栃木SC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
栃木サッカークラブから転送)
移動: 案内検索
栃木SC
原語表記 栃木サッカークラブ
呼称 栃木SC
クラブカラー    [1]
創設年 1953年
所属リーグ 日本プロサッカーリーグ
所属ディビジョン Jリーグ ディビジョン2
クラブライセンス J1
ホームタウン 栃木県宇都宮市[1]
ホームスタジアム
Tochigi Green 20110417.jpg
栃木県グリーンスタジアム[1]
収容人数 15,589[1]
運営法人 株式会社栃木サッカークラブ[1]
代表者 中津正修[1]
監督 日本の旗 阪倉裕二
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社栃木サッカークラブ
Tochigi Soccer Club Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 320-0024
栃木県宇都宮市栄町1-15 栃木県開発センター4F[1]
設立 2006年6月15日[2]
業種 サービス業
事業内容 サッカークラブの運営
代表者 中津正修[1]
資本金 3億0,500万円[3]
売上高 8億7,600万円 (2014年1月期)[3]
営業利益 ▲7,800万円 (2014年1月期)[3]
経常利益 ▲7,900万円 (2014年1月期)[3]
純利益 ▲4,700万円 (2014年1月期)[3]
純資産 ▲6,300万円 (2014年1月期)[3]
総資産 2億8,000万円 (2014年1月期)[3]
決算期 1月期
関係する人物 松本育夫
外部リンク http://www.tochigisc.jp
テンプレートを表示

栃木SC(とちぎエスシー、Tochigi SC)は、日本栃木県宇都宮市をホームタウンとする[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。登録チーム名は栃木サッカークラブである。

概要[編集]

1953年創部の栃木教員サッカークラブが前身[1]。2007年にJリーグ準加盟クラブとして承認され[4]、2009年よりJリーグへ加盟している[1]。ホームスタジアムは栃木県グリーンスタジアム[1]、練習場は河内総合運動公園である[1](詳細は#スタジアム・練習場を参照)。運営会社は株式会社栃木サッカークラブ[1]、マスコットはサルをモチーフとして、2011年に誕生したトッキーである[1]

歴史[編集]

前史[編集]

2000年 - 2008年(JFL)[編集]

  • 2008年
    • 新加入19名、残留8名、レンタル1名の計28名でスタート。
    • 11月16日アルテ高崎戦に勝利してJリーグ加盟条件となるJFL4位以内が確定。
    • 12月1日:Jリーグ臨時理事会で、2009年度からのJリーグ加盟が承認[1]
    • シーズン終了後、柱谷が監督を退任[7]

2009年 - (J2)[編集]

2009年
チームスローガン : 一枚岩

福岡神戸元監督の松田浩が監督に就任。13人の選手が退団した一方、甲府から井上雄幾を、千葉から川上典洋伊藤淳嗣を、山形から本橋卓巳を、神戸から栗原圭介を、京都から大久保裕樹を、大宮から4年半ぶりの復帰になる若林学を、名古屋から元日本代表米山篤志を完全移籍で、新潟から河原和寿期限付き移籍で獲得。シーズン途中に宮本亨レオナルドを期限付き移籍で獲得した。なお、シーズン成績は18クラブ中の17位。

2010年
チームスローガン : 前新

松田体制2年目。レンタル移籍者を含め16人の選手が退団。前年より期限付き移籍中の宮本、飯田健巳横浜FC)、高木和正岐阜)、林祐征徳島)、廣瀬浩二鳥栖)を完全移籍で獲得。那須川将大橋本真人リカルド・ロボ余孝珍を期限付き移籍で獲得。宇佐美宏和杉本真小野寺達也船山貴之が新加入した。レオナルドのレンタル期間も延長した。シーズン途中には横浜FMから水沼宏太を期限付き移籍で獲得した。第14節で4位につけ、最終的な順位も10位となり前年を上回った。

