森のようちえん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツの森のようちえんの様子

森のようちえん(もりのようちえん、ドイツ語: Waldkindergarten)は、自然の中での幼児教育を行う運動団体を指す。森林の中で子どもが感性を研ぎ澄ませ、自然との関わりを学ぶことができる[1]

日本には2011年(平成23年)時点で約70か所存在する[2]

歴史[編集]

1950年代デンマークでElla Flatau(エラ・フラタウ)という一人のお母さんが森の中で保育をしたのが始まりとされている。スカンジナビアからドイツにも広がり、ドイツ国内だけでおよそ300ある[3]

1954年に、デンマークで親グループが自主保育活動として開始した[2]。同国やドイツでは1990年代から2000年代にかけて広がりを見せ、同時期に日本にも知られるようになった[4]2000年のデータではデンマークに60園、ドイツに220園以上存在した[2]

日本では2005年から毎年「森のようちえん全国フォーラム」が開催されている。2008年11月、「森のようちえん全国ネットワーク」設立。

大阪大谷大学の井上美智子によれば、日本における森のようちえんの活動は、民間のインフォーマルな団体による実践が中心で、「従来の自然体験活動の対象を幼児まで拡大したもの」、「よりよい保育のために自然を活用するもの」の2つの方向性があるという[5]鳥取県八頭郡智頭町では、無認可保育所ではあるが町の事業として「智頭町森のようちえん まるたんぼう」を2009年(平成21年)に開設し、町内の森林を舞台に野外活動を実践している[6]。町内の鳥取県立智頭農林高等学校の教員もこの活動に参加している[7]保育士は子どもたちと「横並びの目線」で接し、保護者にも子供の成長を待つという姿勢が現れてきている[8]

脚注[編集]

  1. ^ 今村(2009):110ページ
  2. ^ a b c 林ほか(2011):67ページ
  3. ^ “森がぼくらの遊び場だ――デンマーク生まれの森の幼稚園”. Business Media 誠. (2008年5月27日). http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0805/27/news016.html 
  4. ^ 井上(2009):100ページ
  5. ^ 井上(2009):100 - 101ページ
  6. ^ 早尻(2011):174 - 175ページ
  7. ^ 早尻(2011):175ページ
  8. ^ 林ほか(2011):66ページ

参考文献[編集]

  • 井上美智子(2009)"幼児期の環境教育研究をめぐる背景と課題"環境教育(日本環境教育学会).19(1):95-108.
  • 今村光章(2009)"幼児教育・保育と環境教育―教材論の立場から"環境教育(日本環境教育学会).19(1):109-110.
  • 林沙織・乾英理子・杉万俊夫(2011)"保育と療育における身体の「溶け合い」"ジャーナル「集団力学」(集団力学研究所).28:66-85.
  • 早尻正宏(2011)"高等学校森林・林業系学科の教育実践と地域づくりの担い手形成"日本森林学会誌(日本森林学会).93(4):171-178.

関連図書[編集]

外部リンク[編集]