栃木ウーヴァFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
栃木ウーヴァFC
原語表記 栃木ウーヴァフットボールクラブ
呼称 栃木ウーヴァFC
愛称 ウーヴァ
クラブカラー     
創設年 1947年
所属リーグ 日本フットボールリーグ
クラブライセンス (未申請)
ホームタウン 栃木県栃木市
ホームスタジアム Tochigishi Stadium 2.JPG
栃木市総合運動公園陸上競技場[1]
収容人数 5,500
運営法人 株式会社栃木ウーヴァ[1]
代表者 岩原克彦[1]
監督 多田徹朗
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

栃木ウーヴァFC(とちぎウーヴァフットボールクラブ、Tochigi UVA Football Club)は、日本フットボールリーグ(JFL)に所属し、栃木県栃木市をホームタウンとするサッカーのクラブチーム。ウーヴァ(UVA)とはポルトガル語葡萄の意味。葡萄はホームタウンとする栃木市大平地域の特産品である。

概要[編集]

1947年、当時の下都賀郡大平村にあった日立製作所栃木事業所(後に分社化により日立ホーム&ライフソリューションを経て現・日立アプライアンス栃木事業所)の実業団チーム「日立栃木サッカー部」として創部。2006年度より日立栃木ウーヴァスポーツクラブに組織変更し地域に密着したスポーツクラブとして活動。ただし母体企業であった日立アプライアンスとは引き続きスポンサード契約を結んでいる。

2010年よりJFL加盟に伴い、NPO法人栃木アミスタスポーツクラブに運営を移管、企業名を外し「栃木ウーヴァフットボールクラブ」に改称[2]。それに伴い栃木県内で働くアマチュア選手も入団できるようになり、現在は栃木県でさまざまな仕事に就く選手たちで構成されている。選手は全員がアマチュアで、練習は主に平日夜間に行われる。

2013年より足利市をセカンドホームタウンとすることが合意され[3]足利市総合運動公園陸上競技場をセカンドホームスタジアムとして9試合程度使用[4]する他、栃木ウーヴァの足利事務所の設置、さらに将来的には日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟のために本拠地を足利市に完全移転するための支援を進めていくことも視野に入れている。クラブは2014年にもチーム名の変更を検討しているといい、そのことから、足利市長大豆生田実は「足利ウーヴァとは言わないが、栃木市にも両毛線は走っていることから『両毛ウーヴァ』にしてはどうか」と提案しているという。

その後足利市長に2013年4月の足利市長選挙でダブルホームタウンに慎重だった和泉聡が選挙で当選し、「ダブル本拠地に関する合意書」について2014年2月の更新時に更新しないことをウーヴァ側に伝えた[5][6]

足利市とのホームタウン契約は基本1年で、期間満了の3か月前までに特に返事がない場合は契約を1年ごとに更新するものと見なされることになっていたが、和泉が「練習会場の確保など、合意事項を実行できない」と判断し、10月24日までに栃木ウーヴァに対し契約更新をしない旨を伝えたといい、和泉はその中で「栃木市側と意志疎通を繰り返す中で、"ウーヴァに足利に浮気しないで、栃木市に戻ってきてほしい"というニュアンスを感じた」と説明している。また足利市教育委員会も教育次長・大滝康裕が「ダブルホームタウンは甘い結び方だった」と、合意がずさんなものであることを示唆していた[5]。また足利市側は週1回程度夜間練習ができる会場を確保するとしていたが「サッカーのスパイクによって芝生が荒れて、頻繁に修復工事をしなければいけない」と、確保ができなかった理由を説明しており、また足利事務所の設置や資金調達のための情報提供も「市が個別の団体に対して行うのは好ましくない」としてそれを拒み、名称変更を含めた栃木市との交渉も事実上決裂していた状態にあった[6]

2013年6月に2014年発足のJ3参加を目指し、Jリーグ準加盟申請をおこなった[7]が、承認は見送られた[8]

2014年5月20日、Jリーグ百年構想クラブとして承認された[1]

本拠地[編集]