2011年
チームスローガン : J1へ

松田体制3年目。水戸から大和田真史を、草津から西澤代志也を、東京Vから鈴木智幸を、アルセナルFCからトリポジを完全移籍で獲得(6月7日に契約を解除)。から渡部博文を、鹿島から鈴木修人を、新潟から2009年に在籍した河原和寿を期限付き移籍で、東京Vから期限付き移籍していた那須川将大を完全移籍で獲得。7月、FCファドゥースからサビアを完全移籍で、浦和から堤俊輔を期限付き移籍で獲得した。

この年栃木グリーンスタジアムのバックスタンド座席化完了。しかし、3月11日東日本大震災が発生したことにより観客の客席通路となっている橋の結合部分が破損した[8]。そのため改修工事を行い、工事中は別の安全な場所に仮ゲートを設置した[9]

リーグ戦は第9節(3試合目)、第10節、第11節、第17節(11試合目)、第18節(12試合目)で首位に立ち、9月4日の第4節FC東京戦は引き分けに終わったが、その試合でパウリーニョが右腓骨骨折で戦線離脱すると順位が下降し、最終順位は10位。Jリーグ ディビジョン1(J1)昇格は成らなかったのの、北関東ダービーで初優勝した。

2012年
チームスローガン : J1へ

松田体制4年目。鴨志田誉崔根植熊本へ移籍)、入江利和落合正幸が退団、リカルド・ロボへ、那須川将大大久保裕樹が徳島へ完全移籍、堤俊輔(福岡へ移籍)、渡部博文(柏へ復帰)、水沼宏太(横浜FMに復帰⇒鳥栖へレンタル移籍)がレンタル移籍期間満了となったが、神戸から柳川雅樹を、横浜FCから荒堀謙次を、FC岐阜から菅和範を、鹿島から當間建文を、湘南から臼井幸平を、東京Vから菊岡拓朗を、川崎から久木野聡を、福岡から山形辰徳を完全移籍で、川崎から棗佑喜をレンタル移籍で獲得、河原和寿鈴木修人が完全移籍に移行、柳大鉉が新加入、ホーム開幕戦を前に車永煥が途中加入した。(それに伴い、外国人枠の関係で今シーズンCAメトロポリターノ英語版からレンタル移籍で獲得したジャイロが登録抹消となった[10])。シーズン途中臼井幸平が退団し、期限付き移籍で6月に鹿島から佐々木竜太が、8月には川崎から田中雄大が加入した。

また、パウリーニョがチーム初の外国人キャプテンとなった。

第3節・徳島戦から7節連続負けなしで、第8節終了時点で7位。第10節山形戦から3連敗で13位に後退したが、第21節松本戦から6連勝し、一時は8位に順位を上げたが、最終10試合で2勝2分6敗と低迷し、11位でシーズンを終えた。天皇杯は、2回戦で横浜FCに敗北。

9月28日、Jリーグクラブライセンス制度の審査の結果、2013シーズンのJ1ライセンスが交付された[11]

また、3月10日にオフィシャルストアの「TOCKEY SQUARE(トッキースクエア)」がオープンした[12][13]

2013年
チームスローガン : 感動!

松田体制5年目。武田博行河原和寿ら7人が退団、棗佑喜ら3人の期限付き移籍が満了した。栃木県日光市出身の湯澤洋介駒澤大学)、榎本達也徳島)、中野洋司横浜FC)、勝又慶典町田)、近藤祐介札幌)、元日本代表三都主アレサンドロ名古屋)を完全移籍で、クリスティアーノレッドブル・ザルツブルク)、西岡大輝広島)、原田圭輔仙台)を期限付き移籍で獲得し、27人体制でスタートした。また、宇都宮市出身で鳥栖元監督・GMの松本育夫が、シニアアドバイザーに就任し、4月25日には取締役に就任した[14]

第9節以降第23節終了時まではJ1昇格プレーオフ圏内となる6位以内をキープしていたが、第19節以降4連敗1回を含む11試合連続勝利なし(6分5敗)となり[15]、順位も第27節終了時点以降14位まで低下する。雷雨によって中止再試合となった9月11日の第26節愛媛戦に0-1で敗れた直後の9月13日、松田が監督を退任し、松本が後任監督に就任[16]、監督交替後はリーグ戦でホームゲーム4戦全勝を含む10試合7勝1分2敗という好成績を挙げ、結局9位でシーズンを終える[17]。天皇杯は3回戦で横浜FMに敗北。なお、11月に経営問題が浮上した(詳細は#経営問題を参照)。シーズン終了後に松本が監督を退任した(取締役に専念)。

