栖霞寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

栖霞寺(せいかじ)は、中国江蘇省南京にある仏教より初は三論宗)の寺院南京駅から路線バスで約1時間の南京の北東22キロに位置する栖霞山(摂山)西麓にある。

毘盧宝殿

歴史[編集]

栖霞寺は南斉永明2年(484年)(永明元年、7年の説もあり)に処士の明僧紹(は徴君)が自らの居所を改築して栖霞精舎を開いたことに始まる。

また、隋から初唐にかけて、僧朗僧詮吉蔵549年 - 623年)らの三論宗の衆徒が、この栖霞山(摂山)の止観寺や栖霞寺を拠点として教勢を張り、摂嶺相承と称せられた。慧布518年 - 587年)は栖霞寺の禅堂を造営した。唐の高祖李淵が、功徳寺と寺名を改めた。

の洪武25年(1392年)に寺名を栖霞寺に戻したが、咸豊5年(1855年)に栖霞一帯での清軍と太平天国軍の激戦により消失、光緒34年(1908年)に再建され、1500年以上の歴史があり、南京最大規模の寺である。清代には乾隆帝が「第一金陵名秀山」と称賛した。

舎利塔

境内[編集]

三門、天王殿、毘盧殿、石造の無量殿(大仏閣、三聖殿)、磨崖の千仏龕石窟がある。

無量殿の近くの高台には、仁寿舎利塔がある。但し、仁寿元年(601年)に建塔されたものだが、五代十国南唐代の重修である。

秋になると紅葉が見事だという。「栖霞紅葉」は南京の有名な風景のひとつであり、さらに「春牛首、秋栖霞」とも言われることもある。周辺地域には六朝の頃の陵墓、石刻がある。1937年の旧日本軍の南京事件(中華人民共和国の主張)の際に難民約2万人が栖霞寺に避難していたとされ、2005年8月に『栖霞寺1937』という映画が公開された。南京では著名な寺である。

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度09分15秒 東経118度57分14秒 / 北緯32.15417度 東経118.95389度 / 32.15417; 118.95389