年度・競技場別の試合数[編集]

※2010年のJFLリーグ加盟以後。[10]
年度 栃木市陸 足利市陸 その他
2010 14 3 なし
2011 12 4 小山1
2012 11 3 小山2
2013 8 7 栃木県陸1
小山1
2014 8 3 小山1
未定1

歴史[編集]

2009年
同年の地域リーグ決勝大会で決勝リーグへと進出、ここでツエーゲン金沢Y.S.C.C.を下し、昇格条件である2位以内を確定させて2010年からのJFL参入を決めた(最終順位は2位)。栃木県からのJFL参加は2000年-2008年に在籍していた栃木サッカークラブ2009年J2リーグ参入)以来2チーム目。
2010年
JFL昇格1年目。前期こそ14位となるも、年間通じて守備に問題があり大量失点する試合が出て(総失点75はリーグワースト2位)、後期は僅かに1勝しかできず、前期13節から後期15節まで20試合連続未勝利となってしまった。しかし高橋駿太が後期11節から16節まで6試合連続で得点を決めた(後期第16節のソニー仙台FC戦ではハットトリックを達成)こともあり、最後の5試合は負け無しで乗り切り年間順位は15位で、辛うじてJFL残留を果たした。
2011年
水戸ホーリーホックから、GK原田欽庸が加入し、失点が大幅に減少(43点)。順位も10位と上昇した。
2012年
原田欽庸がVファーレン長崎に移籍し、守備が不安定となる。その結果、シーズン当初から成績低迷となり、8月の中断前には最下位、同年の天皇杯栃木県予選も敗退したため、横浜誠監督が辞任、ヘッドコーチだった井出大介が監督に昇格した。また元栃木SC監督の高橋高がテクニカルアドバイザーに就任した。その後は監督交代前までの大量失点試合は少なくなったものの成績につながらず、11月10日の第33節をもって最下位が決定。本来なら地域リーグに自動降格となるところ、SAGAWA SHIGA FCの活動停止・JFL脱退のため、同年の地域リーグ決勝大会3位・ノルブリッツ北海道との入れ替え戦に残留を賭けることとなった。第1戦は若林学のゴールで先制しながら2-1の逆転負けとなったが、第2戦は濱岡和久のPKで1-0となり、トータルスコアで2-2の同点となり延長戦となった。しかし延長戦でも決着がつかずPK戦の末4-1で勝利し、辛うじてJFL残留を果たした。
2013年
クラブ代表の多田徹朗が監督に就任し、前年途中から監督を務めた井出大介はヘッドコーチに再任された[11]。しかしシーズン当初から成績は低迷し一時は最下位となったが、ホーム最終戦となった2位カマタマーレ讃岐とリーグ戦最終戦で優勝したAC長野パルセイロに連勝し、最終節でかろうじて最下位を脱出した。

リーグ戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失
1978 栃木県1部 2位 14 9 7 0 2
1979 2位 9 6 4 1 1
1980 優勝 17 9 8 1 0
1981 関東 9位 12 18 4 4 10 11 28 -17
1982 10位 9 18 4 1 13 20 46 -26
1983 栃木県1部 優勝 14 8 6 2 0
1984 3位 12 9
1985 7位 7 8 2 3 3
1986 3位 10 8 4 2 2
1987 4位 10 9 4 2 3
1988 9位 6 9 3 0 6
1989 栃木県2部A 優勝 14 7 7 0 0
1990 優勝 19 7 6 1 0
1991 栃木県2部 優勝
1992 栃木県1部 3位 19 12 6 1 5
1993 7位 18 12 6 0 6
1994 7位 11 11 4 3 4
1995 9位 12 11 4 0 7
1996 8位 16 11 5 1 5
1997 8位 13 11 4 1 6
1998 6位 10 9 3 1 5
1999 優勝 28 14 9 1 4
2000 2位 30 14 10 0 4
2001 2位 37 14 12 1 1
2002 優勝 14
2003 関東2部 6位 12 14 4 0 10 25 55 -30
2004 4位 21 14 6 3 5 24 19 +5
2005 3位 25 14 7 4 3 28 18 +10
2006 2位 30 14 9 3 2 35 18 +17
2007 関東1部 2位 27 14 9 0 5 33 17 +16
2008 2位 26 14 8 2 4 24 19 +5
2009 2位 31 14 10 1 3 30 16 +14
2010 JFL 15位 31 34 7 10 17 41 75 -34
2011 10位 45 33 12 9 12 40 43 -3
2012 17位 22 32 4 10 18 36 70 -34
2013 17位 30 34 9 3 22 34 66 -32
2014  