2014年
チームスローガン : 挑戦-すべては栃木のために-

ヘッドコーチの阪倉裕二が監督に就任。クラブの中心戦力であったパウリーニョが期限付き移籍、チーム得点王のサビアクリスティアーノ當間建文高木和正菊岡拓朗三都主アレサンドロらが退団した。クラブは債務超過の問題もあり方針を「育成型クラブ」に転換[18]宇都宮市出身の中美慶哉坂田良太の大卒2人、大分トリニータから永芳卓磨FC東京から重松健太郎が移籍加入。清水エスパルスから岡根直哉イ・ミンス瀬沼優司の3人、横浜FCから大久保哲哉鹿島アントラーズから鈴木隆雅CAメトロポリターノ英語版からドゥドゥが期限付き移籍で加入し、総勢25人でシーズンに臨むこととなった[19]

成績[編集]

タイトル[編集]

リーグ戦[編集]

その他[編集]

個人[編集]

名称について[編集]

Jリーグ加盟以前より、主に商標登録の兼ね合いから[注 2]チーム名の変更が検討され、新名称の公募も行われたが、Jリーグ加盟にあたり、チーム名を変更せず、「栃木SC」のままで活動を継続している。

2013年2月、栃木SCのシニアアドバイザーに就任した松本育夫は、(宇都宮名物のにちなんだ)「栃木サンダーズ」など地域を連想しやすい愛称を取り入れることを、私案として考えているとコメントした[21]

スタジアム・練習場[編集]

ホームスタジアムと練習場[編集]

ホームスタジアムは栃木県グリーンスタジアム(以下「栃木グ」と略す)である。なお、過去のホームゲーム開催スタジアムは「当項目」を参照のこと。

J2加盟初年度となった2009年は栃木グの改修工事(ナイター試合対応のための照明設備整備、バックスタンドの改修)のため、この期間中の平日ナイターに当たっていた第4節(3月25日・福岡戦、国立霞ヶ丘陸上競技場、第8節(4月15日・徳島戦、国立西が丘サッカー場)、第19節(6月3日・札幌戦、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)を栃木県外で開催した。なお、第23節(6月24日・仙台戦)も県外開催を予定していたが、照明設備が整い、栃木グで開催した。

練習場は河内総合運動公園以外に、栃木SC宇都宮フィールド栃木県総合運動公園や栃木市総合運動公園陸上競技場なども使用している[22]

観客動員上位[編集]

※試合会場は全て栃木県グリーンスタジアム

順位 日時 所属 時期 対戦相手 観客数 備考
1 2009年6月14日 J2 第21節 サガン鳥栖 15,857 「県民の日スペシャルマッチ」
2 2008年11月30日 JFL 後期第17節 FC刈谷 13,821 JFL歴代最多
3 2007年3月18日 JFL 前期第1節 FC琉球 12,539
4 2013年10月6日 J2 第36節 ガンバ大阪 10,678
5 2011年2月27日 プレシーズンマッチ 浦和レッドダイヤモンズ 10,271
6 2011年8月21日 J2 第25節 FC東京 9,953
7 2013年3月3日 J2 第1節 松本山雅FC 8,686
8 2013年5月26日 J2 第16節 横浜FC 8,003
9 2009年7月19日 J2 第28節 東京ヴェルディ 7,456
10 2008年6月15日 JFL 前期第16節 ファジアーノ岡山FC 7,253

足利劇場[編集]

足利陸で行われた試合は劇的な展開をすることが多かったため、「足利劇場」と呼ばれた[23]

