ(Z33)に変更。同年はSR20DETエンジンに換装したマシンで参戦していたが、翌2007年にチームm.o.v.eに移籍。前年まで風間靖幸が乗っていたシルビア(S15)に乗り換えた。2008年シーズンは不参加となった(ただしD1ストリートリーガルには継続して参戦している)。同年11月にはアメリカのフォーミュラ・ドリフトシリーズのスペシャルイベントとして行われた「Red Bull Drifting World Championship」に参戦したが、準々決勝で吉原大二郎に敗れている。

また、グリップレースにも参戦し、オートポリスのNA1600クラスのコースレコードを保持している。2004年からは「ネッツカップアルテッツァレース」にも参戦していた。

脚注[編集]

  1. ^ 語尾に必ずと言っていいほど「~ですから」「~ですね」がつくことから。代表的なのが「ハチロクが好きですから、よいパーツを作るですね」。

関連項目[編集]

先代:
2001年
谷口信輝
D1グランプリ
シリーズチャンピオン
(2002年)
次代:
2003年
今村陽一