タイトル[編集]

所属メンバー[編集]

2014年
Pos No. 選手名 経歴 備考
監督 日本の旗 多田徹朗   クラブ代表兼任
GK 01 日本の旗 瀧澤進吾 埼玉工業大学
21 日本の旗 菅原祥弘 国際武道大学 新加入
22 日本の旗 安藤淳也 福島ユナイテッドFC 新加入
DF 02 日本の旗 稲葉基輝 ヴォルカ鹿児島 新加入
03 日本の旗 林容史 栃木SC
04 日本の旗 佐道哲也 MIOびわこ滋賀
05 日本の旗 高櫻健太 徳島ヴォルティス・セカンド
14 日本の旗 山﨑慶英 拓殖大学 新加入
15 日本の旗 阿部竜太 福島ユナイテッドFC 新加入
16 日本の旗 魚谷輔 大阪産業大学 新加入
17 日本の旗 市瀬勇樹 レノファ山口FC 新加入
26 日本の旗 川島將 東京国際大学 新加入
27 日本の旗 齋藤翔太 国際武道大学
MF 06 日本の旗 鯨岡佑太 AC長野パルセイロ 新加入
07 日本の旗 岩城正明 国士舘大学
08 日本の旗 平泉衝 作新学院大学
10 日本の旗 安間ム月 アルテ高崎
11 日本の旗 市川稔 福岡大学
13 日本の旗 渡辺了介 産業能率大学
19 日本の旗 西巻和紀 国際武道大学
20 日本の旗 石川晃樹 日本体育大学 新加入
24 日本の旗 福田周平 レノファ山口FC 新加入
FW 09 日本の旗 小高良隆 国際武道大学
18 日本の旗 石川誠也 中京大学 新加入
23 日本の旗 中川貴晴 ザスパ草津チャレンジャーズ 新加入
25 日本の旗 若林学 栃木SC

歴代所属選手[編集]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

ユニフォームサプライヤー[編集]

  • Le cinqsens(株式会社ナチュラルセンス)

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記
日立アプライアンス 日立エアコン・冷蔵庫
背中 アイザワ 和洋レストラン いらっしゃれ
日本旅行 日本旅行
パンツ 丸和住宅 丸和住宅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Jリーグ百年構想クラブ審査結果について, , 日本プロサッカーリーグ, (2014年5月20日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005822.html 2014年5月20日閲覧。 
  2. ^ 第12回日本フットボールリーグガイドブック2010
  3. ^ 熱闘 足利でも  ウーヴァFCとセカンドホーム合意 - 東京新聞、2013年1月23日配信
  4. ^ 2013年は栃木市で8試合、足利市で7試合、小山市と宇都宮市で1試合ずつの振り分け
  5. ^ a b 栃木ウーヴァ 足利市が白紙撤回 セカンドホームタウン合意 - 2013年11月22日東京新聞
  6. ^ a b 栃木ウーヴァの「W本拠地」白紙に 足利市 - 2013年11月21日下野新聞
  7. ^ Jリーグに準加盟申請書提出 - 2013年6月28日栃木ウーヴァFC公式HP
  8. ^ Jリーグ準加盟審査結果及び今後の対応について - 2013年9月17日栃木ウーヴァFC公式HP
  9. ^ 2013年度は県総合運動公園で1試合開催された
  10. ^ 日本フットボールリーグ公式サイトフットボールガイスト
  11. ^ >【2013年度 新コーチングスタッフ体制】

外部リンク[編集]