後半38分まで0-3であったが、その後に3点を返し3-3の引き分け。
前半終了時点で1-2。また退場で一人少なかったが、シュート2本で2点を決め逆転勝利。
1-1で迎えた後半アディショナルタイムに決勝ゴールを決め、ホイッスルと同時に試合終了。
  • 2009年10月3日、J2第43節愛媛戦 △1-1
Jリーグ加盟後初めて、かつ現状最後となる足利陸でのホームゲーム。「足利劇場」をテーマにイベントが行われた[24]

下部組織[編集]

2002年に小学生年代のジュニア(U-12、U-11)および中学生年代のジュニアユース(U-15、U-14、U-13)、2006年に高校生年代のユース(U-18、U-17、U-16)を、2007年2月には栃木県女子サッカーリーグ1部所属(当時)のブランカFCを母体として、女子チームの 栃木SCブランカ を発足させた。また、栃木SCのOBによるアマチュアクラブがあり、栃木県社会人サッカーリーグに所属している。

栃木SCアカデミーセンター
  • ユース
  • ジュニアユース
  • ジュニア
  • 栃木SCブランカ (栃木SCレディース)

経営問題[編集]

  • 2013年9月、ユニフォームスポンサーのコジマが2013年シーズンをもって栃木SCを含む県内の4つのプロスポーツクラブのスポンサーより撤退することが下野新聞により報じられた。なお、コジマによる4つのクラブへのスポンサー料は年間数千万円とされ、栃木SCの経営面にも影響を及ぼす恐れがあるとしている[25]
  • 2013年9月30日、2014年度Jリーグライセンスについて、J1ライセンスの交付が決定したものの、新たに債務超過となったことで、2013年度ライセンス交付時に出された「個別通知」より悪い「是正通達」が出され、債務超過の解消に向け、(1)今期損益見通し詳細を報告し、Jリーグの指導を受けること(2)2014年度予算編成に際し、Jリーグの事前指導を受けることの2点が挙げられた[26]。クラブライセンスマネジャーの大河正明Jリーグ理事は「栃木は昨季、J1に上がりたいが故に身の丈以上の投資をして戦力補強したが、昇格を逃して債務超過に陥った。Jリーグとしても良くないケースとしている。栃木が新しく債務超過に陥ったのは、すごく心配している」とコメント、債務面で「要注意」とされた[27]
  • 2013年11月5日、運営会社の株式会社栃木サッカークラブが記者会見を行い、2013年度決算で約9,000万円の赤字が見込まれ、同年度末に約1億5,000万円の債務超過に陥る見通しとなることを発表。2014年度に債務超過を解消できないとJリーグライセンスを剥奪される恐れがあるため、人件費削減などの経費圧縮および収入増に結びつく観客数の増加を図るとした[28]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) [1] [1] [1]
FP(2nd) [1] [1] [1]
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •    [1]   

ユニフォームについて[編集]

  • 県リーグ時代は緑と紺を基調としたユニフォームだったが、2000年のJFL昇格を機にシャツを黄色、パンツを青、ストッキングを赤に変更。
  • 2008年にストッキングの色を青に変更。
  • 2014年第7節より、右袖に宇都宮市のキャッチフレーズ「住めば愉快だ 宇都宮」が入る。

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
TKC TKC 2008年-
背中 カワチ薬品 カワチ薬品 2008年-
北関東綜合警備保障 まもるくん 北関東綜合警備 2010年-
パンツ グランディハウス Grandy House 2014年-

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中 パンツ サプライヤー
2008 TKC カワチ薬品 アイライン コジマ Mizuno
2009 もったいない運動
2010 まもるくん
北関東総合警備
2011
2012
2013
2014 Grandy House

スポンサー[編集]

応援について[編集]

県民の歌[編集]

試合開始前にはチームの応援歌ではなく「県民の歌」を歌い、本拠地の栃木グの映像装置には、県民の歌の歌詞が表示される。2011年からは勝利試合の後にも歌われるようになった。

公式応援ソング[編集]

