桂文也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

桂 文也(かつら ぶんや)は、上方落語。過去1、2人ほど「文也」を名乗った落語家が存在する。

  • 先代桂 文也 - 3代目桂小文枝(後の5代目文枝)に1965年に3代目小文枝に入門した弟子が名乗ったが、すぐに廃業している。

桂 文也(かつら ぶんや、1952年2月20日[1] - )は京都市出身[1]落語家コピーライター[2]。本名は久留米 治彦[1]


来歴・人物[編集]

大阪学院大学を中退し、1973年9月に桂小文枝(のちの5代目桂文枝)に入門[2]上方落語協会会員[1]。 一時、板東英二事務所に所属し[3]タレント活動なども行っていた。 また、兄弟子の桂文喬と同じ人権問題・更に自身がジェンダー問題等に取り組んでおり、現在は古典落語の他、日本ジェンダー学会に所属し各自治体での講演や「ジェンダー落語」も行っている[2]

横山ノック大阪府知事選挙の選挙活動に協力していた。

かつてネット上に公開していた「桂文也のジェンダー日記」では 「先日も講演に行って余りに客席の男たちが反応しないものですから、ここにいる男達、お前達の存在そのものが犯罪なんだと言ってみたり…」 などの記述をしている。[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 社団法人・上方落語協会|協会員プロフィール: 桂 文也
  2. ^ a b c 講師名:桂文也プロフィール - 講師派遣会社のプロフィール
  3. ^ 第48回 桂文也 | ライブ繁昌亭で会いましょう
  4. ^ 宝島社2006年1月1日発行・別冊宝島Real069「男女平等バカ」より

関連項目[編集]