森清範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

森清範(もりせいはん、1940年(昭和15年)7月8日 - )は、2014年9月現在の清水寺貫主住職)。また、1995年(平成7年)より始まった財団法人日本漢字能力検定協会が主催する「今年の漢字」において、公募で選ばれたその年を表す一文字の漢字を清水寺の舞台で揮毫していることでも知られている。

略歴[編集]

  • 昭和15年、京都・清水に生まれる。
  • 昭和30年、当時の清水寺貫主・ 大西良慶和上のもと得度・入寺。
  • 昭和38年、八幡市円福寺専門道場に掛塔 (雲水修業)後、清水寺・真福寺住職に就任。
  • 昭和54年、清水寺法務部長、昭和63年4月、清水寺貫主、北法相宗管長就任。

「今年の漢字」の揮毫[編集]

  • 森清範貫主の書く書は、森清範貫主直筆書とされ、京都八福庵が公許取扱処として管理している。
  • 「今年の漢字」の揮毫は、練習無しのぶっつけ本番である。

役職[編集]

  • 清水寺貫主
  • 北法相宗管長
  • 全国清水寺ネットワーク会議代表
  • 京都仏教クラブ会長
  • 洛陽三十三所観音霊場会会長

外部リンク[編集]