森理世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
もり りよ
森 理世
Riyo Mori headshot.png
森 理世
プロフィール
生年月日 1986年12月24日
現年齢 27歳
出身地 日本の旗 日本静岡県
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 174 cm / 54 kg
BMI 17.8
モデル: テンプレート - カテゴリ

森 理世(もり りよ1986年12月24日 - )静岡県静岡市出身の振付師、ダンサー、モデル、タレントである。身長179cm。血液型はA型。2007年ミス・ユニバース・ジャパン及びミス・ユニバース世界大会優勝者。

ニューヨークを拠点とした、プロジェクトサンシャイン、レッドリボン等のチャリティー活動に参加。2008年7月に帰国。2009年3月をもって所属していたIBGjapanを辞め、現在はS.D.B.B.所属。2009年4月、母と共に地元にダンススタジオ「I.R.M.アカデミー」を設立。 現在ダンスアカデミーのアーティスティックディレクターとしてダンス&ビューティーの指導をしている[1]

略歴[編集]

来歴[編集]

Riyo Mori at Miss Universe 2007 by David Light Orchard.jpg
  • ダンススクールを主宰する母の元で4歳からダンスを習い、高校一年生の時にカナダへバレエ留学。その後ブロードウェイを目指すダンサーが通う「ROCKETTES・サマー・インテンシブプログラム」でトレーニングを修了した。祖母から「10代の思い出として何かチャレンジしたら」とすすめられたことがきっかけで、2007年3月15日、約4000名が参加したミス・ユニバース・ジャパンに応募し優勝する。同年5月にメキシコ・シティで開催されたミス・ユニバース世界大会で見事優勝した。48年ぶりに日本人としては2人目のミス・ユニバースとなった。ミス・ユニバース任期中(一年間)はプロジェクトサンシャイン(病気で入院中の子供たちを元気づけ、勉強を教えたり、夢を叶える手伝いをする活動に参加)、レッドリボン( および HIV/エイズに関する知識普及活動)(HIV、エイズの知識を同世代へ広め、理解と支援の意志を示すための活動に参加)(GMHC<人種を問わず広くへの、HIVの予防のためAIDS WALK、食糧支援活動に参加)、マラリア予防活動(マラリア予防のためにベトナムでの現地活動に参加)、アルツハイマー病支援(患者とその家族のための支援団体の活動に参加)、スペシャルオリンピックス(選手団応援活動に参加)、動物愛護運動(愛護の呼びかけ、チャリティーオークションへの参加)、HEALTH CORPS(医師達と共に、健康を害する事の知識や、健康管理への啓蒙活動に参加)等を続け、世界15カ国を巡った。
  • メキシコメキシコシティの「国立オーディトリアム」で行われた、「第56回世界大会」に日本代表として出場し、満場一致の得票で優勝を飾った。 その際、彼女にはダイヤモンドや真珠があしらわれた25万ドル(約3000万円)相当の冠(ミキモト製)が渡された。ただしこの冠は、次回大会の優勝者に引き継がれ、その年の優勝者がもらえるのは2万ドル相当のティアラである(やはりミキモト製)。
  • その他、彼女には、1年間使用可能なニューヨークのアパート、給与(金額は非公開)、3万ドル相当の高級時計などの衣装、ニューヨークで二年間映画を学ぶための10万ドルを上限とする奨学金、水着、ヘアケア製品1年分、NINAの靴一式、デニム一式、クリスタルのトロフィー、1年間の皮膚科サービスなどが優勝賞品として贈られた。[2][3]
  • 日本人の優勝は1959年児島明子以来48年ぶり。日本人としては2人目の世界一となる。2006年知花くららの2位に続き、2年連続での日本人の入賞となった。2位はブラジル代表、3位はベネズエラ代表が選ばれた。着用していたイヴニングガウンは、GUCCIの07年春夏コレクションのもの。ナショナルコスチュームは、「義志」や「小萩」のデザイナーである緒方義志と、「HIROCOLEDGE」のデザイナーである高橋理子のデザインによるもの。
  • NBCの人気SFドラマ「HEROES」第二シーズン(2007年秋)のオーディションを受けたが、MTV USの Reality Shows-Pageant Placeに出演が決定していたため辞退した。

