根尾谷断層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
写真中央を斜めに走る段差が根尾谷断層
濃尾地震発生当時の根尾谷断層
断層付近
地震断層観察館で見られる断層のトレンチ壁面(北西方向を望む)

根尾谷断層(ねおだにだんそう)は、岐阜県本巣市(旧根尾村)を中心とする活断層である。根尾村水鳥地区の断層崖は国指定の特別天然記念物に指定されている。

概要[編集]

1891年(明治24年)10月28日午前6時38分50秒に根尾村を震央として発生した濃尾地震マグニチュード8.0)の震源断層である。

この地震により数十kmに渡って地表地震断層が現れた。総延長距離約80km、活動一回あたりの最大左横ずれ変位量8m、最大上下変位量6mに及ぶ大規模な断層である。

この根尾谷断層以前に地震断層について記録されたものが無いため、日本で確認できる最古の地震断層として記録されている。また地震直後に記録写真が国内外の地震学教科書などに引用されたため世界的に知られることとなり、海外からも地震学の研究者も多数訪れている(記録写真は複数撮影されているが、小藤文次郎が撮影して論文に掲載したものが世界的に名高い)。

2007年(平成19年)5月10日、日本の地質百選選定委員会が「日本の地質百選」の第1期選定として全国83箇所を選定(3月)した結果が発表されたが、その1つとして、根尾谷断層も選ばれた。

場所[編集]

岐阜県本巣市根尾水鳥(みどり)地区。

樽見鉄道樽見線水鳥駅付近に、断層が渡っている。後述の地震断層観察館・体験館は、同駅から徒歩2分の地点にある。

地震断層観察館・体験館[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度37分00秒 東経136度37分11秒 / 北緯35.61667度 東経136.61972度 / 35.61667; 136.61972