森狙仙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『梅花猿猴図』 心遠館蔵

森狙仙(もり そせん、1747年寛延元年) - 1821年8月18日文政4年7月21日))は日本江戸時代後期の絵師。通称は八兵衛、名を守象、は叔牙。号としては祖仙如寒斎霊明庵、屋号の花屋も用いた。

狩野派円山応挙などの影響を受けながら独自の画風を追求し、養子森徹山へと連なる森派の祖となった。主として動物画を描き、とりわけ得意とした猿画の代表作として『秋山遊猿図』がある。

生涯[編集]

森狙仙の生涯については残された資料が少なく、かなりの部分が不明である。

1747年(寛延元年)、絵師の森如閑斎[1]という絵師の子として生まれる。出生地については大阪説、西宮説、長崎説がある。いずれの説をとるにせよ、大阪を中心に活動した。はじめ、山本如春斎について狩野派の技術を学び、如寒斎と号した。天明4年(1784年)師の如春斎が没するあたりから、沈南蘋円山応挙の影響を受けて画風を変え、写実を重視するようになり、猿画の名手として評判が高くなったと考えられる。天明8年(1788年)成立と推定される大田南畝『巴人集拾遺』に、「徂(原文ママ)仙猿画」という狂詩が載っている。

還暦を迎えた文化4年(1807年)にそれまで「祖仙」としていた号を「狙仙」と改める。1802年に刊行された莚破居士著『浪華なまり』に紹介される[2]、文化11年1814年(申年)には柿本神社に絵馬を奉納する。

猿画に習熟するにあたって、猟師に生け捕りしてきてもらった猿を観察して猿画を書いたが、それでは自然そのままの猿を知ることができないと知人に指摘されたため、山野で猿を観察することに数年を費やしたという伝説がある[3]

兄である森周峯の子であり円山応挙の高弟でもあった森徹山を養子に迎えた。徹山の後に森一鳳森寛斎が続き、森派と称される。弟子に中殿暁園など。

1821年(文政4年)、大阪で没した。墓所は易往山西福寺(大阪市北区)にある。

作品[編集]

残されている作品のうち、90%以上は猿の絵と言われる[4]。柔らかな体毛の質感を表現する技術、個々の猿の生き生きとした表情やユーモラスな仕草を描く構成力、巧妙な擬人化による親しみやすさなど狙仙ならではのものである。また、鹿・狸・猫・虎などの動物画にも秀逸なものが少なくない。反面、山水画人物画は殆ど無い。

2006年12月現在、『秋山遊猿図』が重要美術品に認定されているのを除き、国の重要文化財以上の指定を受けている作品はない。地方自治体の文化財として保護されているものとしては大阪府指定の『紫雲寺本堂内陣鳥獣画』[5]、明石市指定の『猿の図絵馬』[6]がある。『雨中桜五匹猿図』は2005年の切手趣味週間にちなむ80円郵便切手の図案に採用された。

作品リスト[編集]

