桜井章一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さくらい しょういち
桜井 章一
本名 桜井 章一
別名 雀鬼、会長
生年月日 1943年8月4日(70歳)
出生地 日本の旗 日本東京都世田谷区下北沢
国籍 日本の旗 日本
職業 経営者雀士著作家
ジャンル 麻雀自己啓発ギャンブル
公式サイト 雀鬼会 オフィシャルサイト
主な作品
漫画
shoichi
雀鬼
著書
人を見抜く技術
無敗の手順

桜井 章一(さくらい しょういち、1943年8月4日 - )は、東京都下北沢生まれの経営者雀士著作家雀荘の経営、麻雀の自伝・自己啓発の分野で書籍の出版に携わっている。

1960年代に麻雀の代打ちになり20年間無敗のまま引退したとされるが、その真偽は定かではない。1988年3月28日に「雀鬼流漢道麻雀道場 牌の音」を開設。1991年に「雀鬼会」という組織を作り、桜井章一の雀風や生き方を意味する「雀鬼流」を指導している。牌の音は町田に道場がある。現在は閉店しているが、下北沢と札幌に牌の音2号店があった。近年は、雀鬼流の指導者としても引退をほのめかしており、牌に触れないことも多い(近代麻雀での連載より)。

エピソードと評価[編集]

卓上の展開を読む力[編集]

同卓した人の待ち牌・ツモ牌・捨てる牌・和了点数・次に和がる人間・裏ドラなどを的中させるエピソードが多々登場する。弟子との対局中、リーチ宣言牌での和了・和了時の役や和了牌を同一にし続けるなど一般の麻雀愛好家が狙っても出来ないエピソードが日常茶飯事だとされている。ただし「無敗の手順」「麻雀に愛される「感性」の法則」などに掲載されている自身が対局したものに関する展開の解説については記憶を頼りに答えており、その信憑性は客観的事実により保証されていない。また土田浩翔目線の対局映像(ビデオ)を見て小島武夫のリーチの待ちを即答し正解するなどしているが部分的である(この時は桜井の前で編集者が牌譜を持っていた。そのため除き見た可能性もある)。結局、桜井章一のこの超能力(?)と呼ぶに値する力については桜井章一が雀鬼会以外の対局や解説をすることが少ないため真偽を判断するに足る証拠は今もって不十分である。

麻雀大会[編集]

雀荘での大会では必ず優勝し続けたので桜井章一に大会の半分だけ出場という案を出した所、更に2000点より上の和了を無効にするという条件を本人が出したが優勝してしまい以後裏プロの出場が禁止されるという事態になったという。しかしながらこのエピソードの真偽は不明である。船上で行われた近代麻雀開催の麻雀大会では2位という結果で終わっている(本人談ではこの大会では和了点数を3900までと決めていた)。しかし優勝者がゲスト(将棋棋士の森雞二九段)ということで優勝を辞退したので繰り上げ優勝になった。

役満[編集]

一晩で九蓮宝燈以外の役満を全て和了したという話がある(その際にイカサマをしたかどうかについては語られていない)。九蓮宝燈が嫌いな桜井は九蓮宝燈の牌姿をただの清一色で和了しようとしたが「九蓮宝燈ですね」と指摘されたため止む無く九蓮宝燈として和了処理してしまったという。牌の音スタッフには役満直撃の洗礼があるようだ。ただし以上の事柄については証明するに足る証拠は今もって存在しない。

超能力[編集]

人を見る能力相手[編集]

人を見ればある程度のことが分かるという。例えば泥棒がその日に窃盗をしたかどうか、どういう生き方をしてきたかというのも分かる、と自著で述べられているがその能力を証明したことは無い。漫画家の高梨くみが霊能力者(木津龍馬)に頂いたアクセサリーを身に付けて(右手中指)麻雀を打っていたところ経緯を伝えていないにも関わらず「そんなものに頼っていては自力が付かないぞ」と指摘することもあったという。

予知能力[編集]

