棘 (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォウクィエリア・スプレンデンス英語版 の棘。葉柄が変形して生じた構造である。
バラの棘

植物学において、(とげ、いばら)は植物体に生じる刺状の構造の総称。厳密には、その成り立ちによって茎針(thorn)、葉針(leaf spine)、刺状突起体(prickle)などと区別されるが[1]、本記事ではこれらの総称を棘と表記する。

これらの用語は以下のように使い分けられる。

  • 茎針(thorn) - が変形して生じる構造。
  • 葉針(leaf spine) - 托葉葉柄が変形して生じる構造。
  • 刺状突起体(prickle) - 毛と類似するが、より粗いものを指す(バラのトゲなど)。茎の表皮樹皮から生じる構造[2][3]

なお茎針と葉針は、ともに維管束をもつ構造であるため区別する必要は無く、刺状突起体は維管束を持たないためこれらから区別すべきとする主張もある[4]

概要[編集]

植物の棘は、はじめは砂漠など生育に適さない環境の植物が、捕食者から身を守るために発達させた可能性が示唆されている[5][6]。しかしその形態や役割は多様で、その成り立ちや形状によってさまざまな名称が与えられる。

植物の棘は、サンザシ属ミカン属のように鋭い枝として生じる棘(茎針)、サンセベリアなどのように葉の先端に小さく生じる棘(葉針)[7]アカシアのように托葉が変形して生じる棘、バラのトゲのように茎に生じる棘(刺状突起体)などがある。サボテンの仲間であるウチワサボテン亜科ハシラサボテン亜科などでは、短枝に付く全ての葉が変形して棘となっている[8]

なお、ウチワサボテンなどが持つかえしのある棘は、芒刺英語版として区別されることもある。

機能、役割[編集]

植物の棘はさまざまな機能を持っている。例えば、動物からの攻撃から身を守る役割を持っていると考えられている[1]。動物からの防御という解釈については「推測に過ぎない」[9]と批評されることもあるが、コウモリ以外の哺乳類がいないニューカレドニアに棘をもつ植物が極めて少ないことや、草食動物が多い地域では鋭い棘が発達した植物が多数あるといった観察事例から、動物の捕食に対する防御という解釈を支持されることもある[1]。またイラクサのように、茎や葉に形成する微細な棘から蟻酸を分泌し、シカなどの踏み付けから身を守るという機構をもつ植物もある[1]

つる植物も多数の棘を持つことが多いが、これは動物からの保護だけでなく、他の物にその棘を引っ掛けて生長するために用いられていると考えられている[1]

またサボテンなど乾燥帯に生育する植物では、葉を棘状に変形させて水分の蒸散量を抑えることで、乾燥耐性をもつとされている[10]

人間との関係[編集]

茨の冠を被されたキリスト(エル・グレコ
そしてその上着をぬがせて、赤い外套を着せ、また、いばらで冠を編んでその頭にかぶらせ、右の手には葦の棒を持たせ、それからその前にひざまずき、嘲弄して、「ユダヤ人の王、ばんざい」と言った。

—新約聖書(27:28-29)(Wikisourceより[1]

利用[編集]

植物の棘は、古くから人間に利用されてきた。住居侵入に対する防護策として、棘のある植物を窓の周りや家の周辺に植えて、強盜の侵入を防止するのにも用いられている[11]。また、穀物などを野生動物から守るためにも、サンザシリュウゼツランなどの棘を持つ植物が利用される。他の地域から棘をもつ植物を移入して、そのような用途で利用することもあり、アフリカではアメリカハリグワ英語版サンセベリア属英語版の種が導入されて利用されている[12]

文化[編集]

植物の棘は神話聖書などでも度々取り上げられている。

植物の棘が描かれている最も有名なものとしては、イエス・キリスト磔刑になる前にかぶされていた茨の冠英語版がある。イバラで編まれたこの冠は、受難の象徴として描かれている (新約聖書 27:29)。

また『創世記』では、アダムイブの罪に対する罰として、棘をもつ植物(イバラ、アザミ)が創造されたとされている(『創世記』3:18)。

ギリシャ神話にも、古代ギリシャの伝説的な奴隷として知られるアンドロクレス英語版の話で、植物の棘が重要な場面に登場する話がある。その中で、アンドロクレスが森の中で植物の棘が足に刺さっているライオンを助けたために、のちに皇帝にライオンの餌にされそうになった時に命拾いした、というストーリーが描かれている[13]。この神話はイソップ物語でも取上げられた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 北川尚史(1985)「生物学における目的論的説明 ― 植物のトゲの機能を例に ―」奈良教育大学教育研究所紀要 21 43-54 hdl:10105/6598
  2. ^ Van Wyk, Braam (2007). How to Identify Trees in Southern Africa (illustrated ed.). Struik. p. 184. ISBN 1770072403.  ISBN 9781770072404
  3. ^ Sengbusch, Peter (2003年7月31日). “Cross-Section Through the Prickle of a Rose”. 2009年4月27日閲覧。
  4. ^ Bell, A.D. 1997. Plant form: an illustrated guide to flowering plant morphology. Oxford University Press, Oxford, U.K. preview in google books
  5. ^ Steve Brill, Evelyn Dean, Identifying and Harvesting Edible and Medicinal Plants (1994), p. 17.
  6. ^ August Weismann, John Arthur Thomson, Margaret R. Thomson, The Evolution Theory (1904), p. 124.
  7. ^ Dyer, R. Allen, “The Genera of Southern African Flowering Plants”, Vol 2. ISBN 0 621 02863 0, 1976
  8. ^ Anderson, Edward F., The Cactus Family, Pub: Timber Press 2001 ISBN 978-0881924985
  9. ^ 熊沢正夫『植物器官学』(1979年、裳華房
  10. ^ 日本博学倶楽部『「科学の謎」未解決事件簿』 (2010年、PHP文庫) p.241 ISBN 978-4-569-67465-0
  11. ^ Marcus Felson, Crime and Nature (2006), p. 288.
  12. ^ Hunter, J. A., "Hunter" Publisher: Buccaneer Books, 1993, ISBN 978-1568491097
  13. ^ Carrington, Norman T., Shaw, George Bernard. Androcles and the Lion: Brodies Notes. Publisher: Macmillan, 1976, ISBN 978-0330500500

関連項目[編集]