桓因

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桓因
各種表記
ハングル 환인
漢字 桓因
発音 ファニン
(ファンイン)
日本語読み: かんいん
2000年式
MR式
Hwanin
Hwanin
テンプレートを表示

桓因(かんいん、ファンインないしはファニン)は朝鮮神話檀君神話)における帝釈天

概要[編集]

三國遺事』は「古記」(現存せず)を引用する形で、桓因とその子・桓雄について次のように書いている。

「云 昔有桓因 謂帝釋也 庶子桓雄 數意天下 貪求人世 父知子意 下視三危太伯 可以弘益人間 乃授天符印三箇 遣往理之 雄率徒三千 降於太伯山頂 即太伯今妙香山 神壇樹下 謂之神市 是謂桓雄天王也 將風伯雨師雲師 而主穀主命主病主刑主善惡 凡主人間三百六十餘事 在世理化」

『三國遺事』 卷第一 紀異 第一[1][2]

桓因に対しては注釈で、帝釋[3]ともいう、と書かれている。

桓因の庶子である桓雄(かんゆう、ファンウンないしファヌン)は下界に興味を持ったので、桓因は桓雄に下界を治めるよう命じ、桓雄は太伯山(三國遺事の注釈では妙香山のことであると明記されているが、白頭山とする説も散見される)の神檀樹に部下3,000人と共に天下って「神市」という国を築いた。桓雄はある熊の願いをかなえて女にし、この熊女(ゆうじょ、ウンニョ)との間に子をもうけた。これが檀君王倹(檀君)であり、朝鮮最初の国家である檀君朝鮮を築いた人物であるとされる。

その他、由来の定かでない史書や偽史にも桓因は登場している。『符都誌』(1953年発行)に書かれたところによれば、桓因は黄穹(황궁)の孫であり、黄穹は白巣、青穹、黒巣と並ぶ四人の天人のうちの一人だった。ここでは天人である桓因は朝鮮人の祖先であるとされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古代史獺祭『三國遺事』 卷第一 紀異 第一
  2. ^ 電子大蔵経 『三國遺事』 巻第一 紀異 第一
  3. ^ 帝釋=帝釋天の別名が「釋提桓因」であり、ここに登場する桓因が「釋提桓因」のことであることがわかる。帝釈天はインド神話の神「インドラ」[indraḥ]がその起源で漢訳仏典では「因陀羅」と音写される。別名を「シャクラ」[śakra]、漢訳で「釋迦羅」という。詳しくは「シャクラデーヴァーナームインドラ」[śakra-devānām-indraḥ]、漢訳で「釋迦提桓因陀羅」。「諸天の中の王」の意。略して「釋提桓因」とも書く。漢字文化圏で「帝釈天」と意訳されるのは「帝」がインドラの意訳「釈」はシャクラの音写の略である。