桜木花道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

桜木 花道(さくらぎ はなみち)は、井上雄彦漫画作品およびそれを原作とするアニメSLAM DUNK(スラムダンク)』に登場する架空の人物。アニメでの声優は草尾毅

プロフィール[編集]

  • 所属:湘北高等学校1年7組
  • 身長:188cm→189.2cm
  • 体重:83kg
  • 誕生日:4月1日[1]
  • 背番号:10
  • ポジション:パワーフォワード
  • 着用シューズ:体育館シューズ→NIKE AIR JORDAN VI(白×赤)→NIKE AIR JORDAN I(黒×赤)
  • 靴のサイズ:28.0cm→30.0cm[2]

人物[編集]

本編の主人公。和光中学時代、50人の女性に告白したが全て振られ、50人目の相手である島村葉子の好きな相手が「バスケット部の小田君」だったためにバスケットボールが大嫌いになる。しかし、湘北高校に入学した直後に同学年の女生徒である赤木晴子に話しかけられた際、彼女に一目惚れし誘われるがままにバスケ部へ入部する。晴子の兄でバスケ部主将の赤木剛憲にしごかれ、毎日退屈な基礎練習ばかりやらされるが、次第にバスケの面白さに目覚め、その才能を開花させてゆく。

気性が激しく粗暴で、しょっちゅう周囲と衝突してはトラブルを巻き起こすトラブルメーカー。非常に生意気で傍若無人なワガママを繰り返し、バスケ部のチームメイトたちを大いに困惑させる。暴力を振るうことも多く、キレて暴れると手がつけられないほど凶暴になる。赤木はそんな彼を抑えることができる数少ない人物である。和光中学出身の元不良少年で、中学時代は喧嘩に明け暮れていた。喧嘩の強さは作中でも最強クラスであり、得意技は頭突き。なお、友人の通称「桜木軍団」こと水戸洋平、高宮望、大楠雄二、野間忠一郎の4人は中学時代からの不良仲間[3]。真っ赤な髪の色で、初期は逆立てたリーゼントであったが、海南戦で自分のパスミスで負けたことを自分を責め悔やんで反省の意味を込めて[4]坊主頭になった[5]

自信家および自意識過剰で、すぐに図にのる。物語冒頭の赤木との勝負に勝った[6]ことがきっかけで調子にのり、自身を「天才」と自称するようになった。

一方で、感情を外へ発散せず自身の中へ溜め思いつめる一面もあり、桜木軍団は彼の性格について「赤い髪してるくせに内向的」と語っている。緊張に弱く自分のミスでチームに迷惑をかけたことを気にするなど、繊細さを見せることもあった。女性に振られた直後や試合で退場した翌日などは深く落ち込んだりすることもあるが、晴子の優しい励ましがあればすぐに立ち直る。また妄想癖があり、しばしばスタープレイヤーになった自分や、愛しの晴子に惚れられるなどという妄想に浸って我を忘れることもある。妄想の中では晴子など好意を持っている人物以外は、猿などの動物に貶めた散々なイメージで登場させる。

他人への礼儀をろくに知らず傍若無人な振る舞いをするため、たびたび赤木に鉄拳制裁を受ける。口の悪さで年上や教師が相手でもタメ口で話すが、晴子や彩子など女性の前では実に腰が低く、言葉遣いも敬語になる[7]。清田に「黙って試合できねーのか」と言われるほど試合中によく突っかかる。

非常に目立ちたがり屋のため、ダンクシュートなどの派手なプレーやリバウンドなど試合の鍵となる重要なプレーを好み、フットワークなどの地味な基礎練習を嫌う[8]。入部した直後、退屈な基礎練習ばかりの毎日に耐えかねて、赤木との衝突の末、バスケ部を辞めると宣言し抜け出したが、再びバスケ部に復帰して舞い戻るも相変わらず基礎練習には文句を述べ続け、やっとシュート練習をさせてもらうようになってもレイアップシュートのことは「庶民のシュート」などとバカにしていた。しかし、シュートの練習はドリブルやパスの練習に比べると楽しいらしく、ゴール下シュートの練習においては基本が大事ということを理解し文句一つ言わずに一日合計600本もの本数をこなした。

「ゴリ」(赤木)、「ボス猿」(魚住)など、チームメイトや他校の選手に、その特徴を突いた失礼なあだ名をつけ、自分だけで勝手にそう呼び続ける[9]

学業の成績は極端に悪く、1学期終了時に赤点が7つあった[10]。その後、赤木宅にて死にもの狂いで勉強し、追試をギリギリで合格した。普段の授業態度も悪く、授業中も平気で居眠りし、教師から目の敵にされている。

