核軍縮キャンペーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CNDのシンボル。1958年にジェラード・ホルトム(en) がデザインし、後に世界で広くピースマークとして使われるようになった[1]

核軍縮キャンペーン(かくぐんしゅくキャンペーン、英語: Campaign for Nuclear DisarmamentCNDは、1957年に設立されたイギリス反核運動団体。核廃絶運動核兵器撤廃運動などとも訳される。

概要[編集]

核軍縮キャンペーン(CND)は、イギリスの一方的な核軍縮や、核拡散防止条約などを通じた国際的な軍縮を主張し、核兵器化学兵器生物兵器の使用に繋がる軍事行動や、イギリスの原子力発電所に反対している。

CNDは1957年に設立され、それ以降のイギリスの平和運動の最前線に存在し、ヨーロッパ最大級の単一争点の平和運動組織となった。1959年以降、復活祭の週末にかけて開催される、オルダーマストン近郊の原子兵器研究所(en:Atomic Weapons Establishment)からロンドントラファルガー広場までの「オルダーマストン行進」を組織している。なお最初の「オルダーマストン行進」は1958年に直接行動委員会(the Direct Action Committee)によって組織され、ロンドンからオルダーマストンへ行進した。

2010年以降の代表(Chairs)はDavid Webb、事務局長(General Secretaries)はKate Hudson(en)である。

主張[編集]

CNDの現在の戦略的目標は以下である[2]

2006年、CNDは原子力に反対するキャンペーンを開始した。トニー・ブレア首相が核エネルギーへのコミットメントを行った後、3万2000人に減少していたメンバーは3倍に増加した[3]

会員数[編集]

1970年から1995年は「Social Movements in Britain」(en:Paul Byrne, Routledge, ISBN 0-415-07123-2 (1997), p91)による。

会員数 会員数
1970 2,120 1986 84,000
1971 2,047 1987 75,000
1972 2,389 1988 72,000
1973 2,367 1989 62,000
1974 2,350 1990 62,000
1975 2,536 1991 60,000
1976 3,220 1992 57,000
1977 4,287 1993 52,000
1978 3,220 1994 47,000
1979 4,287 1995 47,700
1980 9,000 1996
1981 20,000 1997
1982 50,000 1998
1983 75,000 1999
1984 100,000 2000
1985 92,000 2001

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “BBC NEWS : Magazine : World's best-known protest symbol turns 50”. BBC News (London). (2008年3月20日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/magazine/7292252.stm 2008年5月25日閲覧。 
  2. ^ CND aims and policies”. Cnduk.org. 2011年1月9日閲覧。
  3. ^ "CND membership booms after nuclear U-turn", ''The Independent'', 17 July 2006”. Independent.co.uk (2006年7月17日). 2011年1月9日閲覧。

出典[編集]

  • Ross Bradshaw, From Protest to Resistance, A Peace News pamphlet (Mushroom Books: London 1981) ISBN 0-90712-302-3
  • Paul Byrne, Social Movements in Britain (Routledge: London, 1997) ISBN 0-415-07123-2
  • Paul Byrne, The Campaign for Nuclear Disarmament (Croom Helm: London, 1988) ISBN 0-7099-3260-X
  • Christopher Driver, The Disarmers: A Study in Protest (Hodder and Stoughton: London, 1964)
  • Peggy Duff, Left, Left, Left: A personal account of six protest campaigns 1945-65 (Allison and Busby: London, 1971)ISBN 0-85031-056-3
  • Kate Hudson, CND - Now More Than Ever: The Story of a Peace Movement (Vision Paperbacks: London, 2005) ISBN 1-904132-69-3
  • John Mattausch, A Commitment to Campaign: A Sociological Study of CND (Manchester University Press: Manchester: 1989) ISBN 0-7190-2908-2
  • John Minnion and Philip Bolsover (eds.), The CND Story: The first 25 years of CND in the words of the people involved (Allison & Busby: London, 1983) ISBN 0-85031-487-9
  • Holger Nehring, 'Diverging perceptions of security: NATO and the protests against nuclear weapons', in Andreas Wenger, et al. (eds.), Transforming NATO in the Cold War: Challenges beyond Deterrence in the 1960s (Routledge: London, 2006)
  • Holger Nehring, 'From Gentleman's Club to Folk Festival: The Campaign for Nuclear Disarmament in Manchester, 1958-63', North West Labour History Journal, No. 26 (2001), pp. 18–28
  • Holger Nehring, 'National Internationalists: British and West German Protests against Nuclear Weapons, the Politics of Transnational Communications and the Social History of the Cold War, 1957–1964', Contemporary European History, 14, No. 4(2006)
  • Holger Nehring, 'Politics, Symbols and the Public Sphere: The Protests against Nuclear Weapons in Britain and West Germany, 1958-1963', Zeithistorische Forschungen, 2, No. 2 (2005)
  • Holger Nehring, 'The British and West German Protests against Nuclear Weapons and the Cultures of the Cold War, 1957–64', Contemporary British History, 19, No. 2 (2005)
  • Frank Parkin, Middle class radicalism: The Social Bases of the British Campaign for Nuclear Disarmament (Manchester University Press: Manchester, 1968)
  • Richard Taylor and Colin Pritchard, The Protest Makers: The British Nuclear Disarmament of 1958-1965, Twenty Years On (Pergamon Press: Oxford, 1980) ISBN 0-08-025211-7

外部リンク[編集]