メディア[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • エフエム栃木(RADIO BERRY)
    • 栃木SC ROCK THE GOAL (B-BOX18時台Sports Topics月曜日のコーナー)
    • SC_FM『ヨネラジ』(米山篤志がパーソナリティー。2010年8月3日~2011年1月25日終了、火曜日20:55~21:00)
    • SC_FM『マサラジ』(大和田真史がパーソナリティー。2011年3月1日~2013年12月31日終了、火曜日20:55~21:00、2013年2月5日から火曜日20:00~20:30)
    • SC_FM『ラジカン』(菅和範がパーソナリティー。2014年1月7日~、火曜日20:00~20:30)
  • 栃木放送(CRT)
    • 栃木SCホットウェイブ (月曜 17:05~)
    • 栃木SC実況生中継

地域貢献活動[編集]

  • ゆめプロジェクト
日本サッカー協会の「DREAM~夢があるから強くなる」というスローガンの下に、栃木SCのスタッフ及び選手が県内の小中学校を訪問し、講話や実技を行って子供の心身の健全な発達に対し積極的に関与・貢献していくプロジェクト。2008年4月1日に概要が発表され[29]、2008年5月12日に第1回が開催された[30]
  • キッズスマイルキャラバン
栃木SCアカデミーセンターのスタッフが幼稚園や保育園を訪問し、「サッカーを通して子供たちに身体を動かすこと(スポーツ)の楽しさを伝えること」を目的としたサッカー教室を開催している[31]。2009年6月8日に第一回が開催された[32]
  • いきいき健康サッカー教室
宇都宮市からの受託事業として、高齢者を対象に栃木SCの監督や選手、スタッフと共に簡単な運動を行い、健康の維持増進や介護予防を目的するイベントを開催している。2011年6月24日に第一回が開催された[33]
  • 栃木県農産物リポート
2011年3月の福島第一原子力発電所事故による栃木県産農産物への風評被害を払拭するため、栃木県農政部農政課と共同で農産物のPRや生産者を励ます活動を行っており、その模様を栃木SCオフィシャルサイトにて発表している。2011年8月5日に第一回目のリポートが掲載された[34]

