森宗意軒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

森 宗意軒(もり そういけん、生年不詳 - 寛永15年2月28日1638年4月12日))は、江戸時代前期の人物。島原の乱一揆軍・目付兼兵糧奉行の一人である。

概要[編集]

父は西村孫兵衛(森長意)。先祖の代から、河内国石川郡の水分五社大明神の南木大明神で神司を勤めていた。

宗意軒は号であり、幼名は傅之丞。傅之丞は武士となって三左衛門と称し、小西行長へ奉公に出たという。文禄・慶長の役時に、行長の荷物を運ぶ船宰領(船頭)となって朝鮮へと渡航した。しかし途中で難破し南蛮船に助けられ、南蛮へ行く。オランダにも行き、6~7年間を過ごした。

その後、中国で入廟老という者に火術、外科治療の法、火攻めの方法などを伝授した。日本へ戻ってきた時にはすでに行長は刑死しており、そのため高野山にしばらく身を潜めた。大坂の陣では真田幸村の軍について戦うが落城し、肥後国天草島へ落ちのび森宗意軒と改名して住んだ。

島原の乱で戦死。弟子に田崎刑部がいる。

熊本県上天草市大矢野町中柳地区に森宗意軒神社がある。

フィクション作品[編集]

山田風太郎の『魔界転生』では島原の乱を生き延びて、忍法で復活させた天草四郎宮本武蔵をあやつる黒幕として登場する。

出典[編集]

  • 『星野寿庵覚書』(「鹿児島県史料」旧記雑録拾遺伊地知季安著作史料集第一)
  • 『Q&A 天草四郎と島原の乱』(2008年、鶴田倉造/著)
  • 『天草キリシタン史』(1987年、北野典夫/著)
  • 『西海の乱・天草民衆運動史研究(上巻)』(1995年、倉田文史/著)
  • 『西海の乱・天草民衆運動史研究(下巻)』(1995年、倉田文史/著)