桜井純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

櫻井 純(さくらい じゅん、英語名Jun John Sakurai1933年1月31日 - 1982年11月1日)は日本出身のアメリカ合衆国の理論物理学者である。東京都出身で、日本の新制高校に在学中、1949年に留学生選抜試験に合格してアメリカに渡り、セントルイスのトマス・ジェファーソン高校に入学。翌年、ニューヨークのブロンクス科学高校に転校し、1951年に卒業。1955年、ハーバード大学を最優等で卒業。1958年、コーネル大学大学院で博士号を取得。プリンストン高等研究所でのポスドク生活を経て、1959年、シカゴ大学の助教授となる。1964年、シカゴ大学教授となる。1970年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校へ転任。

素粒子物理学における統一理論の先駆けとなる研究で頭角を現し、大学院生向けの教科書の著者としても知られたが、欧州原子核研究機構(CERN)滞在中にジュネーヴで亡くなった。

論文・著書[編集]

  • Invariance Principles and Elementary Particles, (Princeton University Press, 1964) .
  • Advanced Quantum Mechanics, (Addison Wesley, 1967).
  • Modern Quantum Mechanics, (Addison Wesley, 1985).
『現代の量子力学』(物理学叢書)(吉岡書店、1989年)上:ISBN 4842702222、下:ISBN 4842702257
『サクライ上級量子力学〈第1巻〉​輻射と粒子 』,『サクライ上級量子力学〈第2巻〉​共変な摂動論』(丸善プラネット,2010年)

関連項目[編集]

  • J・J・サクライ賞 - アメリカ理論物理学会により理論素粒子物理学の貢献に与えられる賞

外部リンク[編集]