そのほか県サッカー協会主催のサッカークリニックへの参加、高齢者を対象とした「栃木SC健康教室」や「栃木SC介護予防教室」の開催、中学校での「総合的な学習の時間」講演、栃木県中学校体育連盟と協力してのサッカー部の指導、栃木県サッカー協会と協力しての小学校訪問事業、企業経営者を対象とした監督による講演会、清掃活動や緑化活動への参加などを行っている[35]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、2006年のメンバー については、高等学校教諭1名、養護学校(当時)期限付き講師3名、中学校期限付き講師1名(ここまで「教員」)、指導助手(期限付き)2名、公仕・校務員(期限付き)4名の計11名であり、当時の報道である「教員集団」「選手の約半数が教員」(サンケイスポーツ共同通信社他)とは程遠かった(栃木県連合教育会『平成18年栃木県学事関係職員録』他による)
  2. ^ 「栃木SC」の名称での商標登録が意味的な範囲が広すぎてできないことがわかったため[20]「栃木サッカークラブ」が商標登録できないため(下野新聞2006.12.27)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad クラブガイド:栃木SC”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年7月25日閲覧。
  2. ^ a b クラブ情報・会社概要”. 栃木SC公式サイト. 2013年3月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 2013年度(平成25年度)Jクラブ個別情報開示資料 (PDF) Jリーグ公式サイト、2014年7月25日閲覧
  4. ^ a b “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2007年2月20日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00001572.html 2013年3月13日閲覧。 
  5. ^ a b 夢を現実に!! 栃木SC Jリーグへの道(上)”. 読売新聞. 2013年3月23日閲覧。
  6. ^ Jリーグ準加盟審査結果について”. J's GOAL (2006年8月15日). 2013年3月13日閲覧。
  7. ^ a b “栃木サッカークラブ 柱谷幸一監督退任に関するコメント” (プレスリリース), 栃木SC, (2008年11月28日), http://www.tochigisc.jp/news/01/00000367.html 2013年6月19日閲覧。 
  8. ^ 練習試合で募金、被災者にエール J2栃木SCと水戸、17日に 栃asahi.com2011年4月15日
  9. ^ 【お知らせ】栃木SCホームゲーム試合会場について 栃木SC公式サイト2011年4月27日
  10. ^ チャ ヨンファン選手 加入のお知らせ”. 栃木SC公式サイト (2012年3月9日). 2012年3月9日閲覧。
  11. ^ クラブライセンス交付第一審査機関(FIB)による 2013シーズン Jリーグクラブライセンスの交付について Jリーグ公式サイト 2012年9月28日
  12. ^ “栃木SCオフィシャルストア「TOCKEY SQUARE」情報” (プレスリリース), 栃木SC, (2012年3月21日), http://www.tochigisc.jp/news/01/00003316.html 2013年3月13日閲覧。 
  13. ^ 栃木SC「情報発信拠点に」 宇都宮きょう 初の公式ショップオープン 東京新聞
  14. ^ 第7期決算概要及び役員人事について 栃木サッカークラブ公式サイト 2013年4月25日
  15. ^ “廣瀬が後半ロスタイムに同点弾も…栃木は11戦勝ちなし”. ゲキサカ. (2013年8月21日). http://web.gekisaka.jp/401461_123915_fl 2013年11月25日閲覧。 
  16. ^ “栃木SCトップチーム 体制の変更について”. 栃木サッカークラブ公式サイト. (2013年9月13日). http://www.tochigisc.jp/news/01/00004890.html 2013年11月25日閲覧。 
  17. ^ “松本育夫取締役 監督退任のお知らせ”. 栃木サッカークラブ公式サイト. (2013年11月25日). http://www.tochigisc.jp/news/article/00005099.html 2013年11月25日閲覧。 
  18. ^ “栃木SC「来季は育成型」 債務超過、1億4600万円見込む”. 下野新聞. (2013年11月5日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/t_sc/news/20131105/1404297 2014年1月18日閲覧。 
  19. ^ “【2014シーズン始動!】栃木:2014新体制記者会見での出席者コメント”. J's GOAL. (2014年1月14日). http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00167060.html 2014年1月18日閲覧。 
  20. ^ “来季も『栃木SC』選考、商標登録に時間”. 東京新聞. (2006年12月26日) 
  21. ^ 東京新聞 2013年2月4日
  22. ^ スケジュール”. 栃木SC. 2013年3月13日閲覧。
  23. ^ 2009 J2第43節 栃木vs愛媛”. J's GOAL. 2013年3月13日閲覧。
  24. ^ a b c d 【2009J2第43節:愛媛FC戦】「ミズノサンクスマッチ」イベント企画実施のお知らせ”. J's GOAL (2009年9月30日). 2013年3月13日閲覧。
  25. ^ “コジマ4プロ支援から撤退 業績悪化で契約更新せず”. 下野新聞. (2013年9月6日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/economics/news/20130906/1343277 2013年11月16日閲覧。 
  26. ^ “クラブライセンス交付第一審機関(FIB)による 2014シーズン Jリーグクラブライセンスの交付について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年9月30日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005359.html 2013年10月5日閲覧。 
  27. ^ “J2群馬、愛媛、長崎にJ1ライセンス”. nikkansports.com. (2013年9月30日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20130930-1197630.html 2010年10月5日閲覧。 
  28. ^ “栃木SC記者会見を行いました。” (プレスリリース), 栃木SC, (2012年11月6日), http://www.tochigisc.jp/news/article/00005041.html 2013年11月16日閲覧。 
  29. ^ ゆめプロジェクト 栃木SC公式サイト
  30. ^ 【フォトリポート】5月12日(月)「ゆめプロジェクト」に選手が参加しました。 栃木SC公式サイト
  31. ^ スマイルキャラバンのご案内 栃木SC公式サイト
  32. ^ <フォトリポート>キッズスマイルキャラバン始動!!(東浦保育園) 栃木SC公式サイト
  33. ^ 【フォトレポート】宇都宮市受託事業「いきいき健康サッカー教室」。 栃木SC公式サイト
  34. ^ 【フォトリポート】第1回 佐藤悠介栃木SCドリームアンバサダー 栃木県農産物リポート 栃木SC公式サイト
  35. ^ ニュース & トピックス HOME TOWN 栃木SC公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]