梨状筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
梨状筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 仙骨神経叢
部位
体肢筋
下肢の筋
下肢帯筋
外寛骨筋
ラテン名
Musculus piriformis
英名
Piriformis muscle

梨状筋(りじょうきん、piriformis muscle)は人間仙骨筋肉股関節の外旋を行う。

数個の筋尖で仙骨の前面、前仙骨孔の外側および坐骨の大坐骨切痕の縁から起こり、大坐骨孔を通って大転子先端の内側面で終わる。

梨状筋と上双子筋、下双子筋、外閉鎖筋、内閉鎖筋、大腿方形筋はあわせて深層外旋六筋あるいは6外旋筋と呼ばれる。いずれも骨盤帯に付着しており、股関節を外旋させる。また、これらの筋は深層に位置するため触診はできない。 通常、坐骨神経は梨状筋と上双子筋の間を走っているが、梨状筋を貫くように走っている場合、梨状筋をはさむように走っている場合もある。


関連項目[編集]

梨状筋