大食いであり、2万本シュート合宿時には学生食堂でカツ丼大盛、コロッケ、サンマ、焼そば、ホイコーロー、ラーメン、パックの牛乳を一人で注文して全てたいらげ、さらにはカツ丼をおかわりしていた[11]。また、アニメでは翔陽戦から数日後、ラーメン5杯を食べた後の場面がある。

憧れの晴子が流川に片想いだと知りこれが発覚した際、高校で1人目、中学から通算して51人目のフラレ記録を樹立したことにより、花道のフラレ唄募集の企画が行われた。作者は半分冗談のつもりだったが、自作の録音テープなど多数の応募があった。これがきっかけとなって素人ながら身の程知らずにもスタープレイヤーの流川に強烈なライバル意識を抱くことになる。流川の性格の不愛想さも手伝って、両人はしょっちゅう衝突を起こしてはチームメイトを困惑させ、「湘北名物イジのはりあい」と称されている。流川の実力については「中学レベル」などと嘲り、意固地になって頑固に認めようとしない。流川に対するライバル意識はバスケ部におけるユニフォームの背番号にも現れており、10番は当初、流川が受け取るはずだったのだが「流川より下の背番号はイヤだ」とワガママを言って拒否し、散々もめた末に木暮の提案で流川から背番号10を強奪し結果的に自身は10番、流川は11番のユニフォームを着ることとなった。試合中でも流川との連携を頑なに拒み、作中において彼が流川に自らの意思でパスを出した[12]のは海南戦で清田、武藤、高砂の3人に取り囲まれた時にやむなく出したものと山王戦終盤の2回しかなく、どんなピンチでも流川にはパスを出し渋る[13]。但しIH予選の海南戦においてアウトオブバウンズ寸前のボールを海南ベンチに飛び込んで海南ボールになるのを回避したルーズボールが偶然流川に渡った事はありその際「ルカワ・・マグレでも何でもいいから決めろ」と鼓舞している。反対に流川からパスを受けた事は山王戦終盤の1度しかない。しかし、物語の後半では表面には決して出さないが、徐々に流川の実力を認めるようになった。

仲間意識が強く、豊玉戦で流川が南のラフプレーにより負傷した際には、流川が犬猿の仲である相手にもかかわらず反射的にベンチから飛び出して南に詰め寄り、乱闘寸前になるほど激怒する[14] など、無意識に友情を伺わせる場面があり、三井がバスケ部に殴りこみをかけたときも殴られた仲間を心配したり、怒りを露わにしている。なお、流川・リョータ・三井とのカルテットは「(バスケ部の)問題児軍団」とも呼ばれる。

家族については、中学時代の回想シーンで自宅に戻ると父親が発作のような状態で倒れている描写があったが、父親以外の家族構成や家庭の状況などは不明。父親が倒れた後のことについても触れられていないが、しかしその事が教訓となりシュート練習の付き添いで倒れた安西を適切な判断で救急車を呼んで病院に搬送した。住居については中学時代の時点ではアパート暮らし。

山王戦にて捨て身でボールを追いかけた際、背中を強打し重傷を負うが、本人の強い希望で激痛に耐えながら最後まで試合に参加する。だが、その怪我が原因でバスケが出来なくなり、現在苦しいリハビリに耐え、再びコートに立つ日を目指している。

山王戦での勝利を決めたブザービーターで放った”左手はそえるだけ”というセリフは今では名言となっている[15]

プレイスタイル[編集]

