森田拳次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森田 拳次
本名 同じ
生誕 1939年5月11日(75歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1957年 -
ジャンル ギャグ漫画、家庭漫画、
風刺漫画
代表作 丸出だめ夫
ロボタン』 他
受賞 受賞歴参照
公式サイト moriken.jimdo.com
テンプレートを表示

森田 拳次(もりた けんじ、1939年5月11日 - )は、日本の男性漫画家東京都出身。少年時代を満州国(現在の中華人民共和国東北部)で過ごす。左利き

経歴[編集]

17歳で単行本デビュー後、『丸出だめ夫』など一連のギャグ漫画でヒット作を連発。31歳のとき、ひとコマ漫画家として身を立てようと、アシスタントとともに渡米。すでにアメリカに在住し成功していた実弟のもと、現地の新聞・雑誌等にひとコマ漫画を投稿し単発で掲載されるが、レギュラー漫画家に採用されたかは不明。帰国後は少年コミック、大人向けひとコマ漫画を描く。フランスでFECO(ヨーロッパ漫画家連盟)の会員であった山井教雄の誘いを受け「FECO NIPPON」を結成、後に「JAPUNCH」となる。現在もひとコマ漫画家として活動中。 また、満州からの終戦時の引き上げ体験者として、2002年に「私の八月十五日」の会を結成し、代表幹事となる。同会は中国の南京、瀋陽などで第二次大戦後の引き上げ体験者を中心として、漫画展を開いている。

1965年、同年に読売ジャイアンツのマスコットキャラクターとして採用された「ミスタージャイアンツ」(デザインを手掛けたのは森田ではなく、相沢光朗[1])を主人公とした漫画も連載していた。

受賞歴[編集]

 ただし、ベルギーのクノックヘイスト・漫画コンテストにおけるカーツーン・ブック・オブ・ザ・イヤーは、公募形式で選ばれる形式であり、特に森田拳次の作品集が特別にセレクトされたものではない。

JAPUNCHの一員として

  • VIVA, CHEF!』で、平成13年度(第5回)文化庁メディア芸術祭・マンガ部門(優秀賞)
  • CIN CIN』で、平成14年度(第6回)文化庁メディア芸術祭・マンガ部門(審査委員会推薦作品)

作品リスト[編集]

その他、ひとコマ漫画家集団JAPUNCHの一員としての一連の著作

テレビ出演[編集]

所属団体[編集]

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 画家1919年生まれ)。日本水彩画会審査委員、日展水彩作家協会委員。

関連項目[編集]