作品名 年代 種類 技法 所有者 所在地 典拠
雨中桜五匹猿図 ? 頴川美術館 西宮市 [7]
雲龍図 ? 1幅 紙本墨画 ボストン美術館 ボストン [8]
猿猴狙蜂図 ? 1幅 紙本墨画淡彩 心遠館 ロサンゼルス [9]
春日社頭鹿猿図 1800- 1幅 絹本著色 京都国立博物館 京都市 [10]
岩上群猿図屏風 ? 2曲1隻 紙本著色 三井記念美術館 東京都 [11]
孔雀図屏風 ? 2曲1隻 紙本墨画 ボストン美術館 ボストン [12]
猿図押絵貼屏風 ? 6曲2隻 紙本墨画淡彩 ボストン美術館 ボストン [8]
猿の図絵馬 1814 絵馬 紙本著色 柿本神社 明石市 [13]
紫雲寺本堂内陣鳥獣図 1773? 障屏画82面 紫雲寺 吹田市 [5]
雪中三獣図 1788-89 襖4面 紙本墨画淡彩 廣誠院 京都市 [14]
雪中灯籠猿図 ? 1幅 絹本着色 逸翁美術館 池田市 [15]
竹虎図 1816 1幅 絹本着色 黒川古文化研究所 西宮市 [15]
秋山遊猿図 ? 2幅 紙本着色 東京国立博物館 東京都 [16]
樹上二匹猿図 ? 1幅 紙本墨画着色 ボストン美術館 ボストン [8]
双猿胡蝶図 1800 1幅 絹本墨画着色 ボストン美術館 ボストン [8]
双鹿図屏風 ? 2曲1隻 絹本墨画着色 ボストン美術館 ボストン [8]
梅花猿猴図 ? 1幅 絹本墨画淡彩 心遠館 ロサンゼルス [9]
藤に三匹猿之図 ? 1幅 一宮市博物館 一宮市 [17]
Hart and Doe 1817-1818 絹本墨画着色 パシフィックアジア博物館 カリフォルニア [18]
Monkey Performing the Sanbaso Dance 1800 1幅 紙本墨画 パシフィックアジア博物館 カリフォルニア [19]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 橘如閑斎とする資料もあるが『日本美術シソーラス絵画編』に従う。
  2. ^ 日本美術シソーラス絵画編
  3. ^ 『真美大観』
  4. ^ 木村(2003)p.71
  5. ^ a b 大阪府教育委員会 『大阪府指定文化財目録』、ぶらっと吹田 『山田村コース
  6. ^ 明石市立文化博物館 『市内の指定文化財』。
  7. ^ 日本郵政公社 『平成16年「切手趣味週間にちなむ80円郵便切手」の発行
  8. ^ a b c d e Museum of Fine Arts, Boston, Collections Search Results "Mori+Sosen".
  9. ^ a b 『プライスコレクション 若冲と江戸絵画』
  10. ^ 京都国立博物館 『所蔵品データベース 春日社頭鹿猿図』
  11. ^ 東京国立博物館 『特別展 アニマルランド 東アジアの美術に見る動物表現
  12. ^ 『ボストン美術館秘蔵 近世日本屏風名作展』
  13. ^ 『日本美術シソーラス絵画編』。ただし作品名は明石市に従う。
  14. ^ 狩野博幸監修 『長沢芦雪 千変万化のエンタ-テイナー平凡社〈別冊太陽 日本のこころ181〉146-147頁、2011年3月 ISBN 978-4-582-92181-6
  15. ^ a b 源豊宗監修、佐々木丞平編 『京都画壇の一九世紀 第2巻 文化・文政期』 思文閣出版 122-123頁、1994年 ISBN 4-7842-0838-0
  16. ^ 東京国立博物館 『館蔵品ギャラリー 秋山遊猿図
  17. ^ 一宮市美術館 『森狙仙《藤に三匹猿之図》
  18. ^ Pacific Asia Museum, Explore the Collections - "Hart and Doe".
  19. ^ Pacific Asia Museum, Explore the Collections - "Monkey Performing the Sanbaso Dance".

参考文献[編集]

  • 田島志一他『真美大観』 日本仏教真美協会、第3巻、1900年。
  • 五十嵐公一 「森狙仙に関する二、三のこと」『兵庫県立歴史博物館紀要 塵界』第9号、1997年3月
  • 木村重圭 「大阪画壇の展開と狩野派 ─森狙仙筆 墨馬図をめぐって─」『甲南女子大学研究紀要』第40号文学・文化編、2003年3月、pp.65-76
展覧会図録
  • 日本経済新聞社『ボストン美術館秘蔵 近世日本屏風絵名作展』 日本経済新聞社、1981年。
  • 東京国立博物館、日本経済新聞社『プライスコレクション 若冲と江戸絵画』 日本経済新聞社、2006年。

外部リンク[編集]