森田正馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森田 正馬(1874-1938)

森田 正馬(もりた まさたけ、通称:しょうま、1874年1月18日 - 1938年4月12日)は日本医学者精神科神経科医。(森田)神経質に対する精神療法である森田療法を創始した。

高知県野市町(現・香南市)生まれ。形外高知県立第一中学第五高等学校東京帝国大学医科大学を卒業。東京帝国大学では呉秀三門下。巣鴨病院に勤務。東京慈恵会医科大学教授を務める。自らも神経質に悩んだ経験を持つ。精神分析学には批判的であり、東北帝国大学教授丸井清泰と論争を行った。心理学法学経済学についても精通していたといわれる。

著作[編集]

  • 『神経質及神経衰弱の療法』(日本精神医学会1921)
  • 『精神療法講義』(白揚社1922/1983)ISBN 9784826970754
  • 学位論文「神経質の本態及び療法 」にて 東京大学より医学博士号 1924年8月
  • 『恋愛の心理』(白揚社1924/1998)ISBN 9784826971171
  • 『新版 神経衰弱と強迫観念の根治法』(白揚社1926/2008)ISBN 9784826971454
  • 『迷信と妄想』(白揚社1928/1983)ISBN 9784826970761
  • 『新版 神経質の本態と療法』(白揚社1928/2004)ISBN 9784826971362
  • 『神経衰弱の話』(内務省衛生局1932)
  • 『新版 生の欲望』(白揚社1934/2007)ISBN 9784826971430
  • 『対人恐怖の治し方』(白揚社1935/1998)ISBN 9784826971157
  • 『神経質療法への道』(人文書院1935)
  • 『亡児の思ひ出』(神経質研究会1935)
  • 『健康と変質と精神異常』(人文書院1936)
  • 『神経質療法への道 第二篇』(神経質研究会1937)
  • 『神経質療法への道 第三篇』(神経質研究会1937)
  • 『久亥の思ひ出』(神経質研究会1937)
  • 『新版 自覚と悟りへの道』(水谷啓二編 白揚社1959/2007)ISBN 9784826971416
  • 『神経質問答』(水谷啓二編 白揚社1960)ISBN 9784826970181
  • 『森田正馬全集(全7巻)』(高良武久ほか編 白揚社1974,1975)

弟子[編集]

宇佐玄雄

関連項目[編集]

外部リンク[編集]