公式サイトや雑誌などの発言は後出しばかりで信憑性や精度に欠けるが、ヒクソンの身内に降りかかった不幸の予知をし(夜中に妻を起こして話した事になっているが、みやわき心太郎の漫画では茶の間で妻に話している)東日本大震災の数日前にはスニーカー等を用意していた。しかし震災が起きて一ヵ月後の発言である。イチローの2011年度大リーグ安打記録を186本で終えると春先に予言(実際の記録は184本)していた。しかし当該シーズン最終戦後の9月30日のブログ上での発言である。 また2011年将棋の名人戦では新聞に載っていた羽生善治の写真を見ただけで羽生善治の敗北がわかってしまったと語っているが、これも名人戦が終わってからの発言である。

また最近では(2012年5月)オフィシャルサイトで「目に見えないものを感じる」「目に見えないものが見える」と発言している。この発言は後に起きる事件や出来事に当てはめようとしているのではないかと言われている。

身体能力[編集]

高身長である。現在は膝を痛めていることや老化に伴い激しい運動は出来ない模様。体の使い方に関しては武術を研究している甲野善紀氏が正中面が立っていると評することから体のバランス感覚が良く、また体の使い方を学びにプロレスラーである中邑真輔が習いに来たことがある。

実力と評価[編集]

桜井が、現役で活躍した時代には全自動麻雀卓がなく、ゲーム中は麻雀牌の扱いは全て手動で行う手積み麻雀が主流だった。手積み麻雀時代には、積み込みやすり替えといった「裏技・裏芸」と呼ばれる不正行為をする人物がいて、それに対抗するための高度なイカサマ技術を身につけている。ただし本人は「あくまでプロのたしなみの一つであり、見せびらかすのはもちろん、暗黙の了解がないような真剣勝負では使ってはいけない」と語っているが実際は喜ばせるために素人相手にもつかっており桜井自身の演出的発言である。

イカサマをせずに打った場合の結果は、近代麻雀の開催する船上麻雀大会では優勝者辞退の繰上げ優勝。1984年の『近代麻雀』の誌上対局では、金子正輝飯田正人を相手に、半荘2回をトップで勝利している。エンペラー戦では井出洋介・金子正輝・馬場裕一・片山まさゆきを相手に優勝。ツカンポ日記というビデオでは井出洋介・馬場裕一・片山まさゆきを相手に半荘1回のみの勝負だがトップを取った。灘麻太郎を相手に1勝1敗(灘より上か下かで勝敗)。北海道で行われた土田浩翔主催の雀鬼祭では3連続トップで終了。麻雀ゴラク誌の創刊記念大会「天聖戦」では12人中5位の次点で予選敗退している(優勝は黒鉄ヒロシ)。

引退後は、指導者として活躍しているが、弟子の活躍で目立った者は、最強戦で弟子の佐々木秀樹(4期)・山田英樹(5期)と連続で優勝している。

麻雀プロの評価としては、阿佐田原作の映画「麻雀放浪記」で麻雀指導を桜井がした。なお桜井関連の書籍では桜井だけが麻雀指導をしたように書かれているが他には桑原靖太(メイン指導)と荒正義も麻雀指導をしている。伊藤優孝は「会長は超能力者」と表現している。

三家和を見越した上で当たり牌を切り、流局に持ち込んだ件については、「リーチ麻雀論改革派」(天野晴夫著、南雲堂)では批判的論評をされたが(三人目の和了宣言してない相手の手牌を強引に腕で倒して開けた)これも当たり牌を完全に読みきるだけの実力を持っているとすれば逆に驚異的であるとも言える。

彼が提唱する雀鬼流麻雀の戦術に関する評価は様々で、一方では数学的・科学的根拠に乏しくデジタル雀士を中心に多くの批判的検証がなされ、また一方では経験則に基づく戦略として賛同する意見もある。

「代打ち」という裏稼業の存在や桜井が代打ちであったこと、20年間無敗であったかどうかを疑問に思う人間が多々いるのも事実であったが2012年2月12日の公式サイトで「あれはガセネタ」と記述。ついに告白したかと一部で話題になるが、よくよく文章を読むと、「孫におもちゃの刀でボコられた」→「20年間無敗はガセネタ」という桜井流の自虐的ジョークであった。

