栄禄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
栄禄

栄禄(えいろく、1836年 - 1903年4月11日)は、末期の軍人、政治家。満洲正白旗人、姓は瓜爾佳(グワルギヤ)氏。娘の幼蘭は醇親王載灃に嫁ぎ、最後の皇帝・宣統帝溥儀の母となった。

生涯[編集]

咸豊2年(1852年)、同じグワルギャ(瓜爾佳)氏の文祥に激賞されたお蔭で16歳の若さで官職につき、以後は内務府大臣工部尚書総理各国事務衙門大臣などを経て、日清戦争では歩軍統領として軍務についた。光緒21年(1895年)、袁世凱を抜擢して新建陸軍を創設した。

光緒24年(1898年)、西太后が袁世凱らと共にに起こした反変法のクーデター戊戌の政変)において直隷総督北洋大臣として、その軍事力をもって康有為らの戊戌の変法を挫折させた。政変後は軍機大臣となって兵部と北洋各軍を管理し、宋慶董福祥聶士成・袁世凱の北洋各軍を併せて武衛軍を創設した。

光緒26年(1900年)に勃発した義和団の乱では主戦派に反対し、公使館区域攻撃を命ぜられながら、逆に公使館区域を保護する態度をとった。乱後は劉坤一張之洞が「江楚会奏三折」で主張した変法(光緒新政)を支持する姿勢に転換した。

先代:
恩承
都察院満左都御史
1878年
次代:
文煜
先代:
景廉
工部満尚書
1878年
次代:
全慶
先代:
敬信
兵部満尚書
1895年 - 1898年
次代:
剛毅
先代:
王文韶
直隷総督
1898年
次代:
裕禄