人物・エピソード[編集]

  • 森家の女性は代々「忍耐」と書かれたプレートを受け継ぎ、忍耐・努力・根性の三つを精神の源泉とし、カナダ留学の出発時プレートを母から渡され部屋の壁にかけ、留学を終えた後母に返したが、ミス・ユニバース世界優勝後の1年間の世界での活躍を前に再び母から渡され、新たな世界を代表する立場と環境で精神力の源泉とする。
  • 父親は元スポーツ・インストラクター。
  • ミス・ユニバース日本大会の最終選考会で、彼女は毛皮コートを着用していたが、これを動物愛護団体PETAが非難し、「あなたの美しさが表面的でないことを証明して下さい」という内容の文書を送った。これに対し森は2007年10月16日に、「今後は毛皮製品を着ないと大きな声で言いたい。私は動物が大好きで、毛皮製品に反対する人々に同意する。」というコメントを発表した。また、中国で開催されるフェンディのファッションショーに招待された際に、毛皮のコートを着用での来場を依頼されたが断った。イネス・リグロンは、日本大会で森に毛皮のコートを着用するように勧めたのは自分だと語り、毛皮を着用しないと断言しコートの受け取りを拒否した森を支持した。[4]
  • MTVPageant Place(邦題『ミス・ユニバース森理世in N.Y』FOXで放送)では、ミスUSAミスティーンUSA、ミスUSA2006と共同生活を送っている様子が放送されたが、ミスティーンUSAのケイティ・ブレアーは『理世と話すと落ち着くの』とコメントしている。また、共同生活中、英語のレッスンを受けた。
  • 勝負事に勝つためにはカツ丼が必要だと思っている。ミス・ユニバース・ジャパンの際も直前に食べて優勝し、世界大会の際も日本を発つ直前に食したから優勝できた、とのこと[1]
  • 自身のブログで美容整形に否定的な考えを持っていること、歯の矯正やヘアスタイル、ダイエットなどだけで整形せずに自身が変身したことを述べているが、実は唇にヒアルロン酸を注入する「プチ整形」を施したことを、イネス・リグロンがThe Japan Timesの取材で告白している。[5]
  • 世界大会中に他国のミスへの批判をイネス・リグロンに話したことをブログに掲載したため、リグロン及び自身のブログが炎上したことがある。
  • 化粧や衣装の選択がギャルのようであると評されることがしばしばある。また、立ち姿が所謂“モデル立ち”ではなく、手を前で組み、脚を膝の辺りでクロスする立ち方や、脚をやや開いて爪先を内側に向けて立つポージングをして“脚が細く見える、女の子らしい立ち方”と「とくダネ!」や「ラジかるッ」で発言した。これらの言動を快く思わない意見があることも事実であり、週刊誌等で異論を唱える記事が掲載されたことも多々ある。社交界での実績が豊富なデヴィ夫人が「森さんの所作や立ち振る舞いはエレガントではない」との声をあげたことがある。
  • 乳がん撲滅チャリティーを目的に蜷川実花が撮影し、雑誌「GLAMOROUS」が創刊3周年を記念に別冊付録として企画したヌード写真集「10 WOMEN」に参加。ピンクリボン運動への協力としてヌードを披露している。

出演[編集]

ラジオ番組[編集]

  • 森 理世の Happy Weekend![6]K-MIX、2012年4月7日-2013年3月30日・土曜6:45-7:00)

テレビ番組[編集]

ほか多数

CM[編集]

書籍[編集]

2007年ミスユニバース就任後、世界各地で行った慈善・キャンペーン活動についての体験談を中心に描いたエッセー集。表紙には優勝時のクラウンのレプリカであるティアラを付けた森の表情が描かれてある。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
スレイカ・リベラ
ミス・ユニバース
2007
次代:
ダイアナ・メンドーサ