裏プロ同士の対戦でしか裏技(イカサマ)は使わないと言っているが麻雀新撰組との対戦で使ったり素人にも使っていた。また、テレビ出演した際も他の出演者に求められて元禄積みや多牌待ちを披露している。

伝説の雀鬼やショーイチやVシネマでの治外法権麻雀の話は桜井の経歴や子息の年齢と合わせると矛盾しており嘘の可能性が高い(無給で10年働いていた経歴、会社設立の時期や子息の年齢のすべてが話と合わない)

羽生善治との交友については、第83期羽生善治棋聖就位式に出席しており、近年も親交があることが確認できる。

影響[編集]

麻雀界では、漫画やDVD、著書などを通じて、広く知られている。造語の「死にメンツ」、「和がりやめ」というルール、全員から場代を取る決まりなど、麻雀界に定着しているものは多い。

戦術[編集]

桜井の戦術は、実戦性が高く、伊藤優孝土田浩翔安藤満片山まさゆき馬場裕一など、指導を受けた人がいた。その戦術は以下の通り。

  • ツモ重視
  • 意図的な迷彩をしない
  • 鳴きと門前は1対1
  • 満貫を基準に手を進める
  • ドラは聴牌か広いイーシャンテンになるまで切るな(後に、聴牌まで切ってはならないと規制が厳しくなる)
  • 100%攻撃(制約によりベタオリもあるが、全ツッパではなく攻撃を受けながらも攻撃する。正確には「攻めろ」と言うよりも「動け」と言う意味。動くことによって「流れ」は生まれる。ベタオリは流れを淀ませるからしてはいけない)
  • いい牌勢で降りてしまうぐらいだったら、振り込んでしまったほうがいい(点数以上に流れを殺すことを問題視している)
  • 最終形は立直
  • 点棒レベルの麻雀をしない(ぶっちぎりのトップでも常に上を捲くる気持ちをもって攻める)

競技麻雀より、赤入りのフリー麻雀やツモ有利でなおかつ勝負の早いブー麻雀に適した戦術である。フリールールに近い最強位戦では、桜井の弟子がこの戦術で2連覇している。勢いや流れを殺さない雀鬼流は、短期決戦では大きな威力を発揮した。この攻撃的な麻雀スタイルは、阿佐田哲也、小島武夫時代の迷彩や決め打ち、門前手役偏重の麻雀戦術、また堅い守備重視の競技プロ戦術とは異なるものだった。有名競技プロたちを圧倒した桜井戦術のインパクトは大きく、当時の『近代麻雀ゴールド』編集長が「プロ否定宣言」を出すほどだった。

桜井は、運には「天運」と「地運」があると考え、「天運」とは最初から持っている運(いわゆる世間一般で言うところのツキ)で、「地運」とは対戦中に努力で作る運だという。努力の積み重ねで地運が高まった状態を、「本流」と呼ぶ。努力の積み重ねで運を呼び込む麻雀観は、片山まさゆきなどの麻雀漫画に大きな影響を与えた。また、「人運」などの、努力や実力によらない部分で勝者が決まることがあってはならないという思想もあり、雀鬼会本戦においても、内容の悪い優勝に対しては祝賀会が中止されたり、総評が説教に終始してしまう場合も多々ある。

桜井の地運論は、数学的合理性に立つデジタル雀士からは、「全自動卓では前局の段階から次局の山は卓内で詰まれているので、前局と次局になんら関連性はない」と批判された。しかし、にもかかわらず桜井の地運論に理解を示す雀士は多く、阿佐田哲也や馬場裕一も「麻雀は運をやりとりするゲーム」だと述べ、安藤満は鳴きによって運を変える亜空間殺法を提唱している。これに対して片山まさゆきは、「オカルトとデジタルの対立は麻雀界に限ったことではなく、有史から続いている神秘主義と合理主義の対立である」と指摘している。

当初の雀鬼流は、フリー強者の桜井が若者に実戦的な麻雀戦術を指導しようという、純粋に強さを追い求めたものだったが、最近は人格形成を重視しており、その制約も実戦性と言うよりも、マナーやモラル、美意識を重視したものになっている。

語録[編集]

