森田修一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

森田 修一(もりた しゅういち、1965年2月3日 - )は日本の元陸上競技選手(長距離走マラソン)。神奈川県出身。

来歴[編集]

専修大学出身で、箱根駅伝への出場経験もある。大学卒業後は日産自動車に所属。

1992年8月開催のバルセロナオリンピック男子マラソンの代表選考レースでもあった、1991年12月の福岡国際マラソンでは、自己ベスト記録となる2時間10分58秒のゴールタイムで優勝した。この時点で、1991年9月開催の世界陸上東京大会男子マラソンで優勝した谷口浩美がすでに代表に内定しており、残り2名は国内選考会での成績で選出となったが、森田は国内選考会優勝により有力候補となった。しかしそれまでのマラソン実績が乏しかったことと、1992年2月の東京国際マラソンで優勝の森下広一(2時間10分19秒)と2位の中山竹通(2時間10分25秒)がともに森田の記録を上回ったため、代表には森下・中山が選ばれ、森田の五輪出場はならなかった。

現役引退後は指導者の道を歩み、2000年にホクレンの監督に就任。2007年12月には全日本実業団対抗女子駅伝でチームを初の5位入賞に導いた。同社には、2008年8月開催の北京オリンピックの女子10000m5000m代表で、2011年1月の大阪国際女子マラソン優勝者の赤羽有紀子らが所属している。

マラソン成績[編集]

  • 1,2時間16分25秒  4位 89びわ湖毎日
  • 2,2時間15分32秒  5位 90びわ湖毎日
  • 3,2時間18分32秒  14位 90福岡国際
  • 4,2時間14分56秒  7位 91びわ湖毎日
  • 5,2時間26分45秒  31位 91ゴールドコースト
  • 6,2時間10分58秒  優勝 91福岡国際(バルセロナ五輪男子マラソン代表選考会)(生涯自己記録)
  • 7,途中棄権       92北京国際
  • 8,途中棄権       95福岡国際
  • 9,2時間25分48秒  76位 97びわ湖毎日