桐谷広人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

桐谷 広人(きりたに ひろと、1949年10月15日 - )は、将棋棋士投資家広島県竹原市出身。升田幸三実力制第四代名人門下。2007年引退。棋士番号120。

 桐谷広人 七段
名前 桐谷広人
生年月日 1949年10月15日(64歳)
プロ入り年月日 1975年7月14日(25歳)
棋士番号 120 
出身地 広島県竹原市 
師匠 升田幸三実力制第四代名人(九段) 
段位 七段
戦績
通算成績 327勝483敗

人物[編集]

将棋棋士の門をたたこうとしていたところ紹介により同郷の升田幸三実力制第四代名人の弟子となる。1975年四段昇段によりプロ棋士となる。当時まだ珍しかった研究派の棋士で「コンピューター桐谷」の異名をとった。観戦記なども手掛け、囲碁・将棋チャンネルの「桐谷広人の将棋講座」及び「名勝負の解説」では師匠・升田幸三の将棋の解説も務めた。弟子には大平武洋今泉健司がいる。2000年には現役勤続25年表彰を受ける。

棋士としては升田幸三実力制第四代名人門下であったが、米長邦雄永世棋聖に傾倒し子分として米長の著作の代筆などして20年以上仕えた。しかし、米長のために恋人と破局を迎えたことが一度ならずあったといい、後に米長の裏面をマスコミに告白した[1][2][3][4][5]

現役時代から財テク棋士として知られ、2006年時点では株式を約400銘柄、時価3億円分を保有し、そのうち1億円が優待銘柄という[6]株主優待を活用することで生活費はほとんど現金を使わないという。現金を使うのは家賃と光熱費とインターネット使用料程度で、これらの支払いも株式の配当金で賄うことができる[7]。優待・配当銘柄を売らずに持つ投資戦略をとっている。しかし、リーマン・ショックや引退後に頻繁に行った信用取引が裏目に出て、2013年時点で株式の時価は約5000万円にまで激減する[8]。株主優待について解説するためNHKの「家計診断 おすすめ悠々ライフ」にもテレビ出演した[9]。財テクに関する雑誌「ダイヤモンドZAi[10]や「日経マネー」にも登場する等、ユニークな棋士であった

2007年に将棋棋士を引退。通算成績327勝483敗。

2012年頃より、バラエティ番組に出演する機会が増え、中でも日本テレビ系のバラエティ番組『月曜から夜ふかし』で株主優待券生活を特集され、彼の独特なキャラクターや60代とは思えない颯爽とした自転車の漕ぎ方などが話題となり、セブンティーンにまで登場する。私生活では前述の婚約・同解消、2007年の棋士現役引退などを挟み現在も結婚経験なし。

昇段履歴[編集]

出演[編集]

将棋棋士として
  • 桐谷広人の将棋講座 升田の将棋〜大天才の着想〜(全26回、囲碁・将棋チャンネル
  • 桐谷広人の中級講座 四間飛車 対 棒銀(全26回、囲碁・将棋チャンネル)
  • 名勝負の解説 升田幸三特集(全18回、囲碁・将棋チャンネル)
投資家として

主な著書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]