  • 麻雀は七対子に始まり四暗刻で終わる
  • 平常心を失うと「運」をもっていかれる。
  • 「失敗」=「負け」ではない。
  • 心温かきは万能なり
  • 揺れない心
  • 感性を育てよ。
  • 天は万人を平等に愛す。

メディア・出演作品・著書[編集]

テレビ[編集]

  • ニュースステーション
    遠方のファンの中学生のためにTV出演した。この日は麻雀の裏技(イカサマ)を披露した。牌山を積まれた状態からの映像なので積み込みとは言えないが、サイコロを他者が振り桜井氏の牌山からの取り出しで久米宏に三元牌を含む字牌が大量に配牌で入った。これは「大三元爆弾」というものである。後の展開があった可能性があるが久米宏が手牌をオープンにしたため後の展開はなかった。次に視線や積み方を自然にすることを強調した「元禄積み」を披露。最後に、瞬間的に待ち牌を変える「多牌打ち」を披露し、出される牌で次々にロンをした。
  • 爆笑問題のススメ
    牌の持ち方など独特の麻雀哲学を語った。その後、ニュースステーションの時と同様の「元禄積み」を披露した。
  • 雨ニモマケズ
    十人十色の答えということで、「合コンで盛り上がる方法」について映像インタビューで答えた。

ビデオ[編集]

  • 麻雀で10倍勝つ方法(上下巻)
  • 雀鬼シリーズ

TVゲーム[編集]

  • 「桜井章一の雀鬼流麻雀必勝法」SAMMY (1995/9/14)

著書[編集]

