将棋界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
棋界から転送)
移動: 案内検索

将棋界(しょうぎかい)、棋界(きかい)は、将棋をめぐって、プロの棋士やアマチュア選手、将棋ファン(愛棋家)、業界関係者などで構成する社会領域。日本将棋連盟がその総本山である。

プロ将棋界[編集]

プロ棋士[編集]

将棋のプロは、次の2つに大別される。

1. 棋士(日本将棋連盟の四段から九段) = 原則として新進棋士奨励会で所定の成績を収めて四段昇段した者[1]
棋士のうち、現役の棋士は160名ほどである。
一覧は「将棋棋士一覧」を、詳細は「棋士 (将棋)」を参照。
2. 女流棋士(女流2級から女流六段)
現役は、50~60名程度である。
一覧は「将棋の女流棋士一覧」を、詳細は「女流棋士 (将棋)」を参照。

また、女流棋士は、次の2つに分かれている。

2a. 日本将棋連盟所属の女流棋士
2b. LPSA(日本女子プロ将棋協会)所属の女流棋士

他に、北尾まどかが2009年6月15日にLPSAを退会して「フリーの女流棋士」、次いで「日本将棋連盟の客員女流棋士」となり、2011年4月1日に日本将棋連盟所属の女流棋士に復帰した例がある。「フリーの女流棋士」と「日本将棋連盟の客員女流棋士」の該当者は北尾のみ。北尾まどか#棋歴を参照。

女性が新進棋士奨励会に入会して棋士を目指す例もあるが、今日まで四段昇段に至ったものはなく、女性の「棋士」は誕生していない[2]。よって、女流棋士との区別をわかりやすくする意味で、棋士のことを「男性棋士」と呼ぶことがある。

棋戦[編集]

プロ将棋の公式棋戦には、タイトル戦と、タイトル戦以外の公式棋戦(「一般棋戦」、「優勝棋戦」などと呼ぶ)[3]があり、いずれも1年周期で行われる[4]。その他、非公式棋戦もある(例:富士通杯達人戦)。

詳細は、「棋戦 (将棋)」を参照。

棋士のタイトル戦は7つある。歴代タイトル獲得者は、「将棋のタイトル在位者一覧 (1) 」および「将棋のタイトル在位者一覧 (2) 」を参照。

なお、7つのタイトル戦の中には棋士以外でも出場できるものがある。女流棋士とアマチュアの両方の出場枠があるタイトル戦が2つ(竜王戦、棋王戦)、アマチュア出場枠はないが女流棋士の出場枠があるタイトル戦が3つ(王位戦、王座戦、棋聖戦)である。

女流棋士のタイトル戦は5つある。歴代タイトル獲得者は、「将棋のタイトル在位者一覧 (女流棋戦) 」を参照。

棋士の階層構造[編集]

7つのタイトル戦の中でも、竜王戦名人戦は特に重要視される。

  • 竜王戦の予選は、1組から6組に分かれて行われ、どの組からでも竜王に挑戦できるチャンスがあるが、番号が若い組ほど挑戦権を得やすいシステムになっている。各組の竜王ランキング戦で成績優秀の者は、次期に番号が1つ若いクラスに昇級する。ただし、竜王戦七番勝負の敗者は(たとえ3組以下からの挑戦者であっても)次期の1組に入る。詳細は、「竜王戦」を参照のこと。
  • 名人戦の予選は「順位戦」と呼ばれ、A級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組に分かれており、飛び昇級はない。また、名人挑戦者になれるのは、A級の優勝者だけである。新しくプロになった棋士はC級2組(もしくはフリークラス)に所属することになるため、名人への挑戦権を得るまでには、プロ入り後最低でも5年かかる。
    詳細は、「順位戦」、「名人戦 (将棋)」、「名人 (将棋)」を参照のこと。

現役の各棋士の竜王戦・順位戦のクラスは、「将棋棋士の在籍クラス」を参照。

獲得賞金と対局料[編集]

獲得賞金と対局料の合計額による棋士のランキングは、毎年、「獲得賞金・対局料ベスト20」として、翌年に日本将棋連盟から発表される。4月から3月の「年度区切り」ではなく、1月から12月までの集計である。

タイトルホルダー、棋戦優勝者のほか、順位戦A級の棋士が上位になりやすい。また竜王戦は賞金額が高く、竜王保持者はもちろんのこと、タイトル戦の敗者も上位になりやすい。

このランキングは、翌年のいくつかの棋戦への出場権に関係する。「JT将棋日本シリーズ」では2006年に出場枠の規定が変更され、獲得賞金・対局料ランキングでの順位が出場権に反映されるようになった(従来は、順位戦の順位)。また、2007年に創設された「大和証券杯ネット将棋・最強戦」の出場権も、このランキングに関係する。

なお、対局料とは別に、順位戦のクラスによって決まる基本給もある[5]

獲得賞金・対局料ベスト20

単位は、万円。

色付きは、当年1月 - 12月のタイトル獲得(奪取または防衛)を表す。タイトル2つ以上獲得は濃い色、1つ獲得は薄い色

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位 備考
2013年 渡辺明
10255
羽生
7281
森内
5503
郷田
3453
丸山
2912
佐藤康
2720
行方
1821
谷川
1818
久保
1788
三浦
1633
2012年 羽生
9175
渡辺明
7197
森内
5317
丸山
3409
久保
3233
郷田
2597
佐藤康
2505
深浦
2100
藤井
1705
山崎
1643
三浦
1413
2011年 羽生
9886
渡辺明
8365
久保
4659
森内
3371
丸山
2643
深浦
2145
木村一
2052
広瀬
2005
佐藤康
1920
郷田
1679
三浦
1650
橋本崇
1498
山崎
1405
屋敷
1333
豊島
1286
谷川
1220
佐藤天
1148
藤井
1107
高橋
1088
糸谷
1035
2010年 羽生
11576
渡辺明
6240
久保
4829
森内
3270
深浦
3173
佐藤康
3018
三浦
2850
藤井
2410
丸山
2372
広瀬
2136
谷川
1925
郷田
1602
山崎
1426
木村一
1342
松尾
1235
阿久津
1230
高橋
1229
鈴木大
1122
屋敷
1075
井上慶
1035
2009年 羽生
11278
渡辺明
5605
深浦
4864
久保
3341
木村一
2942
森内
2728
佐藤康
2688
郷田
2632
阿久津
2570
山崎
2271
谷川
2187
丸山
1755
三浦
1598
藤井
1438
井上慶
1337
高橋
1257
森下
1250
鈴木大
1206
行方
1156
松尾
1061
2008年 羽生
10711
渡辺明
6252
佐藤康
6082
森内
3782
深浦
3497
木村一
2958
丸山
2544
久保
2402
行方
2068
郷田
1994
鈴木大
1840
森下
1799
谷川
1657
三浦
1502
山崎
1439

1392
阿久津
1382
藤井
1376
阿部隆
1257
高橋
1202
2007年 羽生
8132
渡辺明
8032
佐藤康
7927
森内
6721
深浦
3392
郷田
2994
久保
2680
木村一
2384
谷川
2350
丸山
1953
森下
1885
阿久津
1700
鈴木大
1585
藤井
1522
三浦
1433
阿部隆
1332

1248
中原
1235
高橋
1122
行方
1098
2006年 羽生
9376
佐藤康
7576
森内
6536
渡辺明
5654
谷川
3205
丸山
3116
藤井
2506
鈴木大
2277
郷田
2159
森下
1989
木村一
1925
深浦
1864
三浦
1587
久保
1485

1301
阿部隆
1295
井上慶
1233
高橋
1226
中原
1170
先崎
1152
2005年 羽生
10391
森内
7117
渡辺明
6194
佐藤康
5040
谷川
2844
三浦
2637
山崎
2299
木村一
2286
藤井
1981
深浦
1954
郷田
1934
丸山
1898
森下
1622
久保
1595
鈴木大
1479
阿部隆
1372
先崎
1356
中村修
1334

1327
中原
1220
2004年 羽生
11272
森内
10833
谷川
4673
佐藤康
4051
丸山
2785
渡辺明
2442
久保
2407
深浦
2384
森下
1785
三浦
1772
先崎
1728
鈴木大
1553
藤井
1512
中原
1468
郷田
1456
高橋
1422
山崎
1327
屋敷
1294

1220
神谷
1213
森内竜王名人
2003年 羽生
12910
佐藤康
5709
森内
5269
谷川
4291
丸山
3745
深浦
3330
三浦
2105
阿部隆
2049
中原
1850
久保
1818
青野
1750

1696
郷田
1655
藤井
1572
森下
1550
堀口一
1488
渡辺明
1472
木村一
1459
中村修
1395
鈴木大
1389
2002年 羽生
11048
佐藤康
5788
森内
4872
丸山
4405
谷川
4231
藤井
3417
郷田
2851
堀口一
2631
阿部隆
2563
森下
2371
中原
1773
木村一
1666
杉本
1575
青野
1536

1516

1480
高橋
1450
三浦
1390
中田宏
1365
田中寅
1337
2001年 羽生
11519
藤井
5823
丸山
5727
谷川
4846
森内
3992
郷田
3274
佐藤康
2567
久保
2440
中原
1881
森下
1818
木村一
1730
高橋
1705
中村修
1673
井上慶
1471
加藤一
1427
屋敷
1419

1399
田中寅
1386
青野
1385
深浦
1367
2000年 羽生
10595
谷川
6739
藤井
6503
佐藤康
4744
丸山
4137
森内
2729
中原
2427
鈴木大
2160
郷田
2086
森下
1882
青野
1695
加藤一
1652
田中寅
1609

1565
高橋
1423
井上慶
1356
1999年 羽生
7872
谷川
6769
佐藤康
6355
藤井
6146
丸山
5228
郷田
3801
森内
3138
中原
2377
森下
2144

2071
1998年 羽生
11466
谷川
9539
佐藤康
5737
郷田
4078
屋敷
2937
藤井
2705
中原
2408
森内
2352

2186
丸山
2059
1997年 谷川
11762
羽生
10182
屋敷
3555
中原
3156
森下
3148
佐藤康
2651
森内
2594

2307
真田
1997
高橋
1924
郷田
1488
谷川竜王名人
1996年 羽生
16145
谷川
5069
森内
3398
高橋
3111
佐藤康
3104
屋敷
2789
米長
2502
中原
2487

2482
三浦
2178
羽生六冠→七冠
→五冠
1995年 羽生
16597
谷川
5402
中原
4309
森下
3410
佐藤康
3372
米長
2591
有吉
2068
郷田
1980
高橋
1966
森雞
1905
1994年 羽生
11297
佐藤康
5513
米長
4732
谷川
4359
中原
3058

2512
阿部隆
2478
高橋
2231
郷田
1972
加藤一
1958
1993年 羽生
10063
谷川
5650
米長
4876
中原
4739
森内
2297
佐藤康
2191

2168
深浦
2109
郷田
1970
塚田泰
1925
羽生が初めて1位

将棋は先手が有利か[編集]

序・中盤の少しの差が勝負に直結することの多いプロの将棋においては、先手が有利、後手が不利なものであるとされてきた[6]。実際、日本将棋連盟が公式戦の統計を取り始めた1967年度以降、41年連続で先手番が後手番に勝ち越していた。象徴的なのは、羽生善治が初タイトル(竜王)を獲得した1989年度に、先手番での勝率が9割を超えたことである(29勝2敗で0.935)。また、「相矢倉は微差ながらも先手有利」という見解が大勢を占め始めた2000年頃から、谷川浩司は後手番のときにあまり矢倉を指さなくなった。

ところが、2008年度は初めて後手番が先手番に勝ち越し、それまでのプロ棋界の常識が覆った[7]

2009年度も8月12日対局終了時までで、後手番が先手番に勝ち越している。これはゴキゲン中飛車一手損角換わりといった、後手番での新しい作戦の誕生によるところが大きい。

年度 対局数 先手 後手
勝数 勝率 勝数 勝率
2000 2379 1237 0.520 1142 0.480
2001 2368 1228 0.519 1140 0.481
2002 2342 1263 0.529 1079 0.461
2003 2290 1228 0.536 1062 0.464
2004 2286 1266 0.554 1020 0.446
2005 2294 1217 0.531 1077 0.469
2006 2290 1194 0.521 1096 0.479
2007 2330 1238 0.531 1092 0.469
1967
~2007
80061 42091 0.526 37970 0.474
2008 2340 1164 0.497 1176 0.503
2009 795 392 0.494 403 0.506

(2009年度は8月12日対局終了時まで)

アマチュア将棋界[編集]

将棋のアマチュア棋戦」を参照。

コンピュータ将棋[編集]

コンピュータ将棋の力は年々高まっており、すでにアマチュアのトップレベルを負かし、さらにはプロとも熱戦を繰り広げられるまでに至っている。

詳細は、「コンピュータ将棋」を参照。

「将棋界の」を冠した言葉[編集]

「将棋界のいちばん長い日」[編集]

毎年3月頃の、A級順位戦の最終局(5局が同日に開催される)が行われる日を、俗に「将棋界のいちばん長い日」と呼ぶ。

約1年間かけて行われたA級順位戦リーグの最終日であり、名人挑戦者と2名の降級者が確定する可能性が高い(既に挑戦者や陥落者が決まっていることもある)ことや、大山康晴中原誠など現役晩年の名人経験者の陥落がかかっている場合は「負けたら引退か」という状況になることもあるため、プロ棋士をはじめとする将棋界からの注目が高くなる。当日はNHK BSプレミアム(2011年まではNHK衛星第2テレビジョン<BS2>)で中継が行われていたが、2013年スカパー!囲碁・将棋チャンネルBSスカパー!スカチャンに移譲して、全対局の完全ノーカット実況が実施された。

「将棋界の七不思議」[編集]

「将棋界の七不思議」は、将棋界において不可解なことの総称であって、「七不思議」とは名ばかりに特に数は決まっておらず、個人の成績・対局結果にまつわるものが殆どである為、内容も流動的である。以下にその具体例を挙げる(いずれも2014年5月16日現在)。

  • 順位戦A級・竜王戦1組のいずれも経験した井上慶太が、タイトル棋戦で挑戦者決定戦にさえ進出できないでいること(2013年度までにA級を経験した現役棋士の中では、井上が唯一の例[8])。
  • 順位戦A級・竜王戦1組・タイトル獲得の全てを経験した、トップ棋士同士である丸山忠久島朗の対戦成績が1990年の初手合い以来、丸山の18連勝と一方的になっていること(対局一覧は島朗#人物を参照)。
  • 王位戦挑戦者決定戦に2年連続で出場・竜王戦で初参加以来5年連続昇級などの秀逸した実績を有する橋本崇載が、タイトル挑戦・棋戦優勝・将棋大賞受賞のいずれもできずにいること[9]
  • 二日制のタイトル戦で力を発揮する傾向のある森内俊之[10]が、同じ二日制の棋戦である王位戦では一度もタイトル登場に至っていないこと[11]
  • 竜王ランキング戦1組の優勝者が、竜王位奪取に至っていないこと(2011年度の第24期で4度目の1組優勝を果たした丸山忠久が挑戦者となるまでは、挑戦権すら得られずにいた)。
  • 竜王戦七番勝負の第3局で、2002年度の第15期以降、後手番の勝ちが続いていること。
  • 女流棋戦マイナビ女子オープンにおけるタイトル五番勝負で、フルセット(2勝2敗で第5局を迎える)となったことが2007年の設立以降一度も無いこと。

以下は、かつて「将棋界の七不思議」の一つとされていた事柄である。

  • 森下卓が6回もタイトルに挑戦しながら、全て獲得に失敗したこと。→ 6回目の挑戦となった1997年の第22期棋王戦以降、タイトル戦登場に至らない状態が続いている。
  • 長考派で有名な加藤一二三が、一方で「1分将棋の神様」とも言われ、さらには早指し戦のNHK杯戦で7回優勝したこと[12][13]。→ 7回目の優勝となった1993年度の第43回以降、優勝に至らない状態が続いている。
  • タイトル戦に13期出場し棋聖及び王位を各2期獲得、一般棋戦における優勝のべ13回、竜王戦1組通算3期、順位戦A級通算17期と秀逸した棋歴を有する内藤國雄が、名人戦七番勝負へ一度も挑戦できなかったこと。→ 1992年度以降、名人位挑戦の前提条件となる順位戦A級在位を満たせない状態が続いている。

その他、過去に「七不思議」とされていたが、当事者の対局結果に基づき解消された事柄も多数ある。

脚注[編集]

  1. ^ プロ編入試験で合格した花村元司瀬川晶司は例外である。また、瀬川の一件をきっかけに、フリークラス編入制度や奨励会三段編入制度などが制定された。
  2. ^ 新進棋士奨励会における女性の段級位としては里見香奈の三段が最高。
  3. ^ 囲碁界では、将棋界の一般棋戦に相当する棋戦での優勝も「タイトル」と呼ぶ。それゆえ、将棋界のタイトル戦に相当する7つの棋戦のことを「七大タイトル戦」と呼ぶ(棋聖戦 (囲碁)名人戦 (囲碁)本因坊戦十段戦 (囲碁)王座戦 (囲碁)天元戦碁聖戦)。
  4. ^ ただし、棋聖戦早指し将棋選手権は過去に、1年に2度行われていた。
  5. ^ 棋士には日本将棋連盟の職員として給料が支払われるが、女流棋士の場合は給料はない。
  6. ^ 例えば、「将棋世界」2006年9月号で片上大輔が「将棋は先手有利なゲーム」と述べている。
  7. ^ 2008年度公式棋戦の対局で、統計開始以来初の後手番が勝ち越し!(日本将棋連盟)
  8. ^ 2012年度に竜王戦1組昇級、2013年度に順位戦A級昇級を決めた阿久津主税も、2013年度終了時点で井上と同様にタイトル棋戦で挑戦者決定戦に出場した経験がない。ただし阿久津は、準タイトル戦とされた朝日オープン将棋選手権の第25回(2007年)で挑戦者となっている。
  9. ^ ちなみに、橋本はタイトル挑戦・棋戦優勝・将棋大賞受賞を経験しないまま、第70期順位戦で最終局を待たずしてA級昇級を内定させたが、これは田丸昇以来、史上2人目の珍記録である。
  10. ^ 森内は2014年3月現在で、タイトル戦に22期登場しているが、そのうち17期が二日制のもので、延べ11期獲得(防衛)を遂げた。しかし、延べ5期登場した一日制のものでは、1期しか獲得できずにいる。
  11. ^ 森内の王位戦における最高成績は、第42期(2000~2001年)の挑戦者決定戦出場である(屋敷伸之に負け)。
  12. ^ 同じく早指し棋戦の早指し将棋選手権でも3回、JT将棋日本シリーズでも2回優勝している。
  13. ^ ただし、長考派の棋士は終盤での秒読みの将棋に自信があるからこそ、長考による持ち時間の消費を気にしないということは、よく言われることである(たとえば、NHK杯戦での解説・聞き手の発言など)。加藤以外には、たとえば、郷田真隆(特に若手時代)も同様の傾向がある。

関連項目[編集]