驚異的な身体能力の持ち主で、パワー、スピード、スタミナはいずれも一級品。垂直跳びは目測で1m以上。最高到達点は赤木をも凌ぎ、到達までの時間も早いので、魚住のダンクを赤木の上からブロックするほど。特筆すべきこととして連続して最高到達点にジャンプ可能で、滞空時間も長いため安西や花形、河田らが息を呑むほどであり、リバウンドを取りまくる[16]。相手をブロックするほどのジャンプをしてからも、着地後すぐにチームの先頭を切って走れる点も河田に注目されている。初期にはゴール前で目にもとまらぬ速さで連続ジャンプし、分身したかのように立ちはだかって壁を作ってシュートコースを全てふさぐという超人的なディフェンス(フンフンフンディフェンス)を披露した。1年にも関わらず走り回ったりパワープレイを繰り返しても尽きないスタミナ、上記のような驚異的な身体能力、様々な技術を的確に身につける底知れない素質は、監督の安西・他校の主力選手や監督も非常に高く評価した。自らも「ゴール下の覇者」と自惚れ、その能力は高校バスケ界の絶対王者と評された山王工業にも通用し、山王の監督である堂本が花道の働きを封じるために河田をマンツーマンで当たることを指示するほど、リバウンダーとしての活躍を見せた。海南の神は花道を抜いてシュートしようとした矢先にすぐに回り込まれてブロックされた事が脳裏に焼きついたと語る。前述のリバウンドのほか赤木やリョータから教わった「ハエタタキ」や「フェイク」などを得意技とする[17]。 そのような驚異的な身体能力を有する反面、過去にバスケ経験が一切無い「初心者」であるため、パス、ドリブルなどの基本的な技術に関しては未熟な面も目立つ。プレイスタイルは荒削りもいいところで、本人もそのことを気にしており、「素人」と馬鹿にされると激怒する。また、バスケ用語や細かいルールに関しても知識不足で、試合中にチームメイトから耳打ちして教えてもらうこともあるほど。しかし、集中力が増した時のプレイは常軌を逸しており、なめてかかった相手は手痛いしっぺ返しを食らっている。

成長スピードにも目に見張るものがある「未完の大器」だが、この成長の裏には隠れた努力と彼なりの工夫があり、不良少年らしからぬ努力家でもある。インターハイ予選で4試合連続退場を記録した後は、県内一の高さを誇る翔陽相手にリバウンダーの才能を開花させ[18]、続く海南戦では赤木の負傷がきっかけとなり、これまで自分が目立つプレイばかりを求めてきたが「誰かのためにプレイをする」ということを覚え始めていき、「抱えたボールを下から掬うように投げる」という特異なフリースローフォームを編み出した事で、それまでは一度も入らなかったフリースローも克服した[19]。さらに、この予選期間中にゴール下シュートの特訓も積み修得、攻撃にも参加するようになる。そしてインターハイ直前にも2万本という凄まじいミドルシュート練習をやりぬき、ミドルシュートをも習得した。その甲斐もあって、山王戦では安西に「湘北の武器」と言わしめた。バスケ部入部からわずか4ヶ月後の山王戦のラスト、流川からのパスで逆転のブザービーターを決めた。なお、山王戦までの公式戦(神奈川県大会8試合と豊玉戦)に陵南との練習試合を合わせた10試合の合計で、湘北は1005得点を記録しているが、その中で桜木の得点は僅か25得点に過ぎなかった。しかし、山王戦では2桁得点を記録している。また、ボールハンドリングは入部当初からかなりの腕前であった。退場や怪我、戦術上の問題などから作中の公式戦で40分フル出場の経験はない。山王戦で背中を負傷してしまい、インターハイ終了後は療養中。原作終了後の黒板漫画ではリハビリを続けながら、アメリカ進出の野望を見せている。

気性が荒く、普段の練習態度も悪い上に、試合中でもたびたびトラブルを起こして周囲を困らせる。逆上した彼を抑えることはチームメイトが数人がかりでやっても難しく、彼をおとなしくさせることができる人物は赤木・彩子・安西など非常に限られている。桜木軍団は物語終盤まで、桜木が逆上して試合をブチ壊す事態を懸念していたが、バスケの魅力に気がつき競技にのめり込み習熟していったことで、後に気性の荒さを多少は制御できるようになった。

試合中に繰り出すプレイは観客を味方につける力があり、湘北ファンが少なかった翔陽戦や海南戦、山王戦などにおいても、彼のプレイがきっかけになることにより会場を湘北応援ムードに変えることができた。特に山王戦では傍若無人な勝利宣言で大ブーイングを受けていながら、危険を顧みず記者席に突っ込みながらルーズボールを奪った事で、ほとんど山王ファンしかいなかった観客の心を動かし、ゲーム後半では会場が割れんばかりの声援が飛んでくるほどのムードに変えた。また、武里戦では試合開始前にその姿が見えなかった[20]ことで、観客席では「オレはあいつを見に来たのに」と落胆している観客もいた。続く陵南戦では試合開始前の選手紹介で大歓声を受け、「名物男」とまで言われていた。また、インターハイ予選の陵南戦の発端で、通常起こらない「バスケットインターフェア」[21]というバイオレーションを起こし、彼の身体能力がいきなり度肝を抜いた。ただし、流川親衛隊のメンバー達からは嫌われ抜かれており、試合中に味方であるはずの彼女たちから「帰れ!」「ひっこめ!」などとブーイングを浴びせられたこともあった。

山王戦では美紀男がゴール下でしか得点できないことを見抜いてディフェンスを行ったり、沢北の行動を読み、対抗策を赤木に進言するなど、意外に頭脳的な面も見せる[22]

インターハイ予選での5試合連続退場のほか、決勝リーグの陵南戦では自殺点を取った[23]り、陵南のカウンターを勢い余って股間で受けてしまったり、山王戦では沢北のブロックを顔面で受けてしまい、撥ね返ったボールが得点になったりなど、珍プレーも多い。スキルの吸収も早いのだが、素人ゆえ安定して成功はせず、レイアップシュートも作中の最後までしばしば失敗し、リバウンドやミドルシュートについても練習明けにはすぐコツを忘れてしまっていた。海南戦では牧に自らマークを買って出させ、さらにラスト19秒でブロックを行おうとした牧から会心のファウルをもらい、逆転のチャンスを作り出した。ただし、彼は強い相手でないと実力以上のものが出ないらしく、同じく海南戦では試合出場経験なしの宮益につかれたところ、マスターする前だったとはいえ、ゴール下シュートをことごとく外していた。

脚注[編集]

  1. ^ 『SLAM DUNK』23巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1995年、47頁、ISBN 4-08-871843-7
  2. ^ NIKE AIR JORDAN I(黒×赤)のサイズ。本人は「NIKE AIR JORDAN VI(白×赤)が小さくなった」と語ってはいるが、正確な足のサイズは不明。
  3. ^ 晴子の親友の藤井によると、花道たちは「このあたりの不良の総元締めだった」という。
  4. ^ 責任を巡って流川と衝突し
  5. ^ しかし髪の色は赤のままのため、余計怖くなったと評された。通学途中の電車内では、他校の不良ですらその容貌に恐れて隣の車両に逃げ出し、しばらくはバスケ部をはじめ学校中の注目の的となったが、晴子だけはそんな容貌に対しても可愛いと褒めていた。
  6. ^ ただし、花道のほうはハンデとしてボールをラグビーのように手に抱えてドリブルなしで走り回っても良かったうえ、ファウルとされる行為も不問にされた。
  7. ^ アニメでは流川ファンの女生徒に一方的にボコボコにされるシーンもあった。
  8. ^ インターハイ予選終了後も基礎練習を義務づけられていることに文句を言っている。
  9. ^ ただし、流川や仙道、桜木軍団など、ライバルや親友にはあだ名で呼ばない。ただし、流川を「キツネ」と呼ぶ事はあるほか、相田彦一のことも名前で呼んでいる。
  10. ^ 本作中に詳細な理由は明記されていないが、湘北高校では赤点4つ以上取るとインターハイに行けなくなる。
  11. ^ アニメでは晴子に手作りサンドイッチも貰っている。なお高宮曰く、その際の支払いはすべてツケとのこと。
  12. ^ 間違えて出したものは除く。
  13. ^ 対戦相手にとって、得点力の高い流川に出すことはセオリーのはずであり、花道のこのような行動はディフェンス時は必ず流川をマークしている相手にとって理解不能の事態に映る。
  14. ^ なおこの際、勝手にチームベンチ・エリアから出たことでテクニカル・ファウルの判定を受けた。
  15. ^ 後に獣電戦隊キョウリュウジャー(ブレイブ32)にて桜木役の草尾が声を当て、スポーツをモチーフにしたデーボ・スポコーンがバスケットボールでキョウリュウジャー達を攻撃する際に同じセリフをセルフパロディで呟いている。
  16. ^ 劇場版の津久武戦では、県大会タイ記録となる22リバウンドを記録した。
  17. ^ 劇場版第3作では、マイケル沖田をフェイクで抜き去ったことを当のマイケルに感心され、調子に乗った。
  18. ^ アニメ版では、翔陽の一つ前の試合の津久武戦でその片鱗を見せたことになっている。
  19. ^ 作中では「往年のNBAの名選手であるリック・バリーのフォームと偶然一致した」と説明されている。
  20. ^ ゴール下シュートの練習を行い寝坊したため。結局、試合終盤に遅れて登場したものの出場機会は与えられなかった。
  21. ^ 2005年のルール改正で「インタフェア(もしくはインターフェア)」という名前になっている。
  22. ^ その他、陵南戦でラスト数秒のダメ押しのダンクを決めた後に気を引き締めながら「仙道が狙ってくるぞ」と赤木らに的確な合図を送っている。
  23. ^ 赤木はそれをアグレッシブに取りにいった結果として咎めなかった。

関連項目[編集]