格子ボルツマン法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

格子ボルツマン法(こうしボルツマンほう)とは、流体を多数の仮想粒子の集合体(格子気体モデル)で近似し、各粒子の衝突と並進とを粒子の速度分布関数を用いて逐次発展させることにより、そのモーメントを計算することによって、流体の熱流動場を求めるシミュレーション法のことである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]