著書は麻雀よりも自己啓発の本のジャンルが多い。

1995年出版
  • 「超絶―真の強者になるための麻雀戦術論」竹書房 (1995/08)
1996年出版
  • 「雀鬼流。―桜井章一の極意と心得」三五館 (1996/05)
1997年出版
  • 「雀鬼に訊け―20年間無敗の奥義に迫る!!」竹書房 (1997/10)
  • 「伝説の雀鬼・桜井章一伝」幻冬舎 (1997/10)
1998年出版
  • 「雀鬼流の行動哲学―「狂」の時代を回避せよ」三五館 (1998/09)
1999年出版
  • 「心温かきは万能なり―桜井章一箴言写真集」竹書房 (1999/08)
  • 「超絶〈2〉雀鬼流麻雀の全て 心温かきは万能なり」竹書房 (1999/12)
2000年出版
  • 「無敗の手順―雀鬼・桜井章一の究極奥義」竹書房 (2000/07)
2001年出版
  • 「悪戯の流儀―雀鬼流・人生必勝の手順」青春出版社 (2001/03)
  • 「無敗の手順―雀鬼・桜井章一の究極奥義〈2〉」竹書房 (2001/05)
2002年出版
  • 「なぜあの人は強いのか」東洋経済新報社 (2002/09)
2003年出版
  • 「強さの奥義―雀鬼流・人生道場」青春出版社 (2003/01)
  • 「逆境を乗り切る方法 瞬間力―「20年間無敗」の雀鬼に訊く93の質問」竹書房 (2003/12)
2004年出版
  • 「我れ、悪党なり―20年間無敗の雀鬼、日々を語る」竹書房 (2004/02)
  • 「運に選ばれる人 選ばれない人」東洋経済新報社 (2004/2/27)
  • 「雀鬼流 勝負牌の選び方 選んで良い牌悪い牌―20年間無敗の雀鬼・桜井章一が選ぶ究極の何切る!?」竹書房 (2004/11)
  • 「20年間無敗の雀鬼が明かす「勝負哲学」」三笠書房 (2004/11)
  • 「雀鬼流 無敵の勝負論」青春出版社 (2004/12)
2005年出版
  • 「人生を掃除する人しない人」東洋経済新報社 (2005/3/11)
  • 「JANKI-RYU 雀鬼流」竹書房 (2005/12)
2006年出版
  • 「壁をブチ破る最強の言葉」ゴマブックス (2006/7/1)
  • 「麻雀に愛される「感性」の法則―雀鬼流麻雀道場〈上巻〉」竹書房 (2006/07)
  • 「勝利を求めない「無敗」の法則」竹書房 (2006/9/21)
2007年出版
  • 「人生を変える美しい勝ち方」宝島社 (2007/03)
  • 「シーソーの「真ん中」に立つ方法」竹書房 (2007/3/6)
  • 「運命を変える本物の言葉」ゴマブックス (2007/7/26)
  • 「COMICS 壁をブチ破る最強の言葉」ゴマブックス (2007/8/25)
2008年出版
  • 「賢い身体 バカな身体」講談社 (2008/2/15)
  • 「勝負の格言」宝島社 (2008/7/17)
  • 「未知の力を開く! 」ゴマブックス (2008/9/2、名越康文との共著)
  • 「見えない道の歩き方」竹書房 (2008/12/11)
  • 「超絶感性」竹書房 (2008/12)
2009年出版
  • 「人生の大切なことはすべて雀鬼に学んだ」竹書房 (2009/8/28)
  • 「精神力 強くなる迷い方」青春出版社 (2009/9/2)
  • 「負けない技術―20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」」講談社 (2009/9/20)
2010年出版
  • 「運とツキに好かれる人になる 図解 雀鬼「運に選ばれる」法則76」宝島社 (2010/3/10)
  • 「努力しない生き方」集英社新書(2010/3/17)
  • 「ツキの正体―運を引き寄せる技術」幻冬舎 (2010/05)
  • 「マイナー力「負け」が「勝ち」になる生き方」竹書房 (2010/5/17)
  • 「生き残るヤツの頭の働かせ方~20年間無敗の雀鬼が明かした本質洞察力~」アスコム (2010/5/17)
  • 「「育てない」から上手くいく」講談社 (2010/5/21)
  • 「「一瞬の勝機」のつかみ方」静山社 (2010/6/2)
  • 「突破力」講談社 (2010/6/21)
  • 「手離す技術 20年間無敗、伝説の雀鬼の「執着転換力」」講談社 (2010/6/22)
  • 「この世の掟(ルール)をぶち破れ!」フォレスト出版 (2010/9/24)
  • 「逆境を乗り切る方法 瞬間力」竹書房 (2010/11/1)
  • 「人は八割方 悪である」竹書房 (2010/11/1)
  • 「勝ち負けを超えた誇り」竹書房 (2010/11/1)
  • 「桜井章一の「ぶれない生き方」」PHP研究所(2010/11/2)
  • 「そんなこと、気にするな」廣済堂(2010/11/26)
  • 「「頑張らない」から上手くいく」講談社(2010/11/26)
  • 「いのちより大切なもの」竹書房(2010/12/17)
2011年出版
  • 「ツキを呼ぶ言葉」角川書店(2011/1/8)
  • 「修羅場が人を磨く」宝島社(2011/2/10)
  • 「カンの正体 「直勘力」で逆境に強くなる」イースト・プレス(2011/5/10)
  • 「なぜ あの人は強いのか」講談社 (2011/5/20、中谷彰宏との共著)
  • 「図解運もツキも味方にする人の習慣―20年間無敗!伝説の雀鬼桜井章一究極の哲学実践編」PHP研究所(2011/6/17)
  • 「逆境を超える知恵」竹書房(2011/7/20)
  • 「「大」を疑え。「小」を貫け。」講談社(2011/08/19、鍵山秀三郎との共著)
  • 「決断なんて「1秒」あればいい」ソフトバンククリエイティブ(2011/08/20)
  • 「ピンチの本質」ベストセラーズ(2011/9/23)
  • 「鮭はここまで約束守ってんのに」竹書房(2011/11/1、岩崎夏海との共著)
  • 「すこやかな生き方のすすめ」廣済堂(2011/11/10、よしもとばななとの共著)
  • 「運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則」日本実業出版社(2011/11/25)
2012年出版
  • 「神頼みを捨てる思考力~心の弱さを克服する、雀鬼流「裏」聖書~」ワニブックス(2012/2/8予定)

参考文献[編集]

  • みやわき心太郎「マルヒ牌の音ストーリーズ」シリーズ 竹書房
  • 谷口亜夢「雀鬼サマへの道」シリーズ 竹書房
  • 近代麻雀ゴールド 竹書房

関連項目[編集]

外部リンク[編集]