梶山正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

梶山正(かじやまただし、1959年 - )は長崎県出身の写真家である。

人物[編集]

高校在学中に山岳部のメンバーとして活躍。学を中退後、24歳の時にヒマラヤに登山後、インド各地で旅生活を送る。帰国後は京都でインド料理店を営み、店の客で、後にNHK衛星ハイビジョン猫のしっぽ カエルの手 京都 大原 ベニシアの手づくり暮らし」でお馴染みになるベニシア・スタンリー・スミスと出会い結婚。[1996年]]から大原に移住している。

山岳写真を専門で雑誌などに掲載しているが、最近では妻であるベニシアのハーブガーデニング里山暮らしに関する著書の写真翻訳も手掛けている。

著書[編集]

  • 『ベニシアのハーブ便り 京都・大原の古民家暮らし』(2007年世界文化社
  • 『ベニシアの京都里山日記 大原で出逢った宝物たち』(2009年、世界文化社)
  • 『ベニシアの京都里山暮らし 大原に安住の地を求めて』(2009年、世界文化社)
  • 『猫のしっぽカエルの手 ベニシアの手づくり暮らし 春・夏編』(2010年、世界文化社)
  • 『猫のしっぽカエルの手 ベニシアの手づくり暮らし 秋・冬編』(2010年、世界文